関連記事
この記事に関連する記事の検索結果
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第7回)
  • 外国語によって母語を相対化する
書誌
国語教育 2013年10月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第12回)
  • 子どもたちの知的基盤を充実させるための国語教育をめざして
書誌
国語教育 2014年3月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
いよいよ最終講となりました。第1講「『大津』って、だれ?」から11回にわたって、『国語教育』誌にとってはかなり異色の考えにもとづく国語教育観とその実践についてお話してきました…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第11回)
  • 母語への気づきと書く力との関係
書誌
国語教育 2014年2月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
前回の演習問題 いつものように前回の演習問題から考えることにしましょう。こういう問題でした。  現行の学習指導要領では、ことばの力(言語力)を教科横断的に育成することになっています。つまり、ことばを直…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第10回)
  • 母語との気づきと外国語の熟達度の関係
書誌
国語教育 2014年1月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
前回の演習問題 この連載もあと3回を残すのみとなりました。できるだけ見通しのよい形でわたくしの考えについて述べたいと思います…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第9回)
  • ことばへの気づきの発達
書誌
国語教育 2013年12月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
「言いたがり屋」の日本語 前回の演習問題から始めましょう。こういう問題でした。 英語では(1)のような言い方ができます…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第8回)
  • ことばへの気づきを基盤にした言語教育
書誌
国語教育 2013年11月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
東京オリンピック招致のためのプレゼンテーションを観て 2020年の夏季オリンピック・パラリンピックの東京開催が決まりましたが、その招致合戦の最終局面でのプレゼンテーションをテレビでご覧になったかたも多…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第6回)
  • あいまい性について考えながら、英語にも思いを馳せる
書誌
国語教育 2013年9月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
前回の演習問題をネタにしながら 今回は、前回出しておいた演習問題について考えながら話を進めましょう。なお、例文番号は今回用に新たにします…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第5回)
  • 誤解を生まないようにするには
書誌
国語教育 2013年8月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
対岸の火事、続報 前回の冒頭で、自民党の教育再生実行本部の動きに触れましたが、その動きに呼応するように、政府の教育再生実行会議も英語教育についての提言を始めたことはマスコミでかなり大きく報道されていま…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第4回)
  • 応用がきくよう規則を学んでことば運用の達人になろう
書誌
国語教育 2013年7月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
みなさん、いかがお過ごしですか。この連続講義も今回で第4講、だいぶ、わたくしの語り口にも慣れてきたのではないでしょうか…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第3回)
  • 「ことばの普遍性」なんて信じられますか?
書誌
国語教育 2013年6月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
グローバル化とことば 「グローバル化」ということをしばしば耳にします。ウィキペディアで「グローバル化」(項目名:「グローバリゼーション」)を引くと、「社会的あるいは経済的な関連が、旧来の国家や地域など…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第2回)
  • 「ことば」ってなに?
書誌
国語教育 2013年5月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
前回は突飛な出だしで失礼いたしました。今回もまた、突飛な話で始めたいと思います。最近、後ろ向きな(ネガティブな)言い方を前向きな(ポジティブな)言い方に変換する辞書が話題になっているようですね…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第1回)
  • 「大津」って、だれ?
書誌
国語教育 2013年4月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
わたくしの関心事 いきなり、すっとぼけたタイトルで、すみません。でも、本誌の読者の多くはわたくしのことをご存じないと思います。どこの、だれだか、わからない書き手が1年間の連載を始めようというのですから…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 国語授業の情報スクランブル (第3回)
  • 200字ツイッター
書誌
国語教育 2013年1月号
著者
後藤 武士・小森 茂・大津 由紀雄・永原 啓嗣・渡辺 大祐・岩下 修
ジャンル
国語
本文抜粋
私は、総論の一部賛成、各論?。「一助詞について」。その「薯でできた焼酎」VS「薯からできた焼酎」という例文対比は適切か。例えば「麦で、米で、粟で等VSからできた焼酎」等では、前者の「で」は、元々表現と…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全5ページ (50ポイント)
  • 特集 漢字指導の方法スキル=何でも検索事典
  • 良い知恵あったら教えて! どうする?配当漢字にない名前の子の表記
書誌
国語教育 2012年11月号
著者
大津 由紀雄・野口 芳宏・佐藤 民男・明石 要一・高鷲 忠美・江副 隆秀
ジャンル
国語
本文抜粋
わたくしの名前は「由紀雄」ですが、「由紀夫」「由起雄」「由規雄」「由規夫」をはじめ、様々な形で誤記されます。「雪男」にされてしまったこともあります。こういう誤記は問題ですが、「由紀雄」が「ゆきお」と表…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • AIに負けない「読解力」を考える (第6回)
  • 測定の結果についてどのように考えるか
書誌
国語教育 2020年9月号
著者
冨安 慎吾
ジャンル
国語/教育学一般
本文抜粋
1 全国学力・学習状況調査とリーディングスキルテスト  前回の連載で確認した通り,リーディングスキルテストやPISA調査の読みの流暢性の問題は,極めて限定された環境において,限定された読解力を測定して…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 論理的に「考える国語」の授業づくり (第6回)
  • 教材分析からの教材研究と授業づくり
書誌
国語教育 2020年9月号
著者
白石 範孝
ジャンル
国語/指導方法/授業研究
本文抜粋
1 「教材分析」と「教材研究」の関係 「考える国語」の授業づくりの核となるのが,「教材の論理」である。この論理をその教材が持つ,特徴的な「仕組み」(作品の構成や仕掛け,あるいは伏線)と考える…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • クラス全員が達成感を味わう! DOI流 国語教室づくり (第6回)
  • 文学
  • 文学は,「新たな発見」のある授業づくりを! 「精査・解釈」編
書誌
国語教育 2020年9月号
著者
土居 正博
ジャンル
国語/指導方法/授業研究
本文抜粋
「○○の気持ちは?」ばかりで突き進む「精査・解釈」の授業をしていないか? 前号にて,文学の授業を子どもにとって「新たな発見」のあるものにしていく重要性について主張した。「新たな発見」のある授業とは,子…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 野口芳宏の国語授業四方山ばなし (第6回)
  • ギネスブックに載った大編集長 江部満氏の編集者魂(上)
  • 出会いと単行本の初下命
書誌
国語教育 2020年9月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
「いっそのこと価値目標を外してしまったらいかがですか。」と,江部編集長が申し上げると,「何だって!?」と,輿水先生は顔色を変えて立ち上がった。江部編集長も立ち上がった。―というところで前号を終えた。そ…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • わが県の国語ソムリエ (第101回)
  • 千葉県
書誌
国語教育 2020年9月号
著者
寺井 正憲
ジャンル
国語
本文抜粋
千葉県は,多様な考え方に基づく国語実践が盛んに行われている。私の身近では,首藤久義先生が長らく言語活動による授業を県内で普及させ,さらに日本国語教育学会千葉県支部でも地区研究集会を通して,県内各地で言…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • AIに負けない「読解力」を考える (第5回)
  • PISA調査と比較してわかること
書誌
国語教育 2020年8月号
著者
冨安 慎吾
ジャンル
国語/教育学一般
本文抜粋
1 リーディングスキルテストを受験して  私がリーディングスキルテストを受験したのは,二〇一八年十月だった。受験後のメモを見直すと,「後半は(画面上の問題の)切り替えに追いつかなくなり,字の上を目がす…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 論理的に「考える国語」の授業づくり (第5回)
  • 子どもの「困った感」からの「思考のズレ」の重要性
書誌
国語教育 2020年8月号
著者
白石 範孝
ジャンル
国語/指導方法/授業研究
本文抜粋
1 「考える国語」の「思考のズレ」とは? 「考える国語」の授業づくりは,「思考のズレ」から生まれる子ども自身の「問い」を「用語・方法・原理・原則」を活用して,論理的に「考える」という思考活動を通して解…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ