関連記事
この記事に関連する記事の検索結果
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • 道徳の時間50年とこれからの道徳教育 (第17回)
  • 今までの積み上げの上に51年目からの道徳教育を
書誌
道徳教育 2009年3月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
一 「三八豪雪」の年に 昭和三八年は、冬の北陸を中心に襲った「三八豪雪」などが今でも語られ、様々な出来事で記憶に残る年になっている…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 道徳の時間50年とこれからの道徳教育 (第16回)
  • 道徳における評価をどのように行うか
書誌
道徳教育 2009年2月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
一 道徳の評価は大切なはずなのに… 小学校及び中学校の新しい「学習指導要領解説・道徳編」(以下「解説書」)では、道徳の評価に関するページが大幅に減っている。このことに驚きの声が聞かれた。実際に、その小…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 道徳の時間50年とこれからの道徳教育 (第15回)
  • 言語活動の充実で道徳授業の力を高める
書誌
道徳教育 2009年1月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
一 書かない子ども、言わない子ども 学力不安が指摘される中、平成一五年に実施され、一六年一二月に公表されたOECDのPISA調査(生徒の学習到達度調査)の結果公表はその不安を増幅させた。特に読解力、な…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 道徳の時間50年とこれからの道徳教育 (第14回)
  • リアリティのある教材で道徳授業の充実を図る
書誌
道徳教育 2008年12月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
一 常に求められてきた教材の充実 道徳の時間には、必ず吟味された道徳用教材が資料として位置付けられ、生かされる。ある人物の生きる知恵やドラマが凝縮された読み物だけでなく、ゲストの説話や映像であったり…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 道徳の時間50年とこれからの道徳教育 (第13回)
  • 「自己の生き方」についての指導を充実する
書誌
道徳教育 2008年11月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
一 改訂で強調された「自己の生き方」 今回の学習指導要領の改訂において、小学校の道徳では、「自己の生き方」についての考えを深める指導の充実が明記された。道徳の時間の目標について、次の傍線部分のように表…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 道徳の時間50年とこれからの道徳教育 (第12回)
  • 「重点化」について三つの角度から理解する
書誌
道徳教育 2008年10月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
一 重点化をどこで、どうする? 重点化とは、重みをつけたり、ポイントを示したりして、指導上、強調すべき方向性を示すことである。しかし、この重点化について考えが一面的であったり、とらえ違いをしていたりす…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 道徳の時間50年とこれからの道徳教育 (第11回)
  • 道徳の時間の授業公開で道徳教育を活性化させる
書誌
道徳教育 2008年9月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
一 家庭を原点、地域を基盤として 「わたしの原点はここにある」 これは、道徳用教材「心のノート」の高学年用冊子に出てくる言葉である。「原点」とは家庭であり、家族愛について語りかけるページのキャッチコピ…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 道徳の時間50年とこれからの道徳教育 (第10回)
  • 内容項目の改善を生かして一層の充実を図る
書誌
道徳教育 2008年8月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
一 内容項目全体の枠組みを受け継ぐ 改訂された学習指導要領を見た先生方から、次のような声を多く聞いた…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 道徳の時間50年とこれからの道徳教育 (第9回)
  • 一体的な道徳教育のための推進体制をつくる
書誌
道徳教育 2008年7月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
文部科学省のシンボルマークをご存知だろうか。ホームページのトップに大きなデザインが浮かび上がるので、ぜひご覧いただきたい。新庁舎に移った本年一月を契機に制定されたものである…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 道徳の時間50年とこれからの道徳教育 (第8回)
  • 魅力があり主張のある全体計画をつくる
書誌
道徳教育 2008年6月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
前年度末の三月二八日、小学校と中学校の新しい学習指導要領が告示された。前回平成一〇年一二月の全面改訂による告示より九年三か月ぶりとなる。二月の段階で既に案が公表され、ほぼそのとおりの内容の告示となった…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 道徳の時間50年とこれからの道徳教育 (第6回)
  • 道徳の時間が「要」となる確かな道徳教育へ
書誌
道徳教育 2008年4月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
教育改革はスピードを緩めることなく進んでいる。その中で、先の二月一五日、小学校及び中学校の新しい「学習指導要領案」が公表された。一月の中央教育審議会答申を受けた改善の方向が、学習指導要領の形でいよいよ…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 道徳の時間50年とこれからの道徳教育 (第5回)
  • 社会の変化に伴う多様な教育課題に対応する
書誌
道徳教育 2008年3月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
本年一月、学習指導要領等の改善に関する中央教育審議会の答申が山崎会長から渡海文部科学大臣に手渡された。ここに至るまで、道徳教育についてもホットな審議が重ねられてきた。その中、答申では、道徳の時間の教育…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 道徳の時間50年とこれからの道徳教育 (第4回)
  • 子どもの成長発達に応じた道徳授業の改善を図る
書誌
道徳教育 2008年2月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
一 道徳の時間がだんだん嫌いになる? 子どもは成長とともに自己の世界を広げていく。そして、よりよい生き方、より自分らしい生き方に目を開いていく。道徳の時間はそのきっかけとなり、それを促す時間だ。だから…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 道徳の時間50年とこれからの道徳教育 (第3回)
  • 道徳教育を学校教育の一貫した基盤として
書誌
道徳教育 2008年1月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
一 道徳はだれもが一生の課題 道徳は私たちすべてにとって、一生の課題である。よりよくなりたいと思いながら、一進一退の中に陥ったり、強い意志にあこがれながら弱音を吐いたりする。私たち人間の道徳は完成する…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 道徳の時間50年とこれからの道徳教育 (第2回)
  • 子どもの「心の活力」と道徳教育の新たな方向
書誌
道徳教育 2007年12月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
一 体力、学力、社会の活力と「心の活力」 文部科学省は、毎年、体育の日に合わせて、「体力・運動能力調査」の結果を公表している。今年はそれを受けて、多くの新聞が「子どもの体力下げ止まり?」などと報じてい…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 道徳の時間50年とこれからの道徳教育 (第1回)
  • 改正教育法規が映し出す道徳教育新時代
書誌
道徳教育 2007年11月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳
本文抜粋
一 次々と押し寄せる教育改革 この秋の一一月に「続・ALWAYS三丁目の夕日」が劇場公開されるという。二年前の冬に公開された第一作は、その斬新な着眼点が大きな話題となったのは記憶に新しい。そこに描かれ…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―次世代につなぐ授業の新発想とその具体化 (第19回)
  • 「納得解」は独立しているが孤立していない
書誌
道徳教育 2021年10月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳/教育学一般
本文抜粋
1 道徳の答えは「全て正解」なのか「正解がない」のか ある授業で,子どもの発言が滞りがちだったため,先生が呼びかけていた…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―次世代につなぐ授業の新発想とその具体化 (第18回)
  • 今も残る宝もの… 自分たちを変えた子どもの記録
書誌
道徳教育 2021年9月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳/教育学一般
本文抜粋
夏は,一年間の中で最も心が広がる時期だ。しかし,今年の夏も昨年度に続きコロナ禍が厳しい。そんな現実が続けば続くほど,担任時代に心を通わせた子どもたちとの出来事が次々と思い起こされる…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―次世代につなぐ授業の新発想とその具体化 (第17回)
  • 子どもの「学びの主体意識」を原点にすえる
書誌
道徳教育 2021年8月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳/教育学一般
本文抜粋
1 子どもの「学びの主体意識」に着眼する 子どもが自らの力でマラソンを走り抜くとき,私たち教師は「伴走者」の役割に徹することが重要だ。前回は,そのための考えを整理した。前に立って子どもを「牽引」したり…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 新・道徳授業論―次世代につなぐ授業の新発想とその具体化 (第16回)
  • 子どもの「伴走者」に徹する授業をつくる
書誌
道徳教育 2021年7月号
著者
永田 繁雄
ジャンル
道徳/教育学一般
本文抜粋
1 視覚障害のマラソンランナーと誕生日ケーキ 今でも鮮明に思い起こされる私自身の誕生日のエピソードがある。すでに十五年近く前になるが,雑誌掲載のためのインタビューをするため,アテネパラリンピックの視覚…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ