関連記事
この記事に関連する記事の検索結果
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • 学び合いがうまくいく!教科書教材のペア&グループ学習 (第5回)
  • 小学4年/調べたことを整理し,発表しよう
  • 【話すこと・聞くこと】8月教材「だれもが関わり合えるように」(光村図書)
書誌
国語教育 2019年8月号
著者
岩佐 洋一
ジャンル
国語
本文抜粋
1 この単元のねらい 本単元では,自分で課題をもち調べたことを発表する活動に取り組ませたい。四年生として,聞き手と話し手の意識をもたせ,他教科等の発表の場面で身に付けた力を発揮することができるようにす…
対象
小学4年
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 学び合いがうまくいく!教科書教材のペア&グループ学習 (第4回)
  • 小学4年/物語の話の移り変わりを捉え,お気に入りの場面を紹介しよう
  • 【読むこと】7月教材「ポレポレ」(学校図書)
書誌
国語教育 2019年7月号
著者
岩佐 洋一
ジャンル
国語
本文抜粋
1 この単元のねらい 物語を読み,自分の考えや思いを書く活動をさせたいと考えた。物語の話の移り変わりを捉え,お気に入りの場面について考えたことを書いて紹介する単元を設定した…
対象
小学4年
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 学び合いがうまくいく!教科書教材のペア&グループ学習 (第3回)
  • 小学4年/見学したことを報告しよう
  • 【書くこと】6月教材「課題にそって報告文を書こう」(教育出版)
書誌
国語教育 2019年6月号
著者
岩佐 洋一
ジャンル
国語
本文抜粋
1 この単元のねらい 調べたことや分かったことを、組み立てを工夫して報告する文章を書く。 2 ペア&グループ学習のポイント…
対象
小学4年
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 学び合いがうまくいく!教科書教材のペア&グループ学習 (第2回)
  • 小学4年/段落のつながりに気をつけて,内容をとらえよう
  • 【読むこと】5月教材「打ち上げ花火のひみつ」(三省堂)
書誌
国語教育 2019年5月号
著者
岩佐 洋一
ジャンル
国語
本文抜粋
1 この単元のねらい 「始め・中・終わり」の構成に注目して内容を理解し、作者の主張を考えながら読む…
対象
小学4年
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • わが県の国語ソムリエ (第53回)
  • 東京都
書誌
国語教育 2016年9月号
著者
細川 太輔
ジャンル
国語
本文抜粋
東京都には多くの公立、私立、国立の学校があり、授業の名人と呼ばれる先生も多くいらっしゃいます。そのため誌面の都合上、十月二十七日、二十八日に全国大会を行う、東京都小学校国語教育研究会(都小国研)に所属…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 総力大特集 理論×実践で追究する国語の「よい授業」
  • 国語の「よい授業」を追究する
  • 理論×実践による「よい授業」の作り方
  • 子どもの思考の流れを大事にした授業をしよう
書誌
国語教育 2019年1月号
著者
細川 太輔
ジャンル
国語
本文抜粋
理論×実践とは何か 理論×実践というと教育学の理論,国語科教育学の理論をもとに授業を構築し,それを振り返ることで理論を改善していくというプロセスを多くの読者は想定するのではないだろうか。しかしそれでは…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 対話的な学びを促す国語科の話し合い・グループ学習
  • 提言 対話的な学びを促す国語科の話し合い・グループ学習とは
  • こと・もの・ひとでつくる対話的なグループ学習
  • こと・もの・ひとをデザインして効果的な学び合いを作り出そう
書誌
国語教育 2017年12月号
著者
細川 太輔
ジャンル
国語
本文抜粋
1 グループ学習の必要性 筆者は教師の講義形式だけではなく、学び合いを取り入れることの重要性を主張している。その理由として3つ考えられる…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 国語科授業に活かす新学習指導要領キーワード事典
  • Part2 答申・学習指導要領のキーワードからみる改訂のポイントと授業づくり
  • 【何ができるようになるか】資質・能力(学びに向かう力・人間性等)
  • 子どもの主体的な学び合いで育てる学びに向かう力・人間性等
書誌
国語教育 2017年6月号
著者
細川 太輔
ジャンル
国語
本文抜粋
1 すぐわかる!キーワード解説 (1)学びに向かう力・人間性等とは? 学びに向かう力、人間性等という用語は読者の方からすると資質・能力なのか、意欲とはどう違うのかなど不思議に思われる用語かもしれない…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 国語科授業に活かすアクティブ・ラーニングの視点
  • Part 3 アクティブ・ラーニングの視点からの国語科授業づくり
  • 「主体的・対話的で深い学び(AL)」を実現する国語科授業づくり
  • ペア&グループ学習のよい例・悪い例 効果的なペア&グループ学習にするには人数と構成に気をつけよう
書誌
国語教育 2017年1月号
著者
細川 太輔
ジャンル
国語
本文抜粋
1 はじめに 中教審の「審議のまとめ」に、主体的・対話的で深い学びが重要であると示された。ここで注目したいのは対話的という言葉である。協働的ではなく、対話的という言葉が用いられたのには、グループ学習を…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 21世紀型能力とアクティブ・ラーニング
  • 提言 21世紀型能力から見る国語授業とは
  • 21世紀型スキルを育てるには問題発見・解決的な授業をしよう
書誌
国語教育 2015年9月号
著者
細川 太輔
ジャンル
国語
本文抜粋
一 21世紀型能力が必要とされる理由 現代の教育では近代的な教育観である教授主義は多くの批判を受けている。例えばSawyerは、以下のように論じる…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 言葉による見方・考え方を働かせる語彙学習 (第5回)
  • 理解語彙と表現語彙,そして表現準備語彙
  • ・語彙単元での語彙学習
書誌
国語教育 2019年8月号
著者
達富 洋二
ジャンル
国語
本文抜粋
1 知っている語彙と使える語彙 語彙とは語の集まりのことです。私たちの語彙は,大きく「知っている語彙(理解語彙)」と「使える語彙(表現語彙)」とに分けられます。「知っている語彙(理解語彙)」とは,一応…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 子どもの心を動かす!国語授業10のエンジン (第5回)
  • 音読が授業のエンジンになるとき
書誌
国語教育 2019年8月号
著者
岩下 修
ジャンル
国語
本文抜粋
1 音読このよきもの 私の教室には,いつも歌と音読があった。国語だけを担当するようになって十数年。さすがに,歌を指導する場はない。逆に,授業での音読は増えている。なぜ,音読か。音読の六つの効能をあげる…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 学力形成を支える国語教師のための「話し方」教室 (第5回)
  • 「簡潔,明快」な教授話法のポイント(下)
  • 「チョーク一本,口一つ」のポイント技法
書誌
国語教育 2019年8月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
国語
本文抜粋
前回稿の(中)では次のことを述べた。 「チョーク一本,口一つ」の「講義型」の話し方について @対面伝達の保障…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 国語教育の実践情報 (第41回)
  • 小学校/平成31年度全国学力・学習状況調査の実施A
書誌
国語教育 2019年8月号
著者
菊池 英慈
ジャンル
国語
本文抜粋
今月号では,前回に引き続き,四月一八日に実施された全国学力・学習状況調査の小学校国語の「話すこと・聞くこと」の代表的なものを紹介する…
対象
小学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • わが県の国語ソムリエ (第88回)
  • 埼玉県
書誌
国語教育 2019年8月号
著者
本橋 幸康
ジャンル
国語
本文抜粋
埼玉県で,「主体的・対話的で深い学び」に向けた授業づくりに向けて,日々模索し,学び続ける若手教員三名を紹介したい…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 言葉による見方・考え方を働かせる語彙学習 (第4回)
  • 自分の語彙量と語彙力と向き合う語彙学習
  • ・日常の生活での語彙学習/・取り立ての語彙学習
書誌
国語教育 2019年7月号
著者
達富 洋二
ジャンル
国語
本文抜粋
1 「自分の語彙」について知ること 次期『学習指導要領解説国語編 各学年の内容〔知識及び技能〕の内容 ○語彙』の欄には,「語彙を豊かにするとは,自分の語彙を量と質の両面から充実させることである。」とい…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ