新着記事
  • 不登校が過去最多、現場の実感は?
    • 2024/2/9
    • Eduアンケート
    • 生活・生徒・進路指導
    教育zine編集部及川
  • 今見直したい! 学校での合理的配慮
    • 2024/2/1
    • 教育オピニオン
    • 特別支援教育
    私立学校でも合理的配慮の提供が義務に 障害者差別解消法の改正により、2024年4月1日から民間事業者においても合理的配...
    熊本大学大学院教育学研究科教授菊池 哲平
  • 昨年12月18日、総務省は2024年の秋以降、封書・はがきの郵便料金を値上げする方針を公表しました。発表時期には、2024年の年賀状をすでに投...
    教育zine編集部
  • 何ができる?学校教育のメタバース活用
    • 2024/1/1
    • 教育オピニオン
    • 教育学一般
    なぜメタバースを導入しなければならないのか 現在、不登校児童生徒数は、小・中学校で約30万人、高校においても約6万人と...
    埼玉県公立高等学校浅見 和寿
  • いじめ未然防止の視点と対応
    • 2023/12/20
    • 教育オピニオン
    • 学級経営
    1 はじめに 平成23年に大津市で起こった中学2年生のいじめを原因とする自殺をきっかけに、平成25年に「いじめ防止対策...
    日本ピア・サポート学会理事山口 権治
Eduアンケート
  •  2024年1月16日に開かれた中教審初等中等教育文科会(第143回)の「不登校・いじめの状況と文部科学省における対応について」の資料によれば、不登校児童生徒数は過去最多を記録(約36万人)。小・中学校における不登校児童生徒のうち、90日以上欠席している児童生徒数、学校内外で相談・指導等を受けていない児童生徒数も過去最多(それぞれ約16万6千人、約11万4千人)という状況となりました。
     文科省では、誰一人取り残されない学びの保障に向けた不登校対策「COCOLOプラン」を2023年5月に策定し、不登校により学びにアクセスできない子供たちをゼロにすることを目指すとしています。
     コロナ禍という未曽有の環境に置かれた子ども達や先生方の負担は大きいところですが、皆さんの学校現場では不登校の増加やその対応について、課題をどれくらい実感されていますか?

    ※名前とコメントは本記事の詳細ページに掲載されます。名前が未入力の場合、匿名での投稿となります。
教育オピニオン
明治図書最新PR情報
指導技術の教科書
著者インタビュー
Eduマガのヨミカタ
教育ニュース