※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • 特集 “同じ教材”で学力差が出る深〜い理由
  • すぐれた教材をすぐれた活用方法(ユースウェア)で授業する
書誌
教室ツーウェイ 2014年1月号
著者
向山 洋一
本文抜粋
すぐれた教材とひどい教材がある。すぐれた教材を使えば、効果は抜群である。 二十年以上昔は、「漢字・計算」の練習教材は「ドリル」しかなかった。「横長」の問題がいっぱいつまった教材である。この教材は、「重…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 “同じ教材”で学力差が出る深〜い理由
  • エビデンスが示す子どもが変化した事実
  • 自分自身への趣意説明
書誌
教室ツーウェイ 2014年1月号
著者
石坂 陽
本文抜粋
指導の意味を自分自身に説明できてこそ、その指導は大きな効力を発揮する。  一 漢字テスト平均99点超え…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 “同じ教材”で学力差が出る深〜い理由
  • エビデンスが示す子どもが変化した事実
  • 「正しいユースウェアが学力をつける」ことを証明する「漢字」「視写」教材のエビデンス
書誌
教室ツーウェイ 2014年1月号
著者
根本 直樹
本文抜粋
実践しただけではエビデンスにならない。毎回毎回、意図的に記録を取ることだ。漢字のテスト、10分間視写の文字数などを、毎回毎回記録したことで見えてくることがある。また、実践が研究的になる。このような「数…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 “同じ教材”で学力差が出る深〜い理由
  • Aの方法とBの方法 なぜ結果が出るのか、出ないのか
  • 【漢字・計算は宿題にしない】私の実感 宿題にして宝をドブに捨てる使い方から授業の中で伸びを実感する使い方へ
  • 宿題で何十回繰り返しても漢字テストで百点を取る事はなかった事実
書誌
教室ツーウェイ 2014年1月号
著者
赤木 雅美
本文抜粋
発達障害の児童に力を付ける教材 支援学級在籍の太郎君にあかねこ漢字スキルを採用した。入学当初、太郎君はひらがなの読み書きは「ゼロ文字」、自分の名前も書けなかった。そんな太郎君に漢字を指導するのには、一…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “同じ教材”で学力差が出る深〜い理由
  • Aの方法とBの方法 なぜ結果が出るのか、出ないのか
  • 【漢字・計算は宿題にしない】私の実感 宿題にして宝をドブに捨てる使い方から授業の中で伸びを実感する使い方へ
  • ユースウェア通りの指導で子供の最大限の力を引き出す
書誌
教室ツーウェイ 2014年1月号
著者
久野 歩
本文抜粋
我流の漢字指導 「先生、正直に言って、うちのAを特別支援学級に入級させるか悩んでいます」 4月の個人面談でA君の母親は絞り出すような声で言っていた…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “同じ教材”で学力差が出る深〜い理由
  • Aの方法とBの方法 なぜ結果が出るのか、出ないのか
  • 【漢字の答え合わせは教師がする?】私の実感 時間ばかりかかる使い方から間違いを子どもが納得できる使い方へ
  • 答え合わせは子ども同士でさせる
書誌
教室ツーウェイ 2014年1月号
著者
細羽 朋恵
本文抜粋
一 子ども同士で答え合わせをさせる 週一回の漢字テストは、隣同士答案を交換させて、答え合わせをさせる。この時、次のように話しておく…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “同じ教材”で学力差が出る深〜い理由
  • Aの方法とBの方法 なぜ結果が出るのか、出ないのか
  • 【漢字の答え合わせは教師がする?】私の実感 時間ばかりかかる使い方から間違いを子どもが納得できる使い方へ
  • 「教師の丸つけ」より、「子どもの丸つけ」の方が、効果が高い
書誌
教室ツーウェイ 2014年1月号
著者
千葉 雄二
本文抜粋
子どもが向上する時を向山洋一氏は二点あげている。(向山洋一全集35巻) @できないことに挑戦するということがはっきりしている時…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “同じ教材”で学力差が出る深〜い理由
  • Aの方法とBの方法 なぜ結果が出るのか、出ないのか
  • 【漢字のまとめ50問テスト】私の実感 結果ボロボロの悲惨な指導法から力が定着する向山型ユースウェアへ
  • 平均90点を突破する50問テストの実施方法
書誌
教室ツーウェイ 2014年1月号
著者
平山 勇輔
本文抜粋
一 テスト問題を事前に渡す 漢字のまとめ50問テストをする時、次のような実施方法があると思われる…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “同じ教材”で学力差が出る深〜い理由
  • Aの方法とBの方法 なぜ結果が出るのか、出ないのか
  • 【漢字のまとめ50問テスト】私の実感 結果ボロボロの悲惨な指導法から力が定着する向山型ユースウェアへ
  • 子どもに力をつけさせるのは教師の仕事
書誌
教室ツーウェイ 2014年1月号
著者
阿部 梢
本文抜粋
教師一年目。どのように漢字まとめ五十問テストを扱ってよいのか分からず、各地域で開催される様々なセミナーに参加していた頃。静岡で行われた、伴一孝先生のセミナーに参加した。その時、漢字まとめ五十問テストの…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “同じ教材”で学力差が出る深〜い理由
  • Aの方法とBの方法 なぜ結果が出るのか、出ないのか
  • 【計算スキルで全員100点に!】私の実感 力がつかずに教室の空気がにごる使い方から全員が100点でバンザイと叫ぶ使い方へ
  • ユースウェアの定期点検
書誌
教室ツーウェイ 2014年1月号
著者
山崎 克洋
本文抜粋
一 我流が生み出した暗い雰囲気 あかねこ計算スキルを初めて採用できた時、それは宝物を手に入れたようなそんな喜びでいっぱいだった…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “同じ教材”で学力差が出る深〜い理由
  • Aの方法とBの方法 なぜ結果が出るのか、出ないのか
  • 【市販テストの採点と返し方】私の実感 かえって有害な使い方から教師も楽で子どもも伸びる使い方へ
  • 「その場で採点」と「答えを配るタイミング」の工夫で学力向上
書誌
教室ツーウェイ 2014年1月号
著者
塩谷 直大
本文抜粋
テストの採点と返却は、教師の日常にとって実にささやかな場面だ。しかし、ちょっとした工夫をすることで、子どもたちの学力向上につながる重要な場面になる…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “同じ教材”で学力差が出る深〜い理由
  • Aの方法とBの方法 なぜ結果が出るのか、出ないのか
  • 【市販テストの採点と返し方】私の実感 かえって有害な使い方から教師も楽で子どもも伸びる使い方へ
  • テスト時間内に採点・返却・直しを完了させる
書誌
教室ツーウェイ 2014年1月号
著者
上木 信弘
本文抜粋
数年前、市販テストの採点と返し方について、4年生にアンケートをとった。 採点した市販テストを返す時期について、「実施したテスト時間内」と「翌日以降」のどちらがよいか尋ねた…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “同じ教材”で学力差が出る深〜い理由
  • Aの方法とBの方法 なぜ結果が出るのか、出ないのか
  • 【フラッシュカードの効果抜群法】私の実感 なぜか間延びしてだらだらする使い方から教室熱中!一人残らず巻き込まれる使い方へ
  • 使うだけで効果がある。ポイントを押さえれば、効果が倍増する
書誌
教室ツーウェイ 2014年1月号
著者
井戸 砂織
本文抜粋
英会話授業では必ずフラッシュカードを使っている。できないことがあると怒り出すことがあったA君もフラッシュカードが大好きだった。フラッシュカードでは、英語を簡単に覚えることができるからである…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “同じ教材”で学力差が出る深〜い理由
  • Aの方法とBの方法 なぜ結果が出るのか、出ないのか
  • 【フラッシュカードの効果抜群法】私の実感 なぜか間延びしてだらだらする使い方から教室熱中!一人残らず巻き込まれる使い方へ
  • 練習を繰り返し、授業開始から子どもを巻き込もう!
書誌
教室ツーウェイ 2014年1月号
著者
服部 賢一
本文抜粋
1 開始の言葉を削る フラッシュカードを始める際、余計な言葉は必要ない。 S社から発売されている「都道府県フラッシュカード」を例にとろう。使うカードは「四国地方」である…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “同じ教材”で学力差が出る深〜い理由
  • Aの方法とBの方法 なぜ結果が出るのか、出ないのか
  • 【ソーシャルスキルかるた・五色百人一首】私の実感 すぐにマンネリ化する使い方からやりたい「コール」が起き続ける使い方へ
  • 共に、発達障がいのある児童にとって優しい教材である
書誌
教室ツーウェイ 2014年1月号
著者
近江 利江
本文抜粋
一 ユースウェア付きのスーパー教材 小学校に入学した時に必要なソーシャルスキル(社会生活技能)をかるた遊びを通して自然に身に付けられるようにと開発された「TOSS五色ソーシャルスキルかるた」は、多くの…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “同じ教材”で学力差が出る深〜い理由
  • Aの方法とBの方法 なぜ結果が出るのか、出ないのか
  • 【ソーシャルスキルかるた・五色百人一首】私の実感 すぐにマンネリ化する使い方からやりたい「コール」が起き続ける使い方へ
  • 教師自身が楽しそうにしているかが決め手
書誌
教室ツーウェイ 2014年1月号
著者
神谷 祐子
本文抜粋
一 マンネリ化する使い方 五色百人一首やソーシャルスキルかるたは、その教材自身がすぐれているので、たいていは子ども達が熱中するし、マンネリ化することもほとんどない。しかし、あまりにもひどい使い方をする…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “同じ教材”で学力差が出る深〜い理由
  • あなたの授業のエビデンスレベルを上げる
  • 《国語》読み、書き、漢字、それぞれのエビデンスレベルの上げ方
書誌
教室ツーウェイ 2014年1月号
著者
小貫 義智
ジャンル
国語
本文抜粋
1 漢字の定着率を上げる 漢字の定着率は、教師が最も負担なく示せるエビデンスの一つだ。 授業中に『あかねこ漢字スキル』を使い、毎日五分程度の指導を行う。結果、毎回のテストでクラスのほとんどの子が百点を…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “同じ教材”で学力差が出る深〜い理由
  • あなたの授業のエビデンスレベルを上げる
  • 《算数》算数のエビデンスの王道は「クラス平均90点突破」
書誌
教室ツーウェイ 2014年1月号
著者
木村 重夫
ジャンル
算数・数学
本文抜粋
算数科の最も明快で公正なエビデンスはこれである。 クラス平均90点突破 「子どもに考えさせる」として、教科書を見せない算数問題解決学習の授業がよいかどうかは「クラス平均90点突破」したかどうかを検証す…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “同じ教材”で学力差が出る深〜い理由
  • あなたの授業のエビデンスレベルを上げる
  • 《社会》三観点それぞれに向上が自覚・説明できる取り組みがある
書誌
教室ツーウェイ 2014年1月号
著者
桜木 泰自
ジャンル
社会
本文抜粋
保護者会で数値を示して説明できる状態をイメージして、以下に述べる。 1 都道府県名と位置のテスト
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 “同じ教材”で学力差が出る深〜い理由
  • あなたの授業のエビデンスレベルを上げる
  • 《理科》「子どもの事実」と「教師の腹の底からの確かな手応え」こそ最強のエビデンスとなる
書誌
教室ツーウェイ 2014年1月号
著者
吉原 尚ェ
ジャンル
理科
本文抜粋
一 具体的事実で教育を語る 教育の話を一般の方とする機会が増えてきた。「理科嫌いが増えているって本当なんですか?」こうした話題に自分自身の実践を具体的に伝えられなければならない。その場しのぎのリップサ…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ