最近の記事>授業全般
  • 教育zine編集部茅野
    • 2020/1/1
    • Eduアンケート
    • 授業全般
    文部科学省では、2019年12月19日に「GIGAスクール実現推進本部」を設置し、学校におけるネットワーク環境(校内LAN)の整備の推進や、児童生徒1人1台コンピュータの実現に向けての話し合いを本格化させました。政府は、2023年度(令和5年度)までに、小中全学年で...
  • ―教育現場の課題と今求められる対策
    広島大学大学院教授難波 博孝
    • 2020/1/1
    • 教育オピニオン
    • 授業全般
    ◆高校生の「テスト疲れ」
    PISAの結果をどう捉えるか。この低下の一因は、被験者である高校生に、「テスト疲れ」「テスト忌避」による、PISAテストそのものへの意欲喪失があったと考える。調査対象だった高校1年の世代は、PISAショックを受けて、全国学力学習状況調...
  • 宮城教育大学技術教育講座教授安藤 明伸
    • 2019/11/15
    • 教育オピニオン
    • 授業全般
    ◆どうして今、プログラミング教育か
    現代の生活や社会においてコンピュータはあらゆる場面で利用されています。そのコンピュータの優れた機能を発揮するにはプログラムが必要です。このプログラムを変えることにより、同じコンピュータであるにも関わらず様々な動...
  • 和歌山信愛大学教授小林 康宏
    • 2019/11/1
    • 教育オピニオン
    • 授業全般
    授業力を高めるためには二つの方法があります。
    一つは、当然のことですがたくさん研究授業をすることです。
    もう一つは、たくさん研究授業を観ることです。参観に備えてきちんと準備をし、ポイントを決めて授業を観て、授業をしっかり分析することで、授業力の...
  • 授業力&学級経営力 2019年2月号
    教育zine編集部小松
    • 2019/1/9
    • Eduマガのヨミカタ
    • 授業全般
    「日々の授業はそつなくこなしているけど、いまひとつ子どもの食いつきが悪い…」
    そう感じるのは気のせい?
    いいえ、もしかするとそれ、授業の「ネタ」不足が原因かもしれません!
    ...
  • 今月22日、柴山文部科学大臣より、「新時代の学びをさせる先端技術のフル活用に向けて〜柴山・学びの革新プラン〜」の発表がありました。柴山・学びの革新プランとは、
    (1) 遠隔教育の推進による先進的な教育の実現
    (2) 先端技術の導入による教師の授業支...
  • 京都大学大学院教育学研究科准教授石井 英真
    • 2018/11/14
    • 著者インタビュー
    • 授業全般
    今回は石井英真先生に、新刊『Q&Aでよくわかる!「見方・考え方」を育てるパフォーマンス評価』について伺いました。
    石井 英真(いしい てるまさ)
    京都大学大学院教育学研究科准教授。日本教育方法学会理事、日本カリキュラム学会理事、文部科学省「児童生徒...
  • 大阪府寝屋川市公立小学校松森 靖行
    • 2018/8/1
    • 教育オピニオン
    • 授業全般
    なかなか子どもたちに会えなくなる長期休業の時こそ、子どもたちのことをじっくりと考え、新学期の学習や行事の準備など、次なる手だてを考えたいものです。もちろん、長期休業時は、教師も思い切り休みましょう。頭も心も体もリラックスしていると、ふとした瞬間...
  • 山口県下関市立一の宮小学校教諭福山 憲市
    • 2018/6/12
    • 著者インタビュー
    • 授業全般
    今回は福山憲市先生に、新刊『授業づくりサポートBOOKS 自主学習システム&ノート作成法』について伺いました。
    福山 憲市(ふくやま けんいち)
    1960年山口県下関市生まれ。広島大学卒業。山口県下関市立一の宮小学校教諭。現在、「ふくの会」というサー...
  • 静岡教育サークル「シリウス」森竹 高裕
    • 2018/2/19
    • 著者インタビュー
    • 授業全般
    今回は静岡教育サークル「シリウス」の森竹高裕先生に、新刊『子どものやる気がぐんぐんアップ! 授業づくりの小技事典』について伺いました。
    静岡教育サークル「シリウス」()
    「理論より実践」「具体的な子どもの事実」「小さな事実から大きな結論を導かな...