Eduマガのヨミカタ
毎月発行される教育雑誌の中から、その時期にぜひ読んでほしい厳選記事をご紹介するコーナーです。
最近の記事
  • 楽しい体育の授業 2022年6月号
    教育zine編集部木村
    • 2022/4/27
    • Eduマガのヨミカタ
    • 保健・体育
    『楽しい体育の授業』2022年6月号の特集は、基礎基本でつくる水泳授業リカバリー指導。
    「スイカは浮くけれども、水の上に出ているのはちょっとだけ。もっと浮こうとすると、どうなるかな?」
    本誌巻頭で鳴門教育大学の松井敦典先生がご紹介くださった、ある小学...
  • 数学教育 2022年6月号
    教育zine編集部赤木
    • 2022/4/27
    • Eduマガのヨミカタ
    • 算数・数学
    『数学教育』2022年6月号の特集テーマは、『知識・技能がじわ〜〜〜〜っと定着する! スパイラル指導のアイデア35』です。
    ...
  • LD,ADHD&ASD 2022年4月号
    教育zine編集部佐藤
    • 2022/4/6
    • Eduマガのヨミカタ
    • 特別支援教育
    『LD,ADHD&ASD』2022年4月号の特集テーマは、「見る力」を育む「ビジョントレーニング」―概論・アセスメント・指導の実際―です。
    「見る」ことにより得られる情報は非常に重要です。文章を読む際は教科書の文字を目で追い、文字を書く際には字形が整うようにノ...
  • 道徳教育 2022年5月号
    教育Zine編集部森島
    • 2022/4/6
    • Eduマガのヨミカタ
    • 道徳
    1人1台端末の配布から約1年。『道徳教育』2022年5月号では1人1台端末の道徳授業アイデアを徹底特集!
    「Googleアプリの有効的な使い方」から「型に縛られない柔軟な発想の活用アイデア」まで紹介しています。
    デジタルマスターが実はやっている道徳授業でのGoogl...
  • 授業力&学級経営力 2022年4月号
    教育Zine編集部新井
    • 2022/3/9
    • Eduマガのヨミカタ
    • 学級経営
    『授業力&学級経営力』2022年4月号には、新たな取組として、2つの目玉特集が組み込まれています。
    1つ目は、初のカラーページとなる巻頭特集、「2022年 春の教室開き」。4月から子どもたちと過ごす教室をどのようにつくるか、「黒板メッセージ」「掲示物」か...
  • 特別支援教育の実践情報 2022年4/5月号
    教育zine編集部芦川
    • 2022/3/9
    • Eduマガのヨミカタ
    • 特別支援教育
    『特別支援教育の実践情報』2022年4・5月号の特集テーマは、成功する「学級開き」のチェックポイント&アイデアです。
    年度始めは人間関係や環境が大きく変わる時期です。特別な支援を要する子供たちの中には環境の変化を苦手とする子も多い一方で、様々な変化を乗...
  • 社会科教育 2022年3月号
    教育zine編集部中野
    • 2022/2/9
    • Eduマガのヨミカタ
    • 社会
    『社会科教育』2022年3月号の特集は「最新情報で考える!価値ある学習課題と単元デザイン」です。
    授業の中で、子ども達に確かな力をつけていくために、単元を通して追究できる課題を設定し、学びの過程を考えながら取り組んでいく、このことは不変であると思いま...
  • 特別支援教育の実践情報 2022年2/3月号
    教育zine編集部芦川
    • 2022/2/9
    • Eduマガのヨミカタ
    • 特別支援教育
    『特別支援教育の実践情報』2022年2・3月号の特集テーマは、「個別の指導計画」の評価と引継ぎガイドです。
    年度末は、一年間の指導のまとめの時期となるとともに、次の年度の準備の時期となります。
    個々の幼児児童生徒にどのような力が身に付いたのか、指導内容...
  • LD,ADHD&ASD 2022年1月号
    教育zine編集部佐藤
    • 2022/1/12
    • Eduマガのヨミカタ
    • 特別支援教育
    『LD,ADHD&ASD』2022年1月号の特集テーマは、自分の権利を守る力・セルフアドボカシー ―主体者として未来を生きる子どもを育てる―です。
    「セルフアドボカシー」は「自己権利擁護」(自分の権利を守るという意)と訳されることが多いようです。もともとは障害...
  • 国語教育 2022年2月号
    教育zine編集部大江
    • 2022/1/12
    • Eduマガのヨミカタ
    • 国語
    2022年、社会は目まぐるしいスピードで変化し、新たなキーワードや課題が次々と生まれています。教育業界においても、これまでの「当たり前」にとらわれることなく、自身の力で物事を見つめ、考えていくことの必要性を実感されている先生も多いのではないでしょう...
新しいコメント