最近の記事>特別支援教育
  • 鹿児島県曽於市公立小学校田中 繁富
    • 2022/6/30
    • 教育オピニオン
    • 特別支援教育
    1 「生きる力を育てる」ことと「生きていける学級」づくり
    見通しをもつことに苦手のある子どもたち
    見通しがもてなかったり、何かができなかったり、簡単なことがわからなかったり、家庭の準備力が不十分で提出物を出せなかったり。
    そうした子どもの背景には、...
  • 新潟大学教育学部教授有川 宏幸
    • 2022/5/13
    • 著者インタビュー
    • 特別支援教育
    今回は有川宏幸先生に、新刊『あなたの隣で困ってはいないか? 教室の中の自閉スペクトラム症』について伺いました。
    有川 宏幸(ありかわ ひろゆき)
    新潟大学教育学部教授
    1969年、千葉県生まれ。筑波大学大学院教育研究科障害児教育専攻修了。1995年、岸和...
  • 関西国際大学教育学部教育福祉学科教授中尾 繁樹
    • 2022/4/15
    • 著者インタビュー
    • 特別支援教育
    今回は中尾繁樹先生に新刊『中学校特別支援教育 指導スキル大全』について伺いました。
    中尾 繁樹(なかお しげき)
    関西国際大学教育学部教育福祉学科教授・同大学大学院人間学行動科臨床教育学専攻教授
    同志社女子大学非常勤講師 神戸親和女子大学非常勤講...
  • 作業療法士ごーや
    • 2022/4/8
    • 著者インタビュー
    • 特別支援教育
    今回はごーや先生に新刊『手指の発達を支援する手作り教材アイデア』について伺いました。
    ごーや
    作業療法士。
    病院で発達障害をもった子どもたちのリハビリに携わる傍ら、Instagramでも療育に関心のある保護者、支援者、教育者向けに、「早い、簡単、安い」をコ...
  • LD,ADHD&ASD 2022年4月号
    教育zine編集部佐藤
    • 2022/4/6
    • Eduマガのヨミカタ
    • 特別支援教育
    『LD,ADHD&ASD』2022年4月号の特集テーマは、「見る力」を育む「ビジョントレーニング」―概論・アセスメント・指導の実際―です。
    「見る」ことにより得られる情報は非常に重要です。文章を読む際は教科書の文字を目で追い、文字を書く際には字形が整うようにノ...
  • 特別支援教育の実践情報 2022年4/5月号
    教育zine編集部芦川
    • 2022/3/9
    • Eduマガのヨミカタ
    • 特別支援教育
    『特別支援教育の実践情報』2022年4・5月号の特集テーマは、成功する「学級開き」のチェックポイント&アイデアです。
    年度始めは人間関係や環境が大きく変わる時期です。特別な支援を要する子供たちの中には環境の変化を苦手とする子も多い一方で、様々な変化を乗...
  • 公立小学校いるかどり
    • 2022/3/8
    • 著者インタビュー
    • 特別支援教育
    今回は、新刊『つまずき場面をサポート! 小学校 特別支援教育 教材&活動アイデア113』について、いるかどり先生に伺いました。
    いるかどり
    公立小学校教諭 学校心理士。幼稚園教諭を5年間経験。保育園や大学等で講師経験。現在、小学校教諭となり7年目。...
  • 神奈川県横浜市立仏向小学校東森 清仁
    • 2022/3/1
    • 教育オピニオン
    • 特別支援教育
    GIGAスクール構想の前倒しに伴い、多くの学校で児童の手元に一人一台の端末が行き届きました。これから、児童は手元に届いた端末を活用して様々な学習にチャレンジしていくことと思います。
    本校では、数年前からタブレット端末を活用した実践を積み重ねてきまし...
  • 特別支援教育の実践情報 2022年2/3月号
    教育zine編集部芦川
    • 2022/2/9
    • Eduマガのヨミカタ
    • 特別支援教育
    『特別支援教育の実践情報』2022年2・3月号の特集テーマは、「個別の指導計画」の評価と引継ぎガイドです。
    年度末は、一年間の指導のまとめの時期となるとともに、次の年度の準備の時期となります。
    個々の幼児児童生徒にどのような力が身に付いたのか、指導内容...
  • LD,ADHD&ASD 2022年1月号
    教育zine編集部佐藤
    • 2022/1/12
    • Eduマガのヨミカタ
    • 特別支援教育
    『LD,ADHD&ASD』2022年1月号の特集テーマは、自分の権利を守る力・セルフアドボカシー ―主体者として未来を生きる子どもを育てる―です。
    「セルフアドボカシー」は「自己権利擁護」(自分の権利を守るという意)と訳されることが多いようです。もともとは障害...