Eduマガのヨミカタ
毎月発行される教育雑誌の中から、その時期にぜひ読んでほしい厳選記事をご紹介するコーナーです。
最近の記事
  • 実践国語研究 2018年6・7月号
    教育zine編集部木山
    • 2018/6/8
    • Eduマガのヨミカタ
    • 国語
    『実践国語研究』2018年6・7月号の特集テーマは、新学習指導要領対応!読むことの「発信型」言語活動ガイドブックです。
    ...
  • 社会科教育 2018年7月号
    教育zine編集部中野
    • 2018/6/6
    • Eduマガのヨミカタ
    • 社会
    『社会科教育』2018年7月号の特集は、「社会的な見方・考え方を鍛える!すぐに使えるミニ教材40」です。
    次期学習指導要領のキーワードの一つに「見方・考え方」があります。社会科においては学校種、分野に応じて「見方・考え方」を働かせる対象が明確化され、多様...
  • 数学教育2018年6月号
    教育zine編集部赤木
    • 2018/5/9
    • Eduマガのヨミカタ
    • 算数・数学
    『数学教育』2018年6月号の特集テーマは、「全単元の定番教材 思考をアクティブにする重要発問集」です。
    円周角の大きさを求める問題や、くじ引きの当たりやすさを考察する問題などなど…教科書によく載っている教材も、教師の発問次第で劇的に変わります! 本...
  • 楽しい体育の授業 2018年6月号
    教育zine編集部木村
    • 2018/5/9
    • Eduマガのヨミカタ
    • 保健・体育
    『楽しい体育の授業』2018年6月号の特集は、めざせ25メートル!絶対達成の水泳指導。
    小学校で、「泳げる?」というと、イコール「25メートル泳げるかどうか」と考える人は多いのではと思います。私も「25メートル」と聞くだけで、小学校の水泳が思い浮かんでしま...
  • 国語教育 2018年5月号
    教育zine編集部大江
    • 2018/4/12
    • Eduマガのヨミカタ
    • 国語
    『国語教育』2018年5月号の特集テーマは、「永久保存版!国語教師のための発問の技術」です。
    授業とは切っても切り離せない「発問」。授業が成功するもしないも、この「発問」をどのように考え、展開していくかが大きな鍵を握っています。今号では、そんな「発問...
  • LD,ADHD&ASD 2018年4月号
    教育zine編集部佐藤
    • 2018/4/11
    • Eduマガのヨミカタ
    • 特別支援教育
    『LD,ADHD&ASD』2018年4月号の特集テーマは、学びとココロに効く個別の指導計画―通常の学級と通級の役割―です。
    平成29年3月に告示された小・中学校の学習指導要領では、「個別の指導計画等の全員作成」とともに、通級による指導の対象となる子供については特...
  • 道徳教育2018年4月号
    教育zine編集部茅野
    • 2018/3/7
    • Eduマガのヨミカタ
    • 道徳
    小学校では、ついに「特別の教科 道徳」が4月から全面実施になります。「考え、議論する道徳」への転換、評価など、様々なことが話題になっていますが、この4月のもっとも大きな変化は、子ども全員に教科書が配布されることではないでしょうか。教科書を活用して...
  • 教育zine編集部小松
    • 2018/3/7
    • Eduマガのヨミカタ
    • 学級経営
    今年もいよいよ新年度がやってきます。1年間の学級経営・授業の成功のカギを握るこの時期。今年は「超一流」の先生のこだわりに学んで、学級開き・授業開きを大成功させませんか?
    『授業力&学級経営力』2018年4月号の特集テーマは、「超一流はここが違う! ...
  • 『特別支援教育の実践情報』2018年2-3月号
    教育zine編集部
    • 2018/2/7
    • Eduマガのヨミカタ
    • 特別支援教育
    『特別支援教育の実践情報』2018年2-3月号の特集テーマは、「インクルーシブ教育時代の障害者理解教育&交流及び共同学習 実践ガイド」です。二年後に迫った東京オリンピック・パラリンピックに向けて、より一層、障害者理解を正しく図り、多様性を尊重する心を育...
  • 社会科教育2018年3月号
    教育zine編集部及川
    • 2018/2/7
    • Eduマガのヨミカタ
    • 社会
    『社会科教育』2018年3月号の特集は、「子どもが主役になる!「話し合い・討論」鉄板ネタ」です。
    次期学習指導要領では、「主体的・対話的で深い学び」がキーワードの一つとされていますが、子どもが主役になる授業、と言われて、まず「討論」「ディベート」が頭...
新しいコメント