勇気づけリーダーの学級経営〜これからを生きる資質・能力を育てる教師の役割〜
これからを生きる資質・能力を学級でつけるには?勇気づけリーダーの学級経営
勇気づけリーダーの学級経営(9)
不適切な行動の4つのパターン
〜これからを生きる資質・能力を育てる教師の役割〜
上越教育大学教授赤坂 真二
2018/2/20 掲載
  • 勇気づけリーダーの学級経営
  • 学級経営
  • コメント(0)

1 感情を揺さぶることそのものがねらい

 前回までに、子どもたちの気になる行動や問題行動の目的は、社会的文脈をもっている、つまり、居場所を確保することだと言いました。これらの行動は、大人にとって感情を揺さぶる実に困った行動なわけですが、それは、子どもたちなりに必死に適応しようとしているが故の行動というわけです。大人の感情、とりわけネガティブな感情を揺さぶるので、なかなか大人たちが素直に支援しようとは思わないのではないでしょうか。こちらが支援しようと思っても、「死ね」とか「うざっ」などと言われるとこちらもいらっとします。しかし、それこそが、彼らの目的なのです。

図1

 「死ね」とか「うざっ」とかいうのは、赤ちゃんの泣き声と同じ働きです。赤ちゃんは、「お腹空いた」「あたためて」「さびしい」と言葉で訴えることができません。だから、全力で不快感を泣き声に込めて訴えます。大人たちも、赤ちゃんは泣くものだと思っているから、泣いている赤ちゃんを見ると少々いらっとすることはあるかもしれませんが、「おお、どうしたの〜? おなかちゅいたの〜?」と赤ちゃん専用の言葉とイントネーションで赤ちゃんの内言を言語化しながら対応することでしょう。赤ちゃんは、私たちの感情を揺さぶることでケアする行動を引き出そうとしているのです。気になる行動や問題行動をする子どもたちも同じです。それをすることで、

ケアをしてもらおうとしている

のです。そして、さらに重要なのは、彼らは自分でもどう対応していいかわからないのです。だから、他者の支援が必要なのです。素直に「先生、困っているので助けてください」と言ってくれたら、教師としても支援のし甲斐があるというものです。しかし、それが言えないのです。「助けて」と言う代わりに「死ね」、「困っているんです」と言う代わりに「はあ?」と言うわけです。それなりに成長した子どもたちに面と向かって「死ね」と言われると、「おお、どうしたの〜、何か困っているの〜?」とはこちらも笑顔で言えないでしょう。
 しかし、教育のプロたる教師は、たとえそこでいらっとしても、教育をすることが仕事です。教師には、

子どもの暴言や問題行動を「支援要請」として捉える翻訳能力が必要

です。むしろ、その翻訳能力こそが、プロのプロたる所以でしょう。だから、適切な対応をするためには彼らのそうした行動のメカニズムを知ることが大事なわけです。

2 誤った目標に基づく行動

 アドラー心理学は、子どもたちの気になる行動や問題行動を翻訳するための重要な示唆をくれます。これらの行動を、本稿では不適切な行動と呼びます。ここまでお読みいただければわかるように、これらの行動は子どもにとっては必然の行動であり、目的そのものには悪意がありません。しかし、それは周囲にとっては、迷惑な行動になっているので不適切な行動と呼びたいと思います。

図2

 その悪意のない目的とは、居場所を見つけることです。しかし、子どもたちは、その居場所を適切な方法で見つけることができずに、不適切な方法で見つけようとする場合があります。それを、「誤った目標」をもった状態と言います。子どもたちにとっては、居場所を見つけるための指標・目標となっている行動ですが、それをし続けても本当の意味で居場所を見つけることはできず、しかも、周囲に迷惑をかけ、結果的に自分にも不利益が及ぶということで誤った目標と言います。

(1) 注目を引く
 最初は、子どもたちは注目を引こうとします。みんなと違う行動をとろうとします。大きな声で話したり、話してはいけないときに話したりします。「絵本を読むから教卓の周りに集まってごらん」と言っても来ないことがあるかもしれません。場合によっては、授業中に立ち歩くことがあるかもしれません。教師の発言の揚げ足をとって、周囲を笑わせるかもしれません。教師の方も、そうした発言で笑いが起こるのでついつい許してしまいますが、彼らは、注目を得るために人を馬鹿にするという行動をとっています。教師の発言の揚げ足をとるのは、一番笑いを誘うことができるということを知っているからです。教室で最も目立たない子の発言を取り上げても、目立つことなどできないことをちゃんと知っています。
 また、いつもよくほめられる子どもたちの中にも注意が必要な子がいます。それは、教師がいるときといないときの行動の差が大きい子です。教師の前では、掃除や係活動を一生懸命しても、教師のいないときは掃除も係活動も身が入らないような子です。その子たちは、誰かの役に立つために行動しているのではなく、ほめられるために動いています。ほめられることに価値をおいている子は、すでに不適切な行動を始めていると言っても過言ではありません。

(2) 力比べ
 この子どもたちは、相手に反抗することがあります。何か指示をすると「うるせえ!」と怒鳴ることもあれば、「なんでそんなことするんですか」と冷めたように言うこともあるでしょうが、抗うような言葉と態度で、積極的に反抗する場合と、言うことを聞かないという消極的な反抗をする場合があります。両者は、教師の言いなりにはならないというところで共通しているわけです。彼らへの注意は効果的ではありません。積極的反抗を教師にこっぴどく叱られて、消極的反抗に転化する子もいます。女子の児童生徒に見られます。こうした子どもたちは、とにかく教師の言うことを聞き入れようとしません。勝てないまでも、負けないでいようとするわけです。

(3) 仕返し
 この子どもたちは、相手をできるだけ傷つけようとします。若い男性教師は、小学校の高学年女子たちにこれをやられてしまう場合があります。ベテランの教師にも若い頃、そうした経験をもっている方がいることでしょう。そばに行くと、さっと体をよけられたり、露骨に無視をされたり、何か言うと、隣の子とひそひそ話をしたり。場合によっては、教師の触った物をさわらないというアピールをしたり、給食は教師に背を向けて食べるというようなことをします。食事する姿を見られたくない、そして、教師が食べる姿を見たくないという理由です。悪口を言うときは、人格攻撃をしてきます。相手の容姿、話し方、行動などコンプレックスだと思われるところをストライクで攻めてきます。それだけ相手をよく見ているわけです。

(4) 無能力を誇示する
 この子どもたちは、できるだけ自分がダメであることをアピールします。「見捨ててくれ」というメッセージを出します。教室ならば、何もしません。何一つ学習活動に参加せずに、ただひたすら教室にいるだけです。一日中、机に伏していることもあります。自分の無能さをアピールすることで、相手に「あなたは私にかかわる力がない無能な人だ」と伝えているわけですから、仕返しが進化した形とも言えます。

 いかがでしょうか。みなさんの教室の気になる子は、このどれかに当てはまりますか。不適切な行動は、(1)から始まり、やがて(2)、(3)、(4)へ進んでいくという捉え方がよくなされますが、実際は複合的に起こっていることもあり、単純にあの子はこのタイプ、と捉えない方がいいと思います。しかし、不適切な行動を理解するヒントにはなると思います。
 さて、こうした子どもたちにはどのような支援が必要なのでしょうか。ここからがプロの腕の見せ所です。

赤坂 真二あかさか しんじ

1965年新潟県生まれ。上越教育大学教職大学院教授。学校心理士。「現場の教師を勇気づけたい」と願い、研究会の助言や講演を実施して全国行脚。19年間の小学校勤務では、アドラー心理学的アプローチの学級経営に取り組み、子どものやる気と自信を高める学級づくりについて実証的な研究を進めてきた。2008年4月から、より多くの子どもたちがやる気と元気を持てるようにと、情熱と意欲あふれる教員を育てるために現職に就任する。
主な著書に、『資質・能力を育てる問題解決型学級経営』『最高の学級づくり パーフェクトガイド』『スペシャリスト直伝! 主体性とやる気を引き出す学級づくりの極意』『クラスがまとまる! 協働力を高める活動づくり』『教室がアクティブになる学級システム』『アクティブ・ラーニングで学び合う授業づくり』『スペシャリスト直伝!成功する自治的集団を育てる学級づくりの極意』『学級を最高のチームにする!365日の集団づくり』『信頼感で子どもとつながる学級づくり 協働を引き出す教師のリーダーシップ』『やる気を引き出す全員参加の授業づくり 協働を生む教師のリーダーシップ 』『集団をつくるルールと指導 失敗しない定着のための心得』『気になる子を伸ばす指導 成功する教師の考え方とワザ』『思春期の子どもとつながる学級集団づくり』『いじめに強いクラスづくり 予防と治療マニュアル』『スペシャリスト直伝!学級を最高のチームにする極意』『一人残らず笑顔にする学級開き 小学校〜中学校の完全シナリオ』『最高のチームを育てる学級目標 作成マニュアル&活用アイデア』『クラス会議入門』(以上、明治図書)などがある。

(構成:及川)

関連書籍
2017.02.17 update

 次年度の集団づくり戦略計画の作成はお進みですか。
 心強い味方として「学級を最高のチームにする極意シリーズ」があります。私が基本的な考え方を示した理論編と、全国の気鋭の実践が実践編を書きました。実践家の皆さんには、その実践を支える考え方と失敗しそうなポイントとそのリカバリー法も示していただきました。従って、「その人だからできる」という域を超えて広く汎用性があることでしょう。
 本シリーズのラインナップは、集団のセオリーに則って構成されています。皆さんのニーズのどこかにヒットすることでしょう。

 学級集団は、どんなに良好な状態であろうともその殆どが4月後半から6月にかけて最初の危機を迎えます。
 子どもたちがいろいろなメッセージを発してくる頃です。それを如何にうけとめてそれを彼らの成長につなげるかが危機を回避し、学級を機能させるポイントです。

 最初の危機を乗り越え、2学期以降の経営が安定するためは、教師と子どもたちの個人的信頼関係を如何に築くかにかかっています。メンバーとの個人的信頼関係の強さが、リーダーの指導力の源泉となります。リーダーとの強い絆が、子ども同士の積極的な協働のエネルギーとなります。技術論だけでは、子どもたちは主体的に行動しないのです。子どもたちのやる気に火を付けるのは、個人的信頼関係の構築にかかっています。

【個人的信頼関係の構築】『信頼感で子どもとつながる学級づくり 協働を引き出す教師のリーダーシップ 小学校編』『信頼感で子どもとつながる学級づくり 協働を引き出す教師のリーダーシップ 中学校編』

 学級はルールから崩れます。また、子どもたちのやる気に満ちた集団は、教師のパフォーマンスでも声の大きさでもなく、ルールの定着度によります。良い学級には、良いルールがあります。そのルールの具体と指導法がギッシリです。

【集団のルールづくり】『集団をつくるルールと指導 失敗しない定着のための心得 小学校編』『集団をつくるルールと指導 失敗しない定着のための心得 中学校編』

 本シリーズは、学級集団づくりの1年間の実践をまるごと見渡すことができます。しかも、理想像から始まるという極めて戦略的な構成になっています。さらに、学級づくりの定期点検ができるチェックリストがついて、定常的に同じ観点で振り返りができるようになっています。

【365日の学級集団づくりに】『学級を最高のチームにする!365日の集団づくり 1年』『学級を最高のチームにする!365日の集団づくり 2年』『学級を最高のチームにする!365日の集団づくり 3年』『学級を最高のチームにする!365日の集団づくり 4年』『学級を最高のチームにする!365日の集団づくり 5年』『学級を最高のチームにする!365日の集団づくり 6年』

 クラスでは目立った問題が起きないけれども、仲もそれほど悪くないようだけれども、授業に活気が感じられない、素直に学習しているけれども、やる気があるようには見えないというクラスが増えています。そこには、授業者である教師が見落としがちな問題が潜んでいることがあります。子どもたちのやる気を引き出し全員参加の授業を実現するにはどうしたらいいのでしょうか。そのためのアイディアが満載となっています。

【やる気を引き出す授業づくり】『やる気を引き出す全員参加の授業づくり 協働を生む教師のリーダーシップ 小学校編』『やる気を引き出す全員参加の授業づくり 協働を生む教師のリーダーシップ 中学校編』

 アクティブ・ラーニングは、単なるペアがグループを活用した交流型の学習ではありません。そして、ただ学習内容に深く触れればいいわけではありません。そこには子どもたちの主体的に学び合う姿が必要なのです。子どもたちが、生き生きとかかわりながら学ぶ授業づくりの具体例を豊富に示しました。

【アクティブ・ラーニングの視点による授業改善に】『アクティブ・ラーニングで学び合う授業づくり 小学校編』『アクティブ・ラーニングで学び合う授業づくり 中学校編』

 クラスは、係活動や当番活動などがばらばらに独立して機能するわけではありません。それぞれの活動が連動して学級を育てます。 いきいきとした活動性の高い学級集団を育てるためには、各活動を意図的に配置したデザインの質を上げることが大切です。学級で効果を上げている実際のシステムとその運用のポイントが豊富に紹介されています。

【活動性の高い学級集団を育てるためのグランドデザインに】『学級を最高のチームにする極意 教室がアクティブになる学級システム』

 「クラスがまとまらない」という話をよく耳にします。今の時代は、まとめようとしてもまとまりません。子どもたちを一定の枠に入れ込む発想は、もう時代遅れです。子どもたち一人ひとりに、協力して課題を解決する力、つまり、協働力を育てるようにします。子どもたちのつながる力を引き出す指導のステップと魅力的な活動例が豊富に紹介されています。

【クラスのまとまりを生む協働力の育成に】『学級を最高のチームにする極意 クラスがまとまる! 協働力を高める活動づくり 小学校編』『学級を最高のチームにする極意 クラスがまとまる! 協働力を高める活動づくり 中学校編』

コメントを投稿する

※コメント内ではHTMLのタグ等は使用できません。