最近の記事
  • 教育zine編集部木村
    • 2022/7/1
    • Eduアンケート
    連日猛暑が続いており、熱中症への注意が呼びかけられています。
    5月24日には、文部科学省から「学校生活における児童生徒等のマスク着用について」というお知らせがありました。ここでは、「体育の授業においては、マスクの着用は必要ありません。」と記載されて...
  • 箕面市教育委員会 指導主事日野 英之
    • 2022/6/30
    • 著者インタビュー
    • 保健・体育
    今回は日野英之先生に、新刊『主体的に取り組みたくなる!「ミニフラッグ運動」絶対成功の指導BOOK』について伺いました。
    日野 英之(ひの ひでゆき)
    1982年愛媛県生まれ。信州大学教育学部卒業。所属関西体育授業研究会「体育科の地位向上」を合言葉に...
  • 鹿児島県曽於市公立小学校田中 繁富
    • 2022/6/30
    • 教育オピニオン
    • 特別支援教育
    1 「生きる力を育てる」ことと「生きていける学級」づくり
    見通しをもつことに苦手のある子どもたち
    見通しがもてなかったり、何かができなかったり、簡単なことがわからなかったり、家庭の準備力が不十分で提出物を出せなかったり。
    そうした子どもの背景には、...
  • 「協働的な学び」を実現する算数授業のつくり方(1)
    東京学芸大学附属小金井小学校加固 希支男
    • 2022/6/25
    • 協働的な学び
    • 算数・数学
    2021年1月26日に出された中央教育審議会答申「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して〜全ての子供たちの可能性を引き出す、個別最適な学びと、協働的な学びの実現〜(答申)」(以下、中教審答申)において、「個別最適な学び」と「協働的な学び」という言葉が示...
  • 山梨大学教育学部附属小学校橋 達哉
    • 2022/6/24
    • 著者インタビュー
    • 国語
    今回は橋達哉先生に、新刊『国語授業が変わる!発問大事典』について伺いました。
    橋 達哉(たかはし たつや)
    山梨大学教育学部附属小学校教諭。山梨大学教育学部非常勤講師兼任。韮崎市立韮崎北東小学校、富士吉田市立明見小学校を経て、現職。日本授業UD...
  • 学級経営12か月のチェックポイント(1)
    神奈川県私立小学校熱海 康太
    • 2022/6/20
    • 学級経営チェックポイント
    • 学級経営
    チェックポイント
    ・雨の日の「安全」
    ・雨の日の「遊び」
    ・雨の日の「心」
    雨の日の「安全」
    まず、雨の日に留意しなければならないのは「安全」です。廊下が濡れて滑りやすくなっていることや登下校の歩行の仕方、傘の扱い方など指導すべきことが多くありま...
  • 作文指導を変える(1)
    京都橘大学教授池田 修
    • 2022/6/15
    • 作文指導を変える
    • 国語
    作文は、大変。書く児童生徒も、指導する先生も、宿題で持って帰ってこられた家庭も大変。なぜ、作文は大変なのでしょうか。一言で言えば、「書き方を知らないから」「書かせるための指導方法を知らないから」ではないかと思います。
    そんな方法があるのでしょうか...
  • 1人1台端末の授業づくり(13)
    香里ヌヴェール学院小学校樋口 万太郎
    • 2022/6/10
    • 1人1台端末の授業づくり
    • 授業全般
    みなさん、こんにちは。樋口万太郎です。
    今期も引き続き、連載していきます。よろしくお願いします。
    実は、この4月から学校が変わりました。そのため、様々な変化がありました。
    様々な変化の中で、この連載と関わっていることは、
    ・iPadからChromebookにな...
  • 実践国語研究 2022年6・7月号
    教育zine編集部大江
    • 2022/6/8
    • Eduマガのヨミカタ
    • 国語
    1人1台端末環境が実現し、各教室では電子黒板や大きなスクリーンがあることも当たり前となりました。そのような中、皆さんは次のような疑問を抱かれたことはありませんか?
    ・スクリーン(大型提示装置)と1人1台端末が揃った今、「板書」はどうなるのか?
    ・そ...
  • 社会科教育 2022年7月号
    教育zine編集部中野
    • 2022/6/8
    • Eduマガのヨミカタ
    • 社会
    『社会科教育』2022年7月号の特集は「ICT活用時代にこそおさえたい!板書&ノート指導」です。
    1人1台端末が広がる今、板書やノートはどうあるべきか…悩まれる先生も多いのではないでしょうか。これからの学びにとってのマストアイテムであるICTとこれまでの授業...