詳細情報
書誌
教室ツーウェイ 2014年7月号
著者
伊藤 寛晃
ジャンル
本文抜粋
「俳句は詠みあげられた時に決定的に情景が出て来ねばならず、つまり絵画的でなければならず、さらにいうならば『写生』でなければならない。」と正岡子規が言っています。次の俳句のうち、正岡子規が『絵画的実感がある』と評価したのは@Aどちらの俳句ですか。予想して番号を書きなさい…
対象
小学校中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (10ポイント)
ページトップへ