関連記事
この記事に関連する記事の検索結果
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • かかわる力を育てるコミュニケーション教育の展開 (第5回)
  • コミュニケーションを育てるメディア
書誌
実践国語研究 2007年1月号
著者
市川 真文
ジャンル
国語
本文抜粋
コミュニケーションからはじまる文字学習 フランスの国語教育では、入門期に大きな課題があるとされていた。文字の習得である。フランス語の文字体系、表記体系は複雑で、これが文字の習得を困難なものにし、小学校…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全5ページ (50ポイント)
  • かかわる力を育てるコミュニケーション教育の展開 (第4回)
  • コミュニケーションの相手と自己
書誌
実践国語研究 2006年11月号
著者
市川 真文
ジャンル
国語
本文抜粋
「みんな」はどこにいるか  「みんなはどう思いましたか」 よく聞く締めくくりのことばである。意見を発表したり、調査したことを報告した後など、聞いていたクラスメートに向かって発せられる。「どう思うか」と…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全5ページ (50ポイント)
  • かかわる力を育てるコミュニケーション教育の展開 (第3回)
  • コミュニケーションの身体
書誌
実践国語研究 2006年9月号
著者
市川 真文
ジャンル
国語
本文抜粋
身体の延長としてのことば 人前で話すのは、緊張するものだ。たとえ、発表原稿を十分に用意したとしても、やはり目の前に何人もの聞き手がいるとなると、なかなか気楽に話すというわけにはいかない。伝えたいことは…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全5ページ (50ポイント)
  • かかわる力を育てるコミュニケーション教育の展開 (第2回)
  • 社会的行動としてのコミュニケーション
書誌
実践国語研究 2006年7月号
著者
市川 真文
ジャンル
国語
本文抜粋
コミュニケーション=伝達の見直し 「コミュニケーションの力を育てる」というとき、しばしば、伝える事柄があって、それをいかに的確に効率的に伝えるかという視点で、子どもたちの活動を見てはいないだろうか。む…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全5ページ (50ポイント)
  • かかわる力を育てるコミュニケーション教育の展開 (第1回)
  • コミュニケーションのある教室
書誌
実践国語研究 2006年5月号
著者
市川 真文
ジャンル
国語
本文抜粋
音読が生み出すもの 中学校二年生の教室であった。授業が始まるとすぐに、授業者が音読を指名した。教卓の目の前の生徒がおもむろに立ち上がり、教科書を机上において顔を伏せたまま、読み始めた。たしかに、指示さ…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全5ページ (50ポイント)
  • パーソナルコンピュータの活用―海外から学ぶ (第6回)
  • 求められるコンピュータ支援力
書誌
実践国語研究 2005年3月号
著者
市川 真文
ジャンル
国語
本文抜粋
生活の変革 Grantは、「二十一世紀においては、コンピュータや他の技術的な支援を利用することが、リテラシーの重要な局面となるであろうことは疑いがない」と言っている。それは、コンピュータとリテラシーあ…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • パーソナルコンピュータの活用―海外から学ぶ (第5回)
  • 拡張するネットワーク
書誌
実践国語研究 2005年1月号
著者
市川 真文
ジャンル
国語
本文抜粋
デジタルネットワーク Benigerは、コンピュータが「あらゆるコミュニケーションと情報のメディアの産物をデジタル化する」能力により、二十一世紀の「普遍的メディア」となるだろうと論じている。これまで経…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • パーソナルコンピュータの活用―海外から学ぶ (第4回)
  • 開かれる書くこと
書誌
実践国語研究 2004年11月号
著者
市川 真文
ジャンル
国語
本文抜粋
ワープロの先に 書くことの学習指導にコンピュータを用いようと考えるならば、まず思いうかぶのはワードプロセッサであろう。現在のコンピュータには、簡単な文書作成機能をもったソフトウェアが標準装備されている…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • パーソナルコンピュータの活用―海外から学ぶ (第3回)
  • 読むことの変容
書誌
実践国語研究 2004年9月号
著者
市川 真文
ジャンル
国語
本文抜粋
海外から学ぶ B  新しいメディアと古いメディア 新しいメディアはそれまでになかった経験をもたらす。しかし、新しいメディアも、登場の最初から新しいわけではない。旧来のメディアを模倣し、長年培われてきた…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • パーソナルコンピュータの活用―海外から学ぶ (第2回)
  • 新しい学習内容の発見
書誌
実践国語研究 2004年7月号
著者
市川 真文
ジャンル
国語
本文抜粋
自在な活動が多彩な内容を 九十年代のアメリカでは、コンピュータを学びの道具とし、総合的な学習活動を組織するメディアとして活かすことで、国語学習に変化がおきた…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • パーソナルコンピュータの活用―海外から学ぶ (第1回)
  • 学びの道具への転換
書誌
実践国語研究 2004年5月号
著者
市川 真文
ジャンル
国語
本文抜粋
コンピュータ利用環境の課題 アメリカでの教育におけるコンピュータ利用は、一九八〇年代に大きく進展した。八六年の「教育工学特別委員会」の報告書は、学校に導入されているコンピュータは、八三年に約二九万台で…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 新しい国語能力の導入 (第6回)
  • コンピュータメディアから見た国語科の学習2
書誌
実践国語研究 2003年3月号
著者
市川 真文
ジャンル
国語
本文抜粋
一 コンピュータリテラシーとは何か コンピュータメディアは、私たちの言語能力を拡張し、新たな言語生活環境を構築しつつある。また、文部科学省は、初等中等教育におけるIT活用として、二〇〇五年度を目標に…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新しい国語能力の導入 (第5回)
  • コンピュータメディアから見た国語科の学習1
書誌
実践国語研究 2003年1月号
著者
市川 真文
ジャンル
国語
本文抜粋
一 コンピュータをどのようなものと見たらよいか コンピュータは、すでに私たちの生活の中で道具として位置づいている。コンピュータとしての形をとっている場合もあれば、携帯電話などコンピュータの機能を利用し…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 学力評価の時代に対応する―学力調査から授業改善へ
  • 全国学力調査で問われた学力
  • 学力調査を踏まえた授業改善
書誌
実践国語研究 2007年9月号
著者
市川 真文
ジャンル
国語
本文抜粋
一 「類」からの授業改善 授業改善は、これまでも実施されてきた。というよりは、日々の授業は授業改善の一貫であったはずである。すなわち、一時間、一単元の授業実践にもとづき、子どもたち一人一人の学習の姿か…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 説明文の「読解力」をのばす
  • 読書のプロセス(過程)を生かして読解力をのばす
  • 読書のプロセス(過程)を生かした学習の工夫
  • 有用性に着目する学習の自己決定
書誌
実践国語研究 2005年11月号
著者
市川 真文
ジャンル
国語
本文抜粋
一 学習者の意識 平成十五年度教育課程実施状況調査では、二十一の学習活動に対する意識を尋ねている。「読むこと」では七つの活動があり、総じて肯定的な意識は低い。説明文と読書活動に関する結果は次のようであ…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 教科指導にも役立つ!学級経営力アップセミナー (第1回)
  • 令和時代の学級経営力とは
書誌
実践国語研究 2022年5月号
著者
赤坂 真二
ジャンル
国語/教育学一般/指導方法/授業研究/学級経営
本文抜粋
基本原則を踏まえる 授業づくりと学級経営の関係性はこれまでの学校教育では何度も議論されてきました。どんな名選手でも,よい競技場とよい道具に恵まれなければ記録は出せません。学びの場としての学級の状態に目…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 反論の技術を取り入れた国語授業づくり (第1回)
  • 「反論の技術」とは
書誌
実践国語研究 2022年5月号
著者
内田 仁志
ジャンル
国語/教育学一般/指導方法/授業研究
本文抜粋
1 本連載のねらい この連載は『反論の技術―その意義と訓練方法―』(香西秀信著,一九九五年刊行,以下『反論の技術』と表記)で述べられた反論の訓練方法を紹介するものです。広く反論一般を述べたものではあり…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 宗我部先生に聞く!主体的な学びを促すICT活用法 (第1回)
  • 主体的な学びを促す授業づくりの三つの鍵
書誌
実践国語研究 2022年5月号
著者
宗我部 義則
ジャンル
国語/教育学一般/指導方法/授業研究
本文抜粋
はじめに 連載のスタートにあたって 編集部から「国語科におけるICT活用」に関する連載のご依頼をいただきました。私の勤務校は,平成3年に教室LANを,同7年からインターネット活用の実践研究を始めました…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 読み書きのつまずきをサポートする国語授業のコツ (第1回)
  • 「読み」を安定させる授業のコツ
書誌
実践国語研究 2022年5月号
著者
前田 智行
ジャンル
国語/教育学一般/指導方法/授業研究
本文抜粋
読み書きの困難をもつ子は,文科省調査(二〇一二)で小学校5・7%,中学校では2・0%存在すると言われています。読み書きは国語の基礎であり,生きる上で重要な力です。しかし,特別支援が必要とされる子は,様…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 子どもを「書くこと」に引き込む指導技術 (第1回)
  • はじまりは,子どもとともに書くことから
書誌
実践国語研究 2022年5月号
著者
澤田 英輔
ジャンル
国語/教育学一般/指導方法/授業研究
本文抜粋
1 連載をはじめるまえに 今回から六回にわたり,書くことについての経験や考えをまとめる機会をいただきました。僕は長い間,中・高校生を教え,いまは軽井沢風越学園で小・中学生と過ごしています。僕の関心の中…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ