関連記事
この記事に関連する記事の検索結果
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • 特集 子どもの心の声を引き出す“発問の極意”
  • 論説/道徳授業における“発問の極意”
  • 発問の構成と話し合いの深め方について
書誌
道徳教育 2013年7月号
著者
和井内 良樹
ジャンル
道徳
本文抜粋
一発問の役割  「板書カードで提示しながら、発問を投げかけていったら、子どもはそれなりに発言していたけれど、何か深まった感じがしない………
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 子どもの心の声を引き出す“発問の極意”
  • 発問の構造化:有名資料で発問づくり
  • 中学校/有名資料:「銀色のシャープペンシル」で発問づくり
書誌
道徳教育 2013年7月号
著者
笠 聡一郎
ジャンル
道徳
本文抜粋
「銀色のシャープペンシル」は、平成5年に文部省『道徳教育推進指導資料(指導の手引き)3 中学校 読み物資料とその利用』に掲載された作品である。そして、教育出版『中学道徳 心つないで1』の最新版にも継続…
対象
中学校
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 子どもの心の声を引き出す“発問の極意”
  • ケース別・子どもの声を引き出す発問の極意
  • 子どもの問題意識を引き出す導入での発問の極意
書誌
道徳教育 2013年7月号
著者
西村 嘉人
ジャンル
道徳
本文抜粋
一学級担任が行う道徳の授業 道徳の授業は学級担任が行う。当たり前のことなのだが、ときどき、初任者指導の示範授業などで道徳の授業をするようになって、やはり道徳の授業は学級担任と子どもがつくるものであると…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 子どもの心の声を引き出す“発問の極意”
  • ケース別・子どもの声を引き出す発問の極意
  • 資料への興味・関心をもたせる発問の極意
書誌
道徳教育 2013年7月号
著者
中村 眞理子
ジャンル
道徳
本文抜粋
一はじめに 〇なぜ、資料へ興味・関心をもたせることが必要なのか。 目の前の子どもたちは、多種多様である…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 子どもの心の声を引き出す“発問の極意”
  • ケース別・子どもの声を引き出す発問の極意
  • 子どもが考えてみたくなる場面での発問の極意
書誌
道徳教育 2013年7月号
著者
鈴木 康裕
ジャンル
道徳
本文抜粋
前提は学級づくり(支持的風土を) 教室内に、共感的に受け止める雰囲気が育っていなければ、勇気を奮って発表したとしても心地良さや満足感どころか違和感や苦痛すら感じるものだ。次第に誰も発信しなくなるし、深…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 子どもの心の声を引き出す“発問の極意”
  • ケース別・子どもの声を引き出す発問の極意
  • 一人の発言を次につなげる発問の極意
書誌
道徳教育 2013年7月号
著者
藤澤 美智子
ジャンル
道徳
本文抜粋
一はじめに 「話し合いを深めるために発問を工夫しても、なかなか深めることができません」研修会で参加者から質問をとると、多く出されるのが、このような悩みである。道徳の研究を重ねている方も、また、経験が浅…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 子どもの心の声を引き出す“発問の極意”
  • ケース別・子どもの声を引き出す発問の極意
  • 自分を振り返らせる発問の極意
書誌
道徳教育 2013年7月号
著者
栗原 利夫
ジャンル
道徳
本文抜粋
一はじめに 「道徳の時間」の教科化の検討もはじまったが、子どもたちの「道徳の時間」に対する意識は、一般論だが、学年が上がるごとに低調な傾向がある。規範意識の低下が問題とされる今こそ、道徳教育の重要性が…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 子どもの心の声を引き出す“発問の極意”
  • ケース別・子どもの声を引き出す発問の極意
  • 子どもの考えをまとめる終末での発問の極意
書誌
道徳教育 2013年7月号
著者
東風 安生
ジャンル
道徳
本文抜粋
1終末での多様な学習指導 終末のねらいは、導入・展開で学習してきた道徳的価値に対する思いや考えをまとめたり温めたりすることである。また、今後の自らの生活で道徳的実践力が発揮されて、実際の道徳的な実践が…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 子どもの心の声を引き出す“発問の極意”
  • 授業がさらに深まる切り返し発問の極意
  • 建て前的な発言が続いている場面―切り返しのポイント
書誌
道徳教育 2013年7月号
著者
河野 保
ジャンル
道徳
本文抜粋
発問で一人一人の心の表出を 授業。それは一人一人を基盤とした学び合いである。一人の発言が他の児童の思考に波及し、次々に全体の思考が深まっていくという醍醐味がある…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 子どもの心の声を引き出す“発問の極意”
  • 授業がさらに深まる切り返し発問の極意
  • 同じ意見しか出てこない場面―切り返しのポイント
書誌
道徳教育 2013年7月号
著者
大久保 隆一
ジャンル
道徳
本文抜粋
切り返せなかった授業 こんな経験をしたことがある。 運動会の選手決めを目前に控えた道徳の授業で「選手に選ばれて」(東京書籍『明日をひらく1』)を教材に授業を行ったときのことだ。教材のあらすじはこうであ…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 子どもの心の声を引き出す“発問の極意”
  • 授業がさらに深まる切り返し発問の極意
  • 特定の児童ばかりが発言している場面―切り返しのポイント
書誌
道徳教育 2013年7月号
著者
瀬戸山 博子
ジャンル
道徳
本文抜粋
一はじめに 「先生、わかった!!」目をきらきらさせながら、いつもは発言しない児童が手を精一杯伸ばし、あててくれと言わんばかりに挙手をする。そんな光景に出合うと平静な顔をしながら、心の中は天にも昇る気分…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 子どもの心の声を引き出す“発問の極意”
  • 授業がさらに深まる切り返し発問の極意
  • 子どもの発言の根拠を引き出したい場面―切り返しのポイント
書誌
道徳教育 2013年7月号
著者
生稲 勇
ジャンル
道徳
本文抜粋
1思いつき発言大歓迎 「あなたのクラスの子どもたちは、積極的に発言しますか?」 私が担当する学級では、うるさいくらいに手が挙がります。指名してほしくて、さまざまなアピールをしてくるほどです。だからと言…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 子どもの心の声を引き出す“発問の極意”
  • 実践/“この発問”で子どもの声を引き出した道徳授業
  • 中学校:「発問」は配置にひと工夫
書誌
道徳教育 2013年7月号
著者
合田 淳郎
ジャンル
道徳
本文抜粋
1授業を作ることと「発問」 私が道徳授業を作る時、まず最初に取りかかるのが資料探しです。 生徒の実態を踏まえ、見つけた資料をどう活用するのかを考えます…
対象
中学校
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 東日本大震災と道徳―10年後の今,子どもに伝えたいこと
  • 講話,説話,朝の会… 震災を知らない子どもたちに,今,語る話
  • 無人の町に立つ
書誌
道徳教育 2021年3月号
著者
原口 栄一
ジャンル
道徳/指導方法/授業研究
本文抜粋
二〇一一年三月十一日,マグニチュード九・〇の東日本大震災が起きました。岩手県,宮城県,福島県を中心に地震や津波の大きな被害がありました。しかし,この大地震は,ある広い地域の人たちにもう一つの大きな災害…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 板書例でよくわかる! 「現代的な課題」に立ち向かう授業
  • 板書例でよくわかる! 「現代的な課題」に立ち向かう道徳授業
  • 中学校/〔防災教育〕教材名「はしれ、上へ! つなみてんでんこ」
  • 自分の命を守るために「つなみてんでんこ」
書誌
道徳教育 2017年2月号
著者
原口 栄一
ジャンル
道徳
本文抜粋
教材のあらすじ 「ぼく」は、日頃から祖父に「津波になったら“つなみてんでんこ”だ。自分の命は自分で守れ」という教えを受けていた。二〇一一年三月十一日、東日本大震災が発生した。「ぼく」は小学校で五時間目…
対象
中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 誰もが語りたくなる道徳説話83のネタ
  • 内容項目別 誰もが語りたくなる道徳説話83のネタ
  • 中学校
  • 「我が国の伝統と文化の尊重、国を愛する態度」「国際理解、国際貢献」「生命の尊さ」「自然愛護」
書誌
道徳教育 2016年12月号
著者
原口 栄一
ジャンル
道徳
本文抜粋
【国を愛した二人の偉人にかかわるネタ】 鹿児島県は江戸時代には薩摩藩と呼ばれていました。関ヶ原の戦い以降、敵方として幕府から嫌がらせを受け、けっこう苦労しましたが、ついに幕府を倒しました。 その中心人…
対象
中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 「考える道徳」への授業改善ワンポイント集
  • 「考える道徳」に変えるワンポイントアイデア集
  • グループ活動・書く活動編
  • 〔中学校〕「書く活動」はワークで必修にし、さらにそれを資料にするアイデア
書誌
道徳教育 2016年3月号
著者
原口 栄一
ジャンル
道徳
本文抜粋
1書く活動は必修 私が道徳の授業を行うときは、ほとんどの場合ワークを用意する。それは、生徒が自分の考えを書く時間をつくるためだ。では、書かせるためにはどうするか。考えに足る発問を用意する(これが難しい…
対象
中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 東日本大震災を道徳授業でどう取り上げるか
  • 東日本大震災をテーマにした厳選資料
  • 〔中学校〕資料名:黒い袋
  • 福島第一原子力発電所事故から放射性廃棄物処理を考える
書誌
道徳教育 2015年3月号
著者
原口 栄一
ジャンル
道徳
本文抜粋
東日本大震災の道徳授業をつくる  千年に一度と言われる大災害となり、死者行方不明者も一万八千人を越えた。その遺族の悲しみも未だに癒えず、仮設住宅に入居している人たちも多い。そんな社会環境の中で、どのよ…
対象
中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 全員を授業に引き込む“お手軽アイデア66”
  • 全員を授業に引き込む“お手軽アイデア”
  • ICT活用編
  • (65)校内放送システムを使って学年道徳授業/(66)パワーポイントで資料に動きをつける
書誌
道徳教育 2014年10月号
著者
原口 栄一
ジャンル
道徳
本文抜粋
学年全クラスで、修学旅行前の動機付けになる授業を行うということで、放送室からマイクで音声を、ビデオ再生機器で動画を学年に一斉送信して平和を考える道徳授業を行いました。タイトルは「核戦争」でした。その際…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 教室で育む“対人関係力”飛躍プラン
  • かかわり合う力を高める=“内容項目”&“オススメ資料”
  • 「国際理解」・資料「東日本大震災の支援をしてくれた国と友だち」でかかわり合う力を高める
書誌
道徳教育 2012年9月号
著者
原口 栄一
ジャンル
道徳
本文抜粋
東日本大震災が発生した2011年3月11日、東北地方太平洋岸は大津波に襲われた。原発も爆発した。多くの人々が助けを求めた。そんな時、世界はどう動いたか。そのことを教材として残したい。そして、生徒たちの…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ