関連記事
この記事に関連する記事の検索結果
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第10回)
  • 母語との気づきと外国語の熟達度の関係
書誌
国語教育 2014年1月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第12回)
  • 子どもたちの知的基盤を充実させるための国語教育をめざして
書誌
国語教育 2014年3月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
いよいよ最終講となりました。第1講「『大津』って、だれ?」から11回にわたって、『国語教育』誌にとってはかなり異色の考えにもとづく国語教育観とその実践についてお話してきました…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第11回)
  • 母語への気づきと書く力との関係
書誌
国語教育 2014年2月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
前回の演習問題 いつものように前回の演習問題から考えることにしましょう。こういう問題でした。  現行の学習指導要領では、ことばの力(言語力)を教科横断的に育成することになっています。つまり、ことばを直…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第9回)
  • ことばへの気づきの発達
書誌
国語教育 2013年12月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
「言いたがり屋」の日本語 前回の演習問題から始めましょう。こういう問題でした。 英語では(1)のような言い方ができます…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第8回)
  • ことばへの気づきを基盤にした言語教育
書誌
国語教育 2013年11月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
東京オリンピック招致のためのプレゼンテーションを観て 2020年の夏季オリンピック・パラリンピックの東京開催が決まりましたが、その招致合戦の最終局面でのプレゼンテーションをテレビでご覧になったかたも多…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第7回)
  • 外国語によって母語を相対化する
書誌
国語教育 2013年10月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
前回の演習問題  今回も、前回出しておいた演習問題について考えながら話を進めましょう。なお、例文番号は今回用に新たにします…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第6回)
  • あいまい性について考えながら、英語にも思いを馳せる
書誌
国語教育 2013年9月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
前回の演習問題をネタにしながら 今回は、前回出しておいた演習問題について考えながら話を進めましょう。なお、例文番号は今回用に新たにします…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第5回)
  • 誤解を生まないようにするには
書誌
国語教育 2013年8月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
対岸の火事、続報 前回の冒頭で、自民党の教育再生実行本部の動きに触れましたが、その動きに呼応するように、政府の教育再生実行会議も英語教育についての提言を始めたことはマスコミでかなり大きく報道されていま…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第4回)
  • 応用がきくよう規則を学んでことば運用の達人になろう
書誌
国語教育 2013年7月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
みなさん、いかがお過ごしですか。この連続講義も今回で第4講、だいぶ、わたくしの語り口にも慣れてきたのではないでしょうか…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第3回)
  • 「ことばの普遍性」なんて信じられますか?
書誌
国語教育 2013年6月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
グローバル化とことば 「グローバル化」ということをしばしば耳にします。ウィキペディアで「グローバル化」(項目名:「グローバリゼーション」)を引くと、「社会的あるいは経済的な関連が、旧来の国家や地域など…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第2回)
  • 「ことば」ってなに?
書誌
国語教育 2013年5月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
前回は突飛な出だしで失礼いたしました。今回もまた、突飛な話で始めたいと思います。最近、後ろ向きな(ネガティブな)言い方を前向きな(ポジティブな)言い方に変換する辞書が話題になっているようですね…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • ことばを学ぶ・ことばを教える (第1回)
  • 「大津」って、だれ?
書誌
国語教育 2013年4月号
著者
大津 由紀雄
ジャンル
国語
本文抜粋
わたくしの関心事 いきなり、すっとぼけたタイトルで、すみません。でも、本誌の読者の多くはわたくしのことをご存じないと思います。どこの、だれだか、わからない書き手が1年間の連載を始めようというのですから…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 国語授業の情報スクランブル (第3回)
  • 200字ツイッター
書誌
国語教育 2013年1月号
著者
後藤 武士・小森 茂・大津 由紀雄・永原 啓嗣・渡辺 大祐・岩下 修
ジャンル
国語
本文抜粋
私は、総論の一部賛成、各論?。「一助詞について」。その「薯でできた焼酎」VS「薯からできた焼酎」という例文対比は適切か。例えば「麦で、米で、粟で等VSからできた焼酎」等では、前者の「で」は、元々表現と…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全5ページ (50ポイント)
  • 特集 漢字指導の方法スキル=何でも検索事典
  • 良い知恵あったら教えて! どうする?配当漢字にない名前の子の表記
書誌
国語教育 2012年11月号
著者
大津 由紀雄・野口 芳宏・佐藤 民男・明石 要一・高鷲 忠美・江副 隆秀
ジャンル
国語
本文抜粋
わたくしの名前は「由紀雄」ですが、「由紀夫」「由起雄」「由規雄」「由規夫」をはじめ、様々な形で誤記されます。「雪男」にされてしまったこともあります。こういう誤記は問題ですが、「由紀雄」が「ゆきお」と表…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • AIに負けない「読解力」を考える (第4回)
  • 「読む」という行為の捉え方と「○○力」がもたらす転倒
書誌
国語教育 2020年7月号
著者
渡辺 貴裕
ジャンル
国語/教育学一般
本文抜粋
1 「読解力」騒動  「これが読解力だ」と示されたらそれに飛びつき,「読解力が低い」と言われるとそれに振り回され対策に躍起になる。新井紀子氏による『AIvs. 教科書が読めない子どもたち』(東洋経済新…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 論理的に「考える国語」の授業づくり (第4回)
  • 「思考のズレ」からの単元を見通した「問い」
書誌
国語教育 2020年7月号
著者
白石 範孝
ジャンル
国語/指導方法/授業研究
本文抜粋
1 「課題」から「問い」 子どもが学習に対して主体的になるには,子ども自身が「解決したい」「知りたい」といった強い欲求を持つことが重要である。この欲求が,課題から生まれる「思考のズレ」からの「問い」で…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 主体的・対話的で深い学びを実現する学習課題&発問モデル (第4回)
  • 批判的読み(クリティカル・リーディング)を取り入れて
書誌
国語教育 2020年7月号
著者
吉川 芳則
ジャンル
国語/指導方法/授業研究
本文抜粋
1 説明的文章でこそ批判的読みを 現代社会では玉石混淆の情報がインターネットを中心に溢れている。多くは説明的文章で表現されているそれらの情報を適切に評価・吟味する読み方,読みの力はますます重要になる…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • クラス全員が達成感を味わう! DOI流 国語教室づくり (第4回)
  • 説明文
  • 「積み上げ」と「気付き」の説明文指導(後編) 「気付き」の指導
書誌
国語教育 2020年7月号
著者
土居 正博
ジャンル
国語/指導方法/授業研究
本文抜粋
「気付き」の説明文授業について 前号にて,説明文の指導では,子ども達に指導内容の「積み上げ」と「気付き」の二点を促すことが重要であること,そして「積み上げ」の指導について実践紹介を交えて詳しく述べた…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 野口芳宏の国語授業四方山ばなし (第4回)
  • 輿水実先生との出会い(上)
  • 中村敦雄先生の博士論文と「国語教育の近代化」の会
書誌
国語教育 2020年7月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
1 中村敦雄先生の博士論文 都立高校教諭から群馬大学教授,現在は明治学院大学教授を務められ,日本読書学会奨励賞,群馬大学ベストティーチャー賞優秀賞などを受賞されている学究の中村先生が,この度教育学博士…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • わが県の国語ソムリエ (第99回)
  • 広島県
書誌
国語教育 2020年7月号
著者
難波 博孝
ジャンル
国語
本文抜粋
広島県ソムリエとして,広島県の中堅の小中高教員を紹介する。 まず,尾道市立高須小学校の釜山祐幸教諭である。釜山教諭は2020年2月に,広島大学附属小学校の公開研究会におけるシンポジウムにおいて,「論理…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • AIに負けない「読解力」を考える (第3回)
  • 「教科書が読めない」に踊らされた大人たち
書誌
国語教育 2020年6月号
著者
渡辺 貴裕
ジャンル
国語/教育学一般
本文抜粋
1 「教科書が読めない」!?  新井紀子氏の『AIvs. 教科書が読めない子どもたち』(東洋経済新報社,二〇一八年二月)は,本リレー連載第一回でも触れられていたように,社会に大きな反響を呼んだ。また…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ