詳細情報
書誌
実践国語研究 2002年9月号
著者
坂口 幸恵
ジャンル
本文抜粋
一 はじめに  学びて時にこれを習ふ、また説ばしからずや。 朋遠方より来たるあり、また楽しからずや。  これは『論語』に掲載されている、孔子の言葉である。私たち「説楽会」の名前の由来はここにある。同じ志をもった国語教師が、新しい国語科教室を創ることを目標に「説楽会」は発足したのである。毎月第三土曜日…
対象
小学校中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
ページトップへ