関連記事
この記事に関連する記事の検索結果
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • 特集 主体的に考える!思考力・想像力を育てる授業の工夫
  • 小学校・実践授業の展開
  • 中学年
  • 発表ボードで友達の感じ方の違いに気付く―「世界一美しいぼくの村」を例に―
書誌
実践国語研究 2016年9月号
著者
菊地 はす江
ジャンル
国語
本文抜粋
一 本単元で身に付けたい力を見極める 四年の国語の読みの目標に「文章を読んで考えたことを発表し合い、一人一人の感じ方について違いのあることに気付く」がある。東京書籍四年の教科書にある「世界一美しいぼく…
対象
中学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 主体的に考える!思考力・想像力を育てる授業の工夫
  • 小学校・実践授業の展開
  • 中学年
  • 思考力・判断力・表現力を育成する国語科における授業づくり
書誌
実践国語研究 2016年9月号
著者
甲斐 美保子
ジャンル
国語
本文抜粋
一 単元名 ●あなたの好きを教えて! 大好きな登場人物の「ここが好き」を、友だちと紹介し合おう ●「モチモチの木」(教育出版…
対象
中学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 主体的に考える!思考力・想像力を育てる授業の工夫
  • 小学校・実践授業の展開
  • 中学年
  • 子どもが自ら考えたくなる説明文の授業
書誌
実践国語研究 2016年9月号
著者
藤田 伸一
ジャンル
国語
本文抜粋
一 子どもが自ら考えたくなる授業の条件 子どもは、どういうときに自分で考えようとするのだろうか
対象
中学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 なぜ?疑問や対話を引き出す授業づくりの工夫
  • 提言 なぜ?疑問や対話を引き出す授業づくりの工夫
  • 自ら選ぶことから
書誌
実践国語研究 2016年7月号
著者
浅川 陽子
ジャンル
国語
本文抜粋
一 学力は習慣の力  保育士や教職を目指す大学生を相手に「問いやコミュニケーションを生みだす授業」をしようとして、私は壁にぶつかって思いあぐねるときがある…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 なぜ?疑問や対話を引き出す授業づくりの工夫
  • 提言 なぜ?疑問や対話を引き出す授業づくりの工夫
  • 対話を拓き考える姿勢を育てる
書誌
実践国語研究 2016年7月号
著者
植西 浩一
ジャンル
国語
本文抜粋
一 「アクティブラーニング」への危惧  「アクティブラーニング」は、今、まさに教育現場のキーワードである。学習者主体の学びを引き出す活動的な取り組みを推進することに、異存はない。筆者も、このような学び…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 なぜ?疑問や対話を引き出す授業づくりの工夫
  • 提言 なぜ?疑問や対話を引き出す授業づくりの工夫
  • ?を引き出した後の指導に目を
書誌
実践国語研究 2016年7月号
著者
村松 賢一
ジャンル
国語
本文抜粋
学びの過程で子どもの脳裏に湧き上がる「なぜ」は未知の世界への扉を開ける鍵のようなものである(そう言えば、?は鍵の形に似ているではないか)。その鍵を磨くには、日頃から疑問をもつ習慣をつけること、さらに…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 なぜ?疑問や対話を引き出す授業づくりの工夫
  • 提言 なぜ?疑問や対話を引き出す授業づくりの工夫
  • 自力で考え深め広げる授業の工夫
書誌
実践国語研究 2016年7月号
著者
山下 敦子
ジャンル
国語
本文抜粋
一 身に付いた力を活用しているか  「先生がいないと読むことができない」子どもを育てていないだろうか。話すこと・聞くことでも、書くことの場面でも同じである。単元の全ての時間で、教師主導型の授業を行い…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 なぜ?疑問や対話を引き出す授業づくりの工夫
  • 提言 なぜ?疑問や対話を引き出す授業づくりの工夫
  • 対話を生み出す学習づくり
書誌
実践国語研究 2016年7月号
著者
若林 富男
ジャンル
国語
本文抜粋
一 対話の種をまく  一年生の教室から、子どもと教師のリズムのあることばのやりとりが聞こえてくる。「かばんの中には 何がいる?」「かばんの中には かばがいる」「ぼうしの中には 何がいる?」「ぼうしの中…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 なぜ?疑問や対話を引き出す授業づくりの工夫
  • 提言 なぜ?疑問や対話を引き出す授業づくりの工夫
  • 発問を工夫する
書誌
実践国語研究 2016年7月号
著者
松木 正子
ジャンル
国語
本文抜粋
一 課題を追及する  授業づくりのポイントに「発問」があげられる。どんな発問をすると教師のねらい通りの答えが出てくるかという発想で考えられていることが多いようだ。だが、求められているのは、打てば響くよ…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 なぜ?疑問や対話を引き出す授業づくりの工夫
  • 小学校・実践授業の展開
  • 中学年
  • 心情の読みの違いを可視化する―疑問や対話を引き出す「ハートマップ」―
書誌
実践国語研究 2016年7月号
著者
片山 守道
ジャンル
国語
本文抜粋
一 百聞は一見に如かず!? 「つぐないが出来て嬉しいんじゃない」 「そうかな? 分かってもらえなくて寂しい気持ちのほうが大きいと思う…
対象
中学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 なぜ?疑問や対話を引き出す授業づくりの工夫
  • 小学校・実践授業の展開
  • 中学年
  • 友達と本でつながる―「読書発表会」をしよう―
書誌
実践国語研究 2016年7月号
著者
加藤 直美
ジャンル
国語
本文抜粋
一 児童の実態と活動設定の理由 「『読書発表会』をしよう」(教育出版四年下)という単元において、ブックトークというテーマに沿った複数の本の紹介活動をグループで行った。自分の紹介したい本と友達の選んだ本…
対象
中学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 ゴールをめざして!課題解決力をつける言語活動
  • 小学校・実践授業の展開
  • 中学年
  • 学習意欲や課題意識を喚起する授業づくり
書誌
実践国語研究 2016年5月号
著者
小山 進治
ジャンル
国語
本文抜粋
一 はじめに 学習意欲や課題意識を喚起する国語科の授業づくりをするためには、まずは教材そのものがもつ特徴や魅力を教師が十分分析することである。そして課題解決力をどの部分でどのようにつけることができるか…
対象
中学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 ゴールをめざして!課題解決力をつける言語活動
  • 小学校・実践授業の展開
  • 中学年
  • 「大好き」から課題の発見を引き出す授業づくり
書誌
実践国語研究 2016年5月号
著者
紺野 律
ジャンル
国語
本文抜粋
一 スタイルを打ち破れ 子どもたちの未来は、多様な価値観があふれ、社会や経済の在り方が全く異なる時代。誰も知らないゴールに向かって、学んだことを生かし、自分らしい筋道を立てて歩んでいく力を育みたいもの…
対象
中学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 ゴールをめざして!課題解決力をつける言語活動
  • 小学校・実践授業の展開
  • 中学年
  • 子どもに学ぶ必要感を抱かせる言語活動
書誌
実践国語研究 2016年5月号
著者
神下 哲明
ジャンル
国語
本文抜粋
一 はじめに 国語科で新しい単元の一時間目、どのような言葉を第一声に発するべきか、毎度のように悩んでしまう。結果、「今日から○○という物語を読んでいきましょう」や「○○という説明文ですよ」というような…
対象
中学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 自分で進める!主体的な学びを生み出す授業づくり
  • 小学校・実践授業の展開
  • 中学年
  • 発見や驚きを伝えたい!
書誌
実践国語研究 2016年3月号
著者
青木 俊一
ジャンル
国語
本文抜粋
はじめに 児童が言語表現に対する意識を高め、自身の生活における国語力の向上を目指して主体的に学習を進める力をつける。そのためには、どうしたらよいか…
対象
中学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 自分で進める!主体的な学びを生み出す授業づくり
  • 小学校・実践授業の展開
  • 中学年
  • 「読みたい」「伝えたい」を引き出す授業づくり
書誌
実践国語研究 2016年3月号
著者
馬場 ひとみ・森 顕子
ジャンル
国語
本文抜粋
一 はじめに 本校では、主体的な思考・判断・表現を大切にした授業づくりを通して、「言葉の力を実感し、学び続ける子ども」の育成を図っている。本単元「世界の民話のおもしろさをしょうかいしよう」では、特に次…
対象
中学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 自分で進める!主体的な学びを生み出す授業づくり
  • 小学校・実践授業の展開
  • 中学年
  • 「詩の贈り物」 アンソロジー作りと詩のプレゼント
書誌
実践国語研究 2016年3月号
著者
香取 典夫
ジャンル
国語
本文抜粋
一 はじめに 現行の学習指導要領では、子どもたちに「言語活動」を通して「指導事項を身につけさせること」が強調されている…
対象
中学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 伝えたい!発表交流を生かす授業づくり
  • 小学校・実践授業の展開
  • 中学年
  • 交流で、考えを広げ深め合う
書誌
実践国語研究 2016年1月号
著者
西岡 由都
ジャンル
国語
本文抜粋
一 はじめに 単元の終末、子どもたちが、これまでの学びの成果を持ち寄って交流する時間は、とても楽しい時間である。自分なりに考え、自分の思いを表現し、交流している時の子どもたちの姿は、満足感にあふれてい…
対象
中学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 伝えたい!発表交流を生かす授業づくり
  • 小学校・実践授業の展開
  • 中学年
  • 「調べる楽しさ」「伝える喜び」
書誌
実践国語研究 2016年1月号
著者
横山 貴子
ジャンル
国語
本文抜粋
一 単元で付けたい力 人と人が関わり合うために大切なことを考え、調べたことを整理して、発表する力と話の中心に気を付けて聞く力を育成する。自分の課題をもつことや、メモを整理したり、発表を聞いて感想や意見…
対象
中学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 伝えたい!発表交流を生かす授業づくり
  • 小学校・実践授業の展開
  • 中学年
  • 意味マスターになって、語句の意味を説明しよう―意味調べを読みに生かす―
書誌
実践国語研究 2016年1月号
著者
小野澤 由美子
ジャンル
国語
本文抜粋
一 意味調べを主体的に 意味調べというと、その単元に入る前に、あるいは初発の感想を書いた後に、改めて宿題にしてさせることが多いのではないだろうか。中学年では、三年生で「辞典の引き方」を学習するので、国…
対象
中学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ