最近の記事>教師力・仕事術
  • 秋田県大館市立扇田小学校教諭間嶋 祐樹
    • 2014/11/14
    • 教育オピニオン
    • 教師力・仕事術
    1.返ってこないあいさつ
    次の文章は,私のかつての教え子が書いたものである。
    間嶋祐樹先生が初任者時代のことである。
    「おはようございます」
    先生の第一声が教室に響く。しかし、それに答える子はほとんどゼロ。特に女子数名は、先生が入ってきてもお構いな...
  • 私立暁星小学校教諭安次嶺 隆幸
    • 2014/10/31
    • 明治図書最新電子書籍情報
    • 教師力・仕事術
    現在明治図書オンラインで半額キャンペーン開催中の【電子書籍】について、『100の格言シリーズ』等の人気著者でありICTへの造詣も深い安次嶺隆幸先生へインタビューをさせて頂きました。
    画像=電子書籍半額キャンペーン - 明治図書オンライン]
    安次嶺 隆幸...
  • マスターしたい指導技術集(19)
    京都文教大学准教授大前 暁政
    • 2014/10/15
    • マスターしたい指導技術集
    • 教師力・仕事術
    A君は、教師の言うことを聞かなくて困るんですよ。
    こんな相談を受けたことがありました。
    よく話を聴いてみると、望ましい行動を教師は示すのですが、A男は決して従わないというのです。
    仕方ないので、担任がA男の保護者にお願いすることもあったそうです。
    「...
  • 兵庫県明石市立二見西小学校溝端 達也
    • 2014/10/15
    • 教育オピニオン
    • 教師力・仕事術
    1 校内サークルを立ち上げる
    私の勤務校では校内サークルを立ち上げ、活動を始めている。「算数研修部会」という名称であるが、内容は向山型算数が中心で、次のようなことを扱っている。
    ●百玉そろばんのユースウエア
    ●TOSSかけ算九九尺のユースウエア
    ●3年...
  • 追手門学院小学校講師多賀 一郎
    • 2014/9/17
    • 著者インタビュー
    • 教師力・仕事術
    今回は多賀一郎先生に、新刊『学級担任のための「伝わる」話し方』について伺いました。
    多賀 一郎(たが いちろう)
    神戸大学教育学部卒。附属住吉小学校を経て、私立甲南小学校に31年間勤める。現在、私立追手門学院小学校講師。元日本私立小学校連合国語部...
  • 京都府文化政策課越智敏洋
    • 2014/9/16
    • 教育オピニオン
    • 教師力・仕事術
    1 「教師のイロハ」がわからない
    遊び倒した学生時代。先生になりたくて入った教育大だったが、学ぶ間もなく終わってしまった。
    それでも4月はやって来て、4年生担任となった。「先生、先生」と子どもたちは寄ってくる。しかし、私には先生になったという自覚がな...
  • マスターしたい指導技術集(18)
    京都文教大学准教授大前 暁政
    • 2014/9/15
    • マスターしたい指導技術集
    • 教師力・仕事術
    「経験の少ない教師の元で、なぜか、しっかりとした子どもが育っている。」
    現場では、時にこのような状態が見られます。これはいったいなぜなのでしょうか。
    教師は、学級のリーダーです。ですから、リーダーシップを発揮して子どもたちを導かなくてはなりません...
  • 山口県下関市立勝山小学校教諭福山 憲市
    • 2014/8/28
    • 著者インタビュー
    • 教師力・仕事術
    今回は福山憲市先生に、新刊『20代からの教師修業の極意〜「出会いと挑戦」で教師人生が大きく変わる〜』について伺いました。
    福山 憲市(ふくやま けんいち)
    1960年山口県下関市生まれ。広島大学卒業。下関市立勝山小学校教諭。現在、「ふくの会」という...
  • 山口県下関市立川棚小学校林 健広
    • 2014/8/15
    • 教育オピニオン
    • 教師力・仕事術
    1 若い人ほど本を読もう、外に出よう
    せっかくの夏休みだ。本を読もう。外に出よう。
    今から13年前。私は、山口県岩国市で新採教師であった。ハス田が広がる美しい町だ。夏休み前、同僚の先生に声をかけられた。「林君、一緒に行かないか?TOSSの河田先生って...
  • マスターしたい指導技術集(17)
    京都文教大学准教授大前 暁政
    • 2014/8/15
    • マスターしたい指導技術集
    • 教師力・仕事術
    学級で、何らかの問題行動があったとします。
    例えば、友達の失敗を馬鹿にしたり、真面目にやっている友達をからかったりするような言動が見られるとしましょう。
    このようなとき、二つの方向で指導するのが「定石」です。
    一つは、何らかの問題に対し「対処療...