検索結果
著者名:
荒木 紀幸
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • 特集 完全保存版! 具体例でよくわかる道徳の重要用語63
  • 様々な指導法に関わる重要用語
  • 46 モラルジレンマ
書誌
道徳教育 2018年12月号
著者
荒木 紀幸
ジャンル
道徳/指導方法/授業研究
本文抜粋
1 モラルジレンマ 道徳性を発達させるためには,子どもたちを道徳的な不均衡状態,価値葛藤の状態,つまり道徳的な正しさが曖昧でどちらか決めかねる岐路の問題場面に置く必要がある。この状況をモラルジレンマ…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 完全保存版! 具体例でよくわかる道徳の重要用語63
  • 道徳研究(人物)に関わる重要用語
  • 60 コールバーグ
書誌
道徳教育 2018年12月号
著者
荒木 紀幸
ジャンル
道徳
本文抜粋
1 コールバーグの横顔 ローレンス・コールバーグ(LawrenceKohlberg)は一九二七年十月二十五日,ニューヨークのブロンクスヴィルで生まれ,アメリカ東部の名門高校,フイリップス・アカデミーで…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 完全保存版! 具体例でよくわかる道徳の重要用語63
  • 道徳研究(人物)に関わる重要用語
  • 61 ピアジェ
書誌
道徳教育 2018年12月号
著者
荒木 紀幸
ジャンル
道徳
本文抜粋
1 ピアジェの横顔 ジャン・ピアジェ(Piaget,Jean)は二十世紀最大の心理学者である。一八九六年八月九日,スイスの西部ヌーシャッテルで生まれた。父親は中世史を専門にする大学教授でピアジェに骨の…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 心を揺さぶる葛藤教材と授業展開
  • モラルジレンマ教材と授業展開
  • モラルジレンマ教材とは
書誌
道徳教育 2017年12月号
著者
荒木 紀幸
ジャンル
道徳
本文抜粋
私たちは三十年ほど昔、『道徳教育はこうすればおもしろい』という本と表し、主人公の気持ちを追い求める伝統的な授業方法や価値の押しつけに終始する道徳教育を批判して、全く新しい授業、コールバーグ博士がデュー…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • スマイル★道徳授業づくり モラルジレンマ授業に挑戦!
  • モラルジレンマ資料と授業って?
書誌
道徳教育 2015年11月号
著者
荒木 紀幸
ジャンル
道徳
本文抜粋
1モラルジレンマ資料とは 子どもたちの道徳的な思考や感情を刺激して、道徳的な問題解決学習に取り組ませる素材、ないし手がかりをもつものがモラルジレンマ資料、道徳的価値葛藤資料である。これらの物語はその構…
対象
小学校/中学校
種別
小特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 学級モラル向上!「私たちの道徳」活用術
  • 道徳教育―そもそも論の“ここ”に突っ込み
  • 生き方モデルは指針となりうるか
書誌
授業力&学級統率力 2014年8月号
著者
荒木 紀幸
ジャンル
授業全般/学級経営/道徳
本文抜粋
「私たちの道徳」では、先人の名言、偉人や著名人の生き方を多く取り上げ、いじめ問題への対応や我が国の伝統と文化、情報モラルに関する内容などの充実を図ったとその積極的な活用を文科省は訴えている。そこで語ら…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 教科化時代の道徳授業―未来予測と提言 (第2回)
  • 教科化は心情主義の道徳教育をどう乗り越えるかにかかっている
書誌
道徳教育 2014年5月号
著者
荒木 紀幸
ジャンル
道徳
本文抜粋
一教科化の最近の流れ 平成一二(2000)年、教育改革国民会議はその中間報告「教育を変える一七の提案」で「教室で道徳を教えることにためらう必要があろうか」と大胆に訴え、いじめ・自殺・学級崩壊・暴力・薬…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 “いじめの芽”気づき・潰す日常実践の布石
  • “クスクス笑い・ひそひそ話”禁止=年間を貫く実践レポート
  • 実践を読んで
  • 思いやりと正義の学級風土に!/「前兆を見つけたらどうするのか」/いじめをなくす教師の指導力/前進だとは思うけれど/休み時間が勝負!生徒の観察を!/「いじめ」は教師だけがなくせる
書誌
授業力&学級統率力 2013年2月号
著者
荒木 紀幸・佐々木 基・木 浩志・濱 正伸・福井 慎・許 鐘萬
ジャンル
授業全般/学級経営
本文抜粋
思いやりと正義の学級風土に! 「いじめの前兆を見逃さない教育活動」について具体的な取り組みの数々を拝読し,それぞれに共感,納得でき,いい取り組みをされ,とても心強く思いました。これらの日常の試みが功を…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 『現代教育科学』が拓いた教育言論53年
  • 『現代教育科学』の実像と虚像を検証する “教育研究”に果たしてきた役割と比重
  • 「道徳教育」に関わる執筆を通して
書誌
現代教育科学 2012年3月号
著者
荒木 紀幸
ジャンル
教育学一般
本文抜粋
私が『現代教育科学』に執筆するようになってから二三年しか経っていない。それは江部満氏が『現代教育科学』の編集長として関わられた五三年という月日を考える時、その半分に満たない長さである。しかし、この間に…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 道徳授業が大転換するエピソード 〜忘れられないあの瞬間・あの一言〜
  • 道徳授業を大転換する“この考え・指導法”
  • 「モラルジレンマ」で大転換した道徳授業―それは学ぶ値打ちのある楽しい授業―
書誌
道徳教育 2012年3月号
著者
荒木 紀幸
ジャンル
道徳
本文抜粋
1 認知的不均衡とモラルジレンマ 子どもであれ、大人であれ、私たちは認知的な不均衡状態におかれると、その解決をめざして、つまり認知的均衡を得るために動機づけられる。例えば、方眼紙を用いて、正方形の面積…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 “悔いのない教師生活”支える思想と行動
  • 自分を見つめる目・メタ認知力のチェックポイント
  • 常に人として全うであるかを自問自答
書誌
現代教育科学 2012年2月号
著者
荒木 紀幸
ジャンル
教育学一般
本文抜粋
人として、教師として全うであるかを常に自問自答できることが大切だと考えている。教師である前に人として自分は全うであるかを常にモニターできることが大切であろう。教師には、@子どもの学習環境を整え、有効な…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 戦後の「教育論争」から何を学ぶか
  • 提言・戦後の「教育論争」から何を学ぶか
  • 人間尊重と民主主義による新しい道徳の創造
書誌
現代教育科学 2011年11月号
著者
荒木 紀幸
ジャンル
教育学一般
本文抜粋
GHQが教育行政の基本方針とした米国教育使節団の報告に基づいて戦後の教育改革が行われた。○教育勅語に代わる教育基本法の制定、○学校教育法にもとづく六・三・三・四制の導入、○アメリカの指導要領をモデルと…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 道徳の「教科化」を提案する
  • 道徳の「教科化」・私はこう考える―提言を読んで
  • 道徳的他律の教育からは自律の道徳は望めない
書誌
現代教育科学 2011年6月号
著者
荒木 紀幸
ジャンル
教育学一般/道徳
本文抜粋
一 はじめに 道徳の「教科化」に賛成であるが、貝塚茂樹氏の提唱する「教科化」には賛成できない。筆者は『現代教育科学』平成二二年九月号で、現行の「道徳の時間」は戦前の修身科教育を否定した上で、生きる力を…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 「心の教育」いま何が問われているか
  • 「心のノート」の廃止―その問題点
  • なぜ新しい風とならなかったか?
書誌
現代教育科学 2010年10月号
著者
荒木 紀幸
ジャンル
教育学一般
本文抜粋
1 はじめに 「心のノート」の企画制作に関わった押谷先生は二一世紀の教育について、『その改革の柱は「生きる力」の育成です。「生きる力」の中核が豊かな人間性であり、豊かな人間性とは正に道徳性そのものと言…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 「道徳の時間」は修身悪玉論を克服したか
  • 提言・「道徳の時間」は修身悪玉論を克服したか
  • 現行の「道徳の時間」は修身否定の上で生きる力を育成している
書誌
現代教育科学 2010年9月号
著者
荒木 紀幸
ジャンル
教育学一般/道徳
本文抜粋
一 はじめに 戦後修身は廃止された。道徳教育空白の時代を経て、昭和三三(一九五八)年に、日本の道徳教育は全面主義を原則とする特設主義で行われてきた。つまり、学校における道徳教育は学校教育全体を通して行…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 なぜ「規範意識」が育たないか
  • 提言・教育三法の改正と「規範意識」育成の課題
  • 正義と思いやりの学級経営を
書誌
現代教育科学 2010年7月号
著者
荒木 紀幸
ジャンル
教育学一般
本文抜粋
一 教育三法の改正とそれに至る経緯 教育基本法は、日本の教育に関する基本的・基礎的な法律である。戦後、昭和二二年に施行された旧法は、教育改革国民会議の議論を踏まえ、中央教育審議会の教育基本法の改定の答…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 対話を核に子どもの「心」を育てる
  • 提言・対話を核にした子どもの「心」の育て方
  • 民主的な学級経営に心がける
書誌
心を育てる学級経営 2010年3月号
著者
荒木 紀幸
ジャンル
学級経営
本文抜粋
一 学校・社会で規範意識の低下が深刻 親が子を虐待する。子が親を殺す。ネット殺人事件は大人・子どもにかかわらず起きている。老人の殺人事件も絶えない。大人も子どもも規範意識の低下を象徴する事件が起きて止…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 “文教政策の変化”で現場はどうなるか
  • 文教行政の変革点と学校現場の影響予測
  • “道徳教育”の変革点と現場への影響予測
書誌
学校マネジメント 2010年2月号
著者
荒木 紀幸
ジャンル
学校経営
本文抜粋
一 はじめに 改訂の学習指導要領(道徳)は前倒しでこの四月から完全実施されている。教育基本法や学校教育法の一部改訂に対応して、総則の道徳教育の目標に「伝統と文化を尊重し、それらを育んできた我が国と郷土…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 教師の「道徳教育実践力」を育てる (第12回)
  • どのように研修を進めるか(2)
書誌
現代教育科学 2009年3月号
著者
荒木 紀幸
ジャンル
教育学一般/道徳
本文抜粋
4 道徳教育研修の進め方 教育行政の中で、教師の道徳教育実践力を高めるためにどのような研修が組まれているか。この点について、三年間教育行政で指導主事として研修を担当した帯広市立西小学校教頭楜澤実氏に登…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全5ページ (50ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ