関連記事
この記事に関連する記事の検索結果
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • 今日から始める中学校国語科帯単元学習 (第12回)
  • 「短く単純」を長く続ける国語科実技としての帯単元学習
書誌
国語教育 2014年3月号
著者
齋藤 隆彦
ジャンル
国語
本文抜粋
「帯単元」の特徴とできること 授業3時間目 授業2時間目 授業1時間目 帯単元AB 「漢字」10分 ← 帯単元AA…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 今日から始める中学校国語科帯単元学習 (第11回)
  • 「腑に落ちる」力を根本から築く《似てる》でつなげる授業
書誌
国語教育 2014年2月号
著者
齋藤 隆彦
ジャンル
国語
本文抜粋
《似てる》でつなげる力 自己紹介で、私が「《似てる》でつなげる実践を中心に研究してます」というと、「?」という顔をされることも多々あります。でも、《似てる》でつなげるって、国語科でもずいぶん(無意識に…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 今日から始める中学校国語科帯単元学習 (第9回)
  • 「次のプチプレ、楽しみ!」 ワクワク感を作る表現活動を帯単元で作る
書誌
国語教育 2013年12月号
著者
齋藤 隆彦
ジャンル
国語
本文抜粋
「次のプチプレ、楽しみ!」 ワクワク感を作る表現指導を帯単元で作る 「失敗できる」帯単元 「帯単元」は、「繰り返し」が取り柄です。「やってみる」「失敗する」「次がある」……失敗も再トライも保障する方法…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 今日から始める中学校国語科帯単元学習 (第8回)
  • 「プチ・プレゼン」B 生徒の本気が立ちあがる「物語」を持ち寄る授業
書誌
国語教育 2013年11月号
著者
齋藤 隆彦
ジャンル
国語
本文抜粋
〇 「帯単元」って何?(確認) 帯単元とは一時間の授業をさらに十分とか二十分に細分化、それを毎回連続させ単元化するもの。部活動のように「同じようなこと」の繰り返しができ、漢字やプレゼンなど「やった」だ…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 今日から始める中学校国語科帯単元学習 (第7回)
  • 「プチ・プレゼン」A 「好きな○○」抽象・具体の関係で語る
書誌
国語教育 2013年10月号
著者
齋藤 隆彦
ジャンル
国語
本文抜粋
一 「プチ・プレゼン」(長いので以下プチプレ)は話題選びが大事 帯単元で各自に発表の機会を複数回保障し、「聞く」「話す」力をつけたいとお伝えしました…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 今日から始める中学校国語科帯単元学習 (第6回)
  • 帯単元で「プチ・プレゼン」を繰り返す
書誌
国語教育 2013年9月号
著者
齋藤 隆彦
ジャンル
国語
本文抜粋
「聞く・話す」授業の難しさ 音声は使う先から消えます。「おしゃべり」だけでは、「やりとげた」感が作りにくい。「聞く」力と「話す」力をどうつけるか…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 今日から始める中学校国語科帯単元学習 (第5回)
  • 授業を日常につなげたいシリーズ「突然ですが」
書誌
国語教育 2013年8月号
著者
齋藤 隆彦
ジャンル
国語
本文抜粋
授業を日常につなげたい シリーズ「突然ですが」 「一応授業でやった」ではなく、「できるようにした」へ。「帯単元」で「繰り返し」ます…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 今日から始める中学校国語科帯単元学習 (第4回)
  • 帯単元的テスト作り そして長期休業の課題設定
書誌
国語教育 2013年7月号
著者
齋藤 隆彦
ジャンル
国語
本文抜粋
「帯単元」の展開で、「同じ文章」「同じような文章」を「繰り返し」読む機会を作ります。その「繰り返し」で、例えば「抽象・具体」を見抜く力を育てます…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 今日から始める中学校国語科帯単元学習 (第3回)
  • 帯単元で「同じような文章」を繰り返し読む
書誌
国語教育 2013年6月号
著者
齋藤 隆彦
ジャンル
国語
本文抜粋
前回は、現代文の読みの帯単元的展開@の紹介でした。要するに、同じ文章を少しでも多く読む、特に読むことに慣れていない生徒に「量」を読ませ考えさせる時間を与える取り組みです。「抽象具体の見分け」を例に述べ…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 今日から始める中学校国語科帯単元学習 (第2回)
  • 帯単元で「同じ文章」を繰り返し読む
書誌
国語教育 2013年5月号
著者
齋藤 隆彦
ジャンル
国語
本文抜粋
帯単元で「同じ文章」を繰り返し読む 帯単元について、前回は「漢字学習」と「一言自己紹介」を具体例として紹介。一番の特色は、帯単元による「繰り返し」です…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 今日から始める中学校国語科帯単元学習 (第1回)
  • 帯単元ってこんな活動
  • 短い時間を複数回の効果!
書誌
国語教育 2013年4月号
著者
齋藤 隆彦
ジャンル
国語
本文抜粋
帯単元授業(以下、帯単元)を展開しています。モデルで説明します。まず、「一般的」な50分授業はこんな感じでしょう…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 「学びの質」を高め、深い学びに導く授業づくりと学習評価
  • 中学校 「学びの質」を高め、深い学びに導く授業づくりと学習評価
  • 【読むこと】「むしゃむしゃ古典」で「深い学び」―「これってあれかも」体験
書誌
国語教育 2018年3月号
著者
齋藤 隆彦
ジャンル
国語/評価/指導要録
本文抜粋
単元のねらい  帯単元「むしゃむしゃ古典」。生徒自身が「これってあれかも」と、古文と既有知識をつなぎパターンを見つけ理解する活動で、「深い学び」の実現をねらいます…
対象
中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 授業に引き込む導入の工夫
  • 板書で思考を活性化する! 図解・子ども参加による導入
  • 【中学校】板書を教師が極力しない「謎」こそが生徒の「探究心」をくすぐり育てる
書誌
国語教育 2015年12月号
著者
齋藤 隆彦
ジャンル
国語
本文抜粋
「導入」って、目指す「学び」のデザインで内容が違ってくるはず。そのデザインですが、内田樹先生は、学び手は「学びの全体像」を見渡すことができないから学ぶ。そこが学習者と消費者の決定的な違い、とおっしゃい…
対象
中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 新年度“楽しい国語”設計の研究情報一覧
  • 国語の年間計画立案の落とし穴は“ここ”
  • 帯単元づくり―落とし穴はここ
書誌
国語教育 2015年2月号
著者
齋藤 隆彦
ジャンル
国語
本文抜粋
まずはオススメ―「帯単元」授業の細分化「コーナー」と連続性 帯単元。「ある期間、授業一コマの中の短い時間(十分〜二十分くらい)『同じような学習活動』を繰り返す学習形態」としておきます。昨年度、本誌で「…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 “自分の考え”が育つ読解活動レシピ41
  • 子どもが“自分の考え”を意識する授業づくりのポイント
  • 齋藤発:できるにつなぐ活動→学習をメタ認知させる指導
書誌
国語教育 2013年10月号
著者
齋藤 隆彦
ジャンル
国語
本文抜粋
一 「やる」と「できる」の区別 国語科に「質問に答えられた」「テストが解けた!」という「できた」感はある。けれど、それが「これで今後説明文は読める!」といった「できる」感になかなかつなげられずにいるみ…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 “自分の考え”が育つ読解活動レシピ41
  • 子どもが“自分の考え”を意識する授業づくりのポイント
  • 相互評価・寸評
  • 大人も「言語活動」で成長
書誌
国語教育 2013年10月号
著者
齋藤 隆彦
ジャンル
国語
本文抜粋
このテーマ。自分って何、とか、じゃあ、他者って、って考え込むと大変。しかもわずか3ページ。この企画に、敢然と(あるいは、うっかりと)乗った七人(自分を含む)にまずは拍手! で、互評をしなさい、と(しか…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 国語の学び方技能―自力読みへ誘う極意
  • 生徒の自学力を育てる授業の取り組み
  • 中学国語・帯単元で取り組む“繰り返す・慣れる”指導
書誌
国語教育 2012年12月号
著者
齋藤 隆彦
ジャンル
国語
本文抜粋
一 説明的文章の授業での「大段落に分ける」の問題点 @まずは、次の文章を読んでみて 大きく二つに分けてみてください…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全6ページ (60ポイント)
  • 言葉による見方・考え方を働かせる語彙学習 (第8回)
  • 語彙学習を取り入れた単元づくり
  • 言語活動「感想を書く」に必要な語彙学習
書誌
国語教育 2019年11月号
著者
達富 洋二
ジャンル
国語
本文抜粋
1 教科書を中心とした単元づくり 国語教育の研究会などに参加すると,見たこともないような言語活動を位置付けた実践にふれることがあり,ついやってみたくなるものです。長く教師をやっているとついつい目新しい…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 学び合いがうまくいく!教科書教材のペア&グループ学習 (第8回)
  • 中学1年/故事成語の奥にある人間ドラマ
  • 【伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項】11月教材「今に生きる言葉」(光村図書)
書誌
国語教育 2019年11月号
著者
数井 千春
ジャンル
国語
本文抜粋
1 この単元のねらい 「矛盾」という故事成語は「前後の論理が合わない」という意味で使われるが,故事を読むと物事の本質や関係性を見ずに目先の利益のために行動する人間の姿をみつけることができる。故事の物語…
対象
中学1年
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ