著者インタビュー
新刊書籍の内容や発刊にまつわる面白エピソード、授業に取り入れるポイントなどを、著者に直撃インタビューします。
こんなときどうする?発達が気になる子への指導・支援Q&A100
発達支援教室ビリーブ代表加藤 博之
2020/5/1 掲載
今回は加藤博之先生に新刊『こんなときどうする?発達が気になる子への指導・支援Q&A100』について伺いました。

加藤 博之かとう ひろゆき

筑波大学大学院教育研究科修了。埼玉県内の小学校・特別支援学校及び昭和音楽大学の専任教員を経て,現在,発達支援教室ビリーブ代表。文教大学非常勤講師。学校心理士。ガイダンスカウンセラー。認定音楽療法士。

―本書は、「発達が気になる子に対する100のQ&A」という内容ですが、本書のねらいをどうぞ教えてください。

 子どもの発達支援を専門にしている関係で、多くの方から「こんなときどうすればよいのか?」という質問を受けます。その際、先人から学んだ発達や障害の知識、及び数多くの子どもや保護者から直接学んだ経験をもとに、相手に寄り添った回答を目指してきました。本書は、このようなやりとりの中から、特によく聞かれる質問を中心にまとめてみました。考え方のバリエーションが100もあり、それだけ多くの引き出しから取り出しやすくなっています。できるだけハウツー的なものにならないよう、回答を読みながら、皆さんの子どもとのかかわり方のエッセンスが見いだせればよいと考えています。

―本書のQ&Aの質問内容は、いろいろな領域に分かれていますが、それらはどのような理由で設定したのですか。

 質問内容は非常に多岐にわたっています。一見バラバラに見えますが、実はそれぞれが密接に結びついています。例えば「感覚・運動」の「音に敏感」「人に触れられることが苦手」「姿勢の保持が難しい」という子どもは、どうしても身体の動きが増え、イライラしやすくなります。このことから、運動面と情緒・行動面は深く関係していることが見えてきます。子育ては、どこか1つに注目するのではなく、いろいろな面をトータルで見ることが大事なのです。

―「Q&A」という形式のメリットと難しさについて教えてください。

 子育てに取扱説明書があったら便利なのかも知れません。しかし実際には、全員にぴったり合うものは存在しません。よい方法は、子どもの数だけあるのです。ただし「よくないこと」は比較的共通しています。本書では、「こうするとよい」と「こうすべきではない」ということの双方を述べています。実は、間違った子育て観・教育観を1つずつ減らしていけば、いつの間にか子どもがよく育っているということも多々見られます。その意味では、読者の方が「自分はこれでよいのか」というように、自分自身を振り返るよい機会にもなるでしょう。

―先生が、子どもの教育や子育てにおいて、特に大事にしていることを教えてください。

 ややもすると、私たちは子どもたちに「課題を早く解決する」ことを求めてしまいます。しかし、実際にはすぐに解決することばかりではなく、多少時間はかかっても、よりよい答えを導き出すことも大事な力となってきます。その意味で、大人自身も子育てにおいて結果を焦らないことが大切です。なかなか解決できない問題に対し、時間をかけて、宙ぶらりんの状態を楽しむくらいに考えることが、実はよい結果につながることもあるのです。「何とかなるさ」で、いつの間にか子どもが育つことが実は非常に多いのです。

―最後に、学校現場で頑張る先生方やお子さんを一生懸命育てている保護者の方にメッセージをお願いします。

 多くの教師や保護者が一生懸命子どもたちと向き合っています。その一生懸命さがよい方向に向かえば、どれだけ子どもの育ちにとってプラスに働くことでしょう。その一方で、少し方向がずれてしまい、それに気づくことなく、ひたすら突き進んでしまうケースも見られます。方向が違えば、行き先も違ってきます。そのため、私たちには常に自分のかかわりを客観的に見ることが大事なのです。本書は、このように皆さんが迷ったときの道しるべになると確信しています。どこからでも読むことができる事典のような本書を、是非、皆さんの手元に置いていただければ幸いです。

(構成:佐藤)
好評シリーズ
コメントを投稿する

※コメント内ではHTMLのタグ等は使用できません。