最近の記事
  • 数学教育 2020年8月号
    教育zine編集部赤木
    • 2020/7/8
    • Eduマガのヨミカタ
    • 算数・数学
    『数学教育』2020年8月号の特集テーマは、「授業がもっとうまくいく! 発問&言葉かけ大全」です。
    生徒が自ら動き出すようにしかけたり、複数の考えをつなげたり、ゆさぶりをかけたり…教師が発問&言葉かけの引き出しを多くもつことは、授業力を高めるうえでと...
  • 国語教育 2020年8月号
    教育zine編集部大江
    • 2020/7/8
    • Eduマガのヨミカタ
    • 国語
    『国語教育』2020年8月号の特集は、「ワンランク上を目指す!国語科の教材研究と授業プラン」。定番教材も出てくる2学期以降に、押さえておきたい教材研究の勘所と具体例をたっぷり紹介しています。
    巻頭記事では、授業名人・白石範孝先生の「教材研究ノート」を...
  • 新任教師のためのインプット&アウトプット術(2)
    LCA学園グループ 瀬戸SOLAN小学校深見 太一
    • 2020/7/5
    • インプット&アウトプット術
    • 教師力・仕事術
    前回は「インプット」について基本となる話を書かせていただきました。今回はインプットと対になる「アウトプット」についての話です。
    みなさんは、「アウトプット」と聞くとどんなイメージをもちますか? 簡単に言うと、頭の中にあるものを外に出すこと。そのア...
  • 千葉県小学校橋 朋彦
    • 2020/7/2
    • 教育動画ライブラリ
    • 指導方法・授業研究
    「あれ?伝わらない…」毎日の朝や帰りの会、年間を通した行事等、教師の気持ちや考えを話す場面はたくさんあります。しかし、子どもの心に響く話をするのは難しいものです。こちらの動画は話し方についてお悩みの方にオススメです。動画内では心に響く話し方に変え...
  • 教育zine編集部赤木
    • 2020/7/1
    • Eduアンケート
    • その他
    京都市は6月11日(木)、「京都への修学旅行の実施について」として京都への来訪を呼びかける依頼文を全国の教育委員会に向けて発信されました。その中では、修学旅行専用電話相談窓口の設置など、京都市における新型コロナウイルス感染症に係る主な取組が示される...
  • 鳥取県情報モラルエデュケーター今度 珠美
    • 2020/7/1
    • 教育オピニオン
    • その他教育
    ICTの発展でできることが広がり、現在では小学生でもSNS等を利用することでインターネットという公共空間にデビューするようになりました。新型コロナウィルスの世界的流行で、オンライン学習の需要が急速に高まる中で、小中学生のインターネット空間は学びの場と...
  • 社会科授業の達人(1)
    立命館大学非常勤講師河原 和之
    • 2020/6/20
    • 中学社会授業ネタ
    • 社会
    授業のねらい―社会的な見方・考え方を鍛えるポイント
    ・地理
    ・歴史
    ・公民
    ロッテ「コアラのマーチ」からSDGsの目標である「15 陸の豊かさも守ろう」「13 気候変動に具体的対策を」について、私たちの消費行動とCSR(企業の社会的貢献)の関係か...
  • 立命館小学校宍戸 寛昌
    • 2020/6/18
    • 教育動画ライブラリ
    • 指導方法・授業研究
    オンラインによる漢字授業で最初に意識するのは、「何を」「どう」伝えるのか。一方的な情報の伝達では子どもを惹きつけることはできないからです。今回のテーマは「字形」。5年生になり「漢字は早く終わらせるもの」と思いがちな子どもたちに、字形を意識して書く...
  • 板書王のとっておき算数授業(1)
    4年「大きい数」(1/7時間)
    新潟県新潟市立浜浦小学校二瓶 亮
    • 2020/6/15
    • とっておき算数授業
    • 算数・数学
    本時のねらい
    「万万」という位の表現に違和感をもち、「一十百千」というまとまりに着目して、次の位の必要性を感じることができる。
    板書
    図1
    板書のとっておきポイント
    ・授業を3つの段階に分けてイメージし、板書の構成も大きく3つに分けるよう意識した。
    ...
  • 上越教育大学教職大学院教授西川 純
    • 2020/6/12
    • 著者インタビュー
    • 生活・生徒・進路指導
    今回は西川 純先生に、新刊『Society 5.0に向けた進路指導 個別最適化時代をどう生きるか』について伺いました。
    西川 純(にしかわ じゅん)
    1959年東京生まれ。筑波大学生物学類卒業、筑波大学大学院教育研究科修了(教育学修士)。博士(学校教育学)。前...