教育オピニオン
日本の教育界にあらゆる角度から斬り込む!様々な立場の執筆者による読み応えのある記事をお届けします。
最近の記事
  • 東京都公立小学校主任教諭二川 佳祐
    • 2022/5/1
    • 教育オピニオン
    • 教師力・仕事術
    1 「BeYondLabo」の活動
    教師になってすぐの頃から、外に出て学ぶということが大好きでした。思い返せば教育実習時代に出会った、大熊雅士先生(現 小金井市教育長)、沼田晶弘先生(現 東京学芸大学附属世田谷小学校)に色々なところに連れていってもらったこ...
  • 香里ヌヴェール学院小学校松山 康成
    • 2022/3/31
    • 教育オピニオン
    • 学級経営
    1 子どもたちのステキな行動を引き出す「ポジティブ行動支援」
    新しい教室・仲間・先生に目を輝かしている子どもたち。今年1年この学級で、子どもたち自らの「ステキな行動」がたくさん見られ、みんなが笑顔で過ごすこと、自分の力や個性を発揮できることを、どの...
  • 神奈川県横浜市立仏向小学校東森 清仁
    • 2022/3/1
    • 教育オピニオン
    • 特別支援教育
    GIGAスクール構想の前倒しに伴い、多くの学校で児童の手元に一人一台の端末が行き届きました。これから、児童は手元に届いた端末を活用して様々な学習にチャレンジしていくことと思います。
    本校では、数年前からタブレット端末を活用した実践を積み重ねてきまし...
  • 京都府公立小学校坂本 良晶
    • 2022/2/18
    • 教育オピニオン
    • 授業全般
    コロナの影響により都市部を中心に欠席者が多数出ている学校が増えてきています。それを受け、1人1台のタブレットを活用し、教室と欠席児童宅とを繋いだハイブリッド授業が展開される例が多く見られるようになりました。
    その現状を確かめようとTwitterのアンケ...
  • 長野県富士見町立富士見中学校両角 太
    • 2022/2/1
    • 教育オピニオン
    • 特別活動
    1 学校でSDGsについて考える意義
    虐げられている人こそが自由を求めるように、未来を脅かされている若者こそが未来を守ろうとします。持続可能な未来をつくることを切実に願い、自分ごととして責任を感じているのは若者たちです。ですから、税金も払い法的責...
  • 大阪樟蔭女子大学名誉教授藤澤 良行
    • 2022/1/1
    • 教育オピニオン
    • 外国語・英語
    1  「英語落語」への注目
    「英語落語」のテーマは中学校用の検定版英語教科書に、旧版(2020年度まで)では全6社のうち4社に取り上げられ、新版(2021年度から)では全6社のうち3社で取り上げられています。いずれも<日本文化の海外発信>という狙いの中で、...
  • VIVISTOP NITOBEチーフクルー山内 佑輔
    • 2021/12/1
    • 教育オピニオン
    • 図工・美術
    1 授業の「余白」とは?
    「あなたの個性で完成する。」
    これはある新しい自動車の販売促進キャッチコピーです。従来の、”作り手が100%整えて、使い方などを想定し、購入者はその通りのイメージをもち、使う”ではない、新しい印象を与えるコピーだと思いました...
  • 〜アナログとデジタル〜
    大阪市立小学校教諭佐野 陽平
    • 2021/11/1
    • 教育オピニオン
    • 社会
    思考の可視化
    「児童の頭の中を書く。それが板書だ。」
    昔、私が先輩教諭から教わった言葉です。児童の思考を可視化するということです。私は、思考の可視化を意識し始めると、板書の仕方が変わってきました。また、導入され始めたICT機器も、思考の可視化を意識し...
  • 明海大学客員教授釼持 勉
    • 2021/10/1
    • 教育オピニオン
    • その他教育
    「小学校高学年の教科担任制を2022年度から導入」の発表がされてからの各小学校は、行政等の支援を受けて教科担任制を実践する学校、年間指導時数がほぼ同じ理科や社会で交換授業や教科担任制などを取り入れている学校、全く何も手をつけていない学校に分類するこ...
  • 〜9月1日防災の日によせて〜
    鳴門教育大学大学院特命教授阪根 健二
    • 2021/9/1
    • 教育オピニオン
    • その他教育
    1 学校安全とは
    学校安全といっても範囲は広く、不審者対策などの「生活安全」、通学や日常生活に欠かせない「交通安全」、地震や津波などに対応できる「災害安全」などがあります。それだけではなく、アレルギー対策やけがや病気などの「健康管理」や、心の問題...
アクセスの多い記事
新しいコメント