関連記事
この記事に関連する記事の検索結果
  • 「基礎・基本」の育て方・教え方 (第3回)
  • 話し言葉の「基礎・基本」の育て方
書誌
国語教育 2000年6月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • 「基礎・基本」の育て方・教え方 (第12回)
  • 「読むこと」の指導(その3)
  • 「読み分け」と「演じ分け」
書誌
国語教育 2001年3月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
一 「読み」とはどういうことか 新教材である落語「ぞろぞろ」をもう少し読み進めていきながら、「読むこと」の「基礎・基本」をどのようにして指導していくべきかを考えてみよう。教材は教育出版の『小学国語』四…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全5ページ (50ポイント)
  • 「基礎・基本」の育て方・教え方 (第11回)
  • 「読むこと」の指導(その2)
  • 「焦点精査」の技法
書誌
国語教育 2001年2月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
一 落語「ぞろぞろ」が教材に登場 教材として「落語」がとり入れられるのはずいぶん大胆なことである。教育出版では六年の上巻に「ぞろぞろ」という一篇をとり上げた。珍しい教材としていろいろ話題になっている…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全5ページ (50ポイント)
  • 「基礎・基本」の育て方・教え方 (第10回)
  • 「読むこと」の指導(その1)
書誌
国語教育 2001年1月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
一 「読むこと」の重要性は不変だ 教育課程審議会が「文学的な文章の詳細な読解に偏りがちであった指導の在り方を改め」という指摘をしたことによって、何となく文学教材の指導、あるいは「読むこと」の指導は従来…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全5ページ (50ポイント)
  • 「基礎・基本」の育て方・教え方 (第9回)
  • 「書くこと」の指導(4)
書誌
国語教育 2000年12月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
一 表記ルールの乱れが多い 子どもの作文を丹念に読んでいると腹立たしくなってくることがある。教師の道を志しながら、子どもの作文を読みながら腹立たしくなるとは何事か、などと叱責されそうだが、そういう叱責…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全5ページ (50ポイント)
  • 「基礎・基本」の育て方・教え方 (第8回)
  • 「書くこと」の指導(3)
書誌
国語教育 2000年11月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
一 教養主義的だった「書くこと」の指導 一般に成人における「書くこと」はそのほとんどが「書かねばならない文書の作成」で覆われている。税金の申告、報告文書、企画や起案、実施の方針や計画の文書、依頼や要請…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全5ページ (50ポイント)
  • 「基礎・基本」の育て方・教え方 (第7回)
  • 「書くこと」の指導(2)
  • 作文力をつける教材の開発
書誌
国語教育 2000年10月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
(前号の六。作文力を高める三つの原則と開発教材 @多作、A楽作、の続きである) 楽作という用語は一般的ではない。私の造語である。その意味するところは「楽に書く」「楽な気分で書く」「楽しんで書く」「楽し…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全5ページ (50ポイント)
  • 「基礎・基本」の育て方・教え方 (第6回)
  • 「書くこと」の指導(1)
  • その前提となる5つのこと
書誌
国語教育 2000年9月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
一 「書くこと」は「面倒なこと」「辛いこと」 作文を書くことは楽しい、などと考える子は稀である。そういう子もいるが、それは例外的存在と考えていい。一般に作文を書くことは「面倒なこと」であり「辛いこと…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全5ページ (50ポイント)
  • 「基礎・基本」の育て方・教え方 (第5回)
  • 話し言葉の「基礎・基本」の育て方(3)
書誌
国語教育 2000年8月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
一 子どもは自分の欠点に気づかない 話し言葉は子どもにとっても大人にとってもいたって日常的な言語行動である。その行動をとるに当たって特に身構えたりすることはない。普通の人は普通に話したり聞いたりしてい…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全5ページ (50ポイント)
  • 「基礎・基本」の育て方・教え方 (第4回)
  • 話し言葉の「基礎・基本」の育て方(2)
書誌
国語教育 2000年7月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
一 問われていることに答える 授業の多くは問答によって成立し、進行する。問いによって思考を促し、解を求めて子どもはあれこれ考える。問われることによって人は多く考えることを始める。授業の中で問答が重要視…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全5ページ (50ポイント)
  • 「基礎・基本」の育て方・教え方 (第2回)
  • 聞き方の「基礎・基本」の育て方
書誌
国語教育 2000年5月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
一 言語活動の基底としての「聞く力」 言うまでもないことだが、四つの言語活動の中で最も基底となるのは「聞く力」である。子どもは生まれた時から「聞く」という活動を始める。さんざんに「聞く」経験を積みなが…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全5ページ (50ポイント)
  • 「基礎・基本」の育て方・教え方 (第1回)
  • 「基礎・基本」の内実をとらえる
  • 社会的・日常的な基礎基本を
書誌
国語教育 2000年4月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
一 「基礎・基本」は二十一世紀初頭の教育キーワード 「基礎・基本」という文言が用いられている文章の一節をいくつか拾い出してみることにしよう。引用はすべて『小学校学習指導要領解説・総則編』の「第一章 総…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全5ページ (50ポイント)
  • 野口芳宏の国語授業四方山ばなし (第3回)
  • 「二重形象」理論 対 「真直読む」
  • 民間研修ならではの魅力と楽しみ
書誌
国語教育 2020年6月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 千葉県文学教育の会 日本文学教育連盟をネットで検索したのだが,往年の著書が中古で紹介されているだけで,今の活動状況は分からない。もう,無いのかもしれない。昭和30年代から50年代にかけてはかなり活…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 野口芳宏の国語授業四方山ばなし (第2回)
  • 「おおきなかぶ」の巻(下)
  • 私の理論,私の実践
書誌
国語教育 2020年5月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
6 文学教材の指導(授業)の根本 前号の末尾に,童話や絵本などは「元々子供に向けて作られたものだ。子供が自分で読めば10分か15分で読み終え,楽しみ,次の話へと読み進むのが普通である。」と書き,一般に…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 野口芳宏の国語授業四方山ばなし (第1回)
  • 「おおきなかぶ」の巻(上)
  • 教材と動作化
書誌
国語教育 2020年4月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
遺言連載の弁 満年齢84歳,私は歴とした後期高齢者だ。本誌との付き合いは半世紀を優に越えて今も続いている。しかもライターとして,それも引き続き連載をさせて貰いながらである。執筆者の中では私を越す高齢者…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 学力形成を支える国語教師のための「話し方」教室 (第12回)
  • 司会の技術・これだけは!
書誌
国語教育 2020年3月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 「司会」ヘの無関心 司会者を頼まれた人の冒頭の挨拶に「不慣れでありますので―」という言葉がしばしば用いられる。謙遜の表れとしてはよいとしても「不慣れ」のままで大役を引き受けた点は残念である。それな…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 学力形成を支える国語教師のための「話し方」教室 (第11回)
  • 子供の「話し方技術」を高める指導法(下)
  • 発言指導,論破の技法
書誌
国語教育 2020年2月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 子供の話し方の現実と放牧的な教師の怠慢 いろいろの教室の授業を参観するその度に思うことがある。それは,子供の発言についての指導がほとんどなされていないということだ。声が小さくても,早口であっても…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 学力形成を支える国語教師のための「話し方」教室 (第10回)
  • 子供の「話し方技術」を高める指導法(中)
  • その前提としての「選択的発問」論
書誌
国語教育 2020年1月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 罷り通る俗論の弊 次のような考え方,発言があり,それらはどこでも「正論」として疑われることなく常識化し,一般化して広く認められているようである。よく読み,考えて欲しい…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 学力形成を支える国語教師のための「話し方」教室 (第9回)
  • 子供の「話し方技術」を高める指導法(上)
  • 「発言」の四種類
書誌
国語教育 2019年12月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 子供の「発言」が少ない悩み 小学校現場の教職を退いてから23年もの歳月が流れるというのに,有難いことに今でも小学生や中学生の前に立って授業を楽しむ機会が続いている。そんな折に,しばしば担任の先生か…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 学力形成を支える国語教師のための「話し方」教室 (第8回)
  • 担任小講話の奨め(下)
  • 話し方の「技術」を中心に
書誌
国語教育 2019年11月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 学級PTAの不人気 2 担任小講話の価値と魅力と効用 3 担任小講話の目的 (1)担任の人物像の紹介,共有…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 学力形成を支える国語教師のための「話し方」教室 (第7回)
  • 担任小講話の奨め(中)
  • その目的,内容
書誌
国語教育 2019年10月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 学級PTAの不人気(の噂) 2 担任小講話の価値と魅力と効用 第一 親との関係を良好にする 第二 その成否は,明日の教室に直結して反映する…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ