関連記事
この記事に関連する記事の検索結果
  • 思考力と表現力を高める作文指導 (第3回)
  • 作文指導法の原理、原則(下)
書誌
国語教育 2018年6月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • 思考力と表現力を高める作文指導 (第12回)
  • 作文力の形成責任は教師にある
書誌
国語教育 2019年3月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 作文の指導だけでは作文力は育たない 師走になって何回めかの、そして今年の恐らく最後となるだろう忘年会の席で、何とも信じ難い、というよりも信じたくない噂を耳にした。事実とすればいずれ広く知られること…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 思考力と表現力を高める作文指導 (第11回)
  • 作文を書く「知識」の指導
  • 「技術」とは「知識」の「安定的行為化」
書誌
国語教育 2019年2月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 「教える」ことの大切さ A,今度の先生は本当に有難い。子供にいろんなことを教えてくれる。子供の成長が眼に見えるようだ…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 思考力と表現力を高める作文指導 (第10回)
  • 作文力の「基礎・基本」を培うワークの開発(下)
  • 作文ワークの積極的な活用で基礎・基本の徹底を
書誌
国語教育 2019年1月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
前号では次のことを述べた。作文力を高める原則として,@多作 A楽作 B基礎・基本 の三つがある。上のBについて,次のように書き進めてきた…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 思考力と表現力を高める作文指導 (第9回)
  • 作文力の「基礎・基本」を培うワークの開発(上)
書誌
国語教育 2018年12月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 「基礎・基本」の根本的な考え方 作文力を高める原則として私が提唱しているのは次の三つである
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 思考力と表現力を高める作文指導 (第8回)
  • 作文を楽しんで書く「楽作」の事例(下)
書誌
国語教育 2018年11月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
5 「楽作」に導く実践事例 作文が苦手という子供の共通した最大要因は「取材力」だということを前回で述べた。これは,子供に限ったことではない。俳句や短歌を趣味としている大人はかなりの数に上るが,そういう…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 思考力と表現力を高める作文指導 (第7回)
  • 作文を楽しんで書く「楽作」の事例(上)
書誌
国語教育 2018年10月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 「楽作」という発想,思想 「楽作」というのは私の造語である。辞書には載っていない言葉だが,その意味するところは「楽しんで作文を書く」「楽しんで作る」ということである…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 思考力と表現力を高める作文指導 (第6回)
  • 「多作」の具体策
書誌
国語教育 2018年9月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 作文指導「野口流・三原則」 小稿第三回、六月号で次の三つの指導原則を紹介した。 第一原則 多作 とにかく沢山書かせること…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 思考力と表現力を高める作文指導 (第5回)
  • 正式な手紙と葉書の指導
書誌
国語教育 2018年8月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 葉書のやりとりのすすめ 今年も間もなく夏休みがやってくる。作文教育の一環としてこの夏は子供との葉書のやりとりをしてみたらどうだろう。すでに恒例の実践としている人もいるだろうが―…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 思考力と表現力を高める作文指導 (第4回)
  • 「日直作文」のすすめ
  • 「多作、楽作、基礎・基本」の一体化策として
書誌
国語教育 2018年7月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 「多作、楽作、基礎・基本」という三原理 右の三原理は、私の作文指導の実践体験から導かれた私なりの理論である。私は、教室実践を何よりも大切にしてきた…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 思考力と表現力を高める作文指導 (第2回)
  • 作文指導法の原理,原則(上)
書誌
国語教育 2018年5月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 まずは「覚悟」から 言語活動を「易しい順」に並べるならば、「聞く、話す、読む、書く」ということになろう。「書くこと」「作文」は最も骨の折れる言語活動である。本連載は、「作文」指導がテーマである。生…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 思考力と表現力を高める作文指導 (第1回)
  • 作文力は国語学力の総決算
書誌
国語教育 2018年4月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 はじめに「遺言連載」の弁 小学校の教員を38年、大学の教員を22年、計60年、今も非常勤ながら看護師養成の専門学校で「論理学」を教えている私は満82歳の後期高齢者である。退職校長会という組織に所属…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 学力形成を支える国語教師のための「話し方」教室 (第8回)
  • 担任小講話の奨め(下)
  • 話し方の「技術」を中心に
書誌
国語教育 2019年11月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 学級PTAの不人気 2 担任小講話の価値と魅力と効用 3 担任小講話の目的 (1)担任の人物像の紹介,共有…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 学力形成を支える国語教師のための「話し方」教室 (第7回)
  • 担任小講話の奨め(中)
  • その目的,内容
書誌
国語教育 2019年10月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 学級PTAの不人気(の噂) 2 担任小講話の価値と魅力と効用 第一 親との関係を良好にする 第二 その成否は,明日の教室に直結して反映する…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 学力形成を支える国語教師のための「話し方」教室 (第6回)
  • 担任小講和の奨め(上)
  • 学級PTA,授業参観などの折に
書誌
国語教育 2019年9月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 学級PTAの不人気(の噂) 私の学級担任の期間は,ざっと20年間に及び,一年生から六年生まで,全ての学年を担任した。四月には新学期となるので,新しく担任の顔見せも兼ねて,親向けの授業参観がある。そ…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 学力形成を支える国語教師のための「話し方」教室 (第5回)
  • 「簡潔,明快」な教授話法のポイント(下)
  • 「チョーク一本,口一つ」のポイント技法
書誌
国語教育 2019年8月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
前回稿の(中)では次のことを述べた。 「チョーク一本,口一つ」の「講義型」の話し方について @対面伝達の保障…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 学力形成を支える国語教師のための「話し方」教室 (第4回)
  • 「簡潔,明快」な教授話法のポイント(中)
  • 「板書」と「レジュメ」の活用
書誌
国語教育 2019年7月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
前回稿の(上)では次のことを述べた。 1 。の多用,の節約 2 「広げ」と「束ね」,「具体化」と「抽象化…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 学力形成を支える国語教師のための「話し方」教室 (第3回)
  • 「簡潔,明快」な教授話法のポイント(上)
書誌
国語教育 2019年6月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
0 「簡潔、明快」な教授話法 「話術」という言い方もあるが、私は「話法」という言葉の方が好みに合うので専ら「教授話法」「講演話法」「教師話法」などと言っている。話術は巧拙のニュアンスが強いが、話法はむ…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 学力形成を支える国語教師のための「話し方」教室 (第2回)
  • 「公的話法」と「私的話法」の使い分け(下)
  • 「公的話法」の具体的な指導と実践
書誌
国語教育 2019年5月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 学習規律をまず確立 2 「公的話法」と「私的話法」 3 「公的話法」の指導法(原理) 前号に記述した…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 学力形成を支える国語教師のための「話し方」教室 (第1回)
  • 「公的話法」と「私的話法」の使い分け(上)
書誌
国語教育 2019年4月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 学習規律をまず確立 授業時間中に最も多く言葉を発するのは教師である。一般的には授業中における教師の言葉は少ない方がよいとされているようだが、私は必ずしもそうは思わない。教師の言葉が少ない方がよいと…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 国語教師力を鍛える! 素材研究・教材研究・指導法研究 (第12回)
  • 詩教材「からたちの花」の素材研究と発問
書誌
国語教育 2017年3月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 詩教材に親しむ 鑑賞教材の主力はむろん物語、児童文学作品であるが、必ず「詩教材」も入っている。詩教材は一般的には敬遠されがちである。詩人というイメージは作家に比べてちょっととっつきにくい感じを生む…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ