検索結果
書誌名:
社会科教育
学校・学年:
  • 中学校
※検索結果が多いため、上位1000件までを表示しています。キーワードを追加したり、ジャンルや学校・学年を絞り込むことで、より適切に検索できます。
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • 特集 単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習プラン
  • 視点1 単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習 指導計画と授業デザイン
  • 「生きる力,社会的な見方・考え方,主体的な学び」を鍵概念として設計
書誌
社会科教育 2019年10月号
著者
岩田 一彦
ジャンル
社会/指導方法/授業研究
本文抜粋
学習課題の設計は,社会科の授業計画,授業デザインを構築する際の中核である。本稿では,中教審答申等の内容を組み込んだ学習課題,社会的な見方・考え方と学習課題,主体的な学びと学習課題の三点について論じる…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習プラン
  • 視点2 問題解決を支える! 単元を貫く「リアルな問い」の設定の方法
  • 「リアルな問い」を設計するための五つの条件
書誌
社会科教育 2019年10月号
著者
唐木 清志
ジャンル
社会/指導方法/授業研究
本文抜粋
1 「リアルな問い」の必要性  私は学生に常々,「学問とは,問いを学ぶことだ」と伝えている。どんな問いを立てるかで,学べることは変わる。「リアルな問い」を立てることができれば,大学での学びも,卒業後の…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習プラン
  • 視点3 単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習 成功のポイント
  • (1)見方・考え方を働かせる!「多角的に考察させる」ための発問のポイント
  • 学習者が様々な視点から考えることが基本
書誌
社会科教育 2019年10月号
著者
佐藤 正寿
ジャンル
社会/指導方法/授業研究
本文抜粋
1 「多角的に考察させる」ための発問とは  「多角的に考察させる」ための発問とは,「学習者が様々な視点から考える発問」と言い換えることができる。『学習指導要領解説社会編』(平成二九年)においても,「『…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
特集
仕様
全2ページ (2020/4/9まで無料提供)
  • 特集 単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習プラン
  • 視点3 単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習 成功のポイント
  • (2)追究意識が高まる!「問い」が生まれる資料提示の工夫
  • 単元を貫く学習問題の設定と,その問題解決過程
書誌
社会科教育 2019年10月号
著者
坂井 誠亮・高橋 純一
ジャンル
社会/指導方法/授業研究
本文抜粋
1 はじめに  新学習指導要領の改訂の基本方針の一つとして「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善が示された。そこでは「見通し」と「振り返り」の重視について触れられている。しかし,「見通し…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習プラン
  • 視点3 単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習 成功のポイント
  • (3)「考え合い,表現し合う活動」に必要な教師のサポート
  • 授業をコーディネートするポイント
書誌
社会科教育 2019年10月号
著者
關 浩和
ジャンル
社会/指導方法/授業研究
本文抜粋
社会科で大切なことは,関係論的な見方を鍛えることである。社会は,すべてのものが関係性で成り立っている。子どもには,物事を複数の要素が相互に関連し合っている関係の束であるという見方を鍛えなくてはならない…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習プラン
  • 視点4 単元を貫く学習課題でつくる!授業で使える中学社会ワーク
  • 穴埋め脱却! 思考を促すワークの工夫
書誌
社会科教育 2019年10月号
著者
川端 裕介
ジャンル
社会/指導方法/授業研究
本文抜粋
1 単元を貫く学習課題を設定する効果  単元を貫く学習課題を設定することには,様々なメリットがある。例えば,単元の中で一貫性のある指導が可能になる点や,生徒の変容の様子を教師も生徒自身も評価しやすい点…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
特集
仕様
全6ページ (60ポイント)
  • 特集 単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習プラン
  • 視点6 【授業最前線】単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習プラン 中学校
  • 地理的分野
  • 【世界の諸地域】SDGs(持続可能な開発目標)の視点から地球的課題に着目する
書誌
社会科教育 2019年10月号
著者
坂田 元丈
ジャンル
社会/指導方法/授業研究
本文抜粋
1 「SDGs」について  SDGs(持続可能な開発目標)は二〇一五年の国連サミットで採択された「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため,二〇三〇年を年限とする一七項目から…
対象
中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習プラン
  • 視点6 【授業最前線】単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習プラン 中学校
  • 地理的分野
  • 【日本の諸地域】次の世代の命を守るためにはどうしたら良いのか
書誌
社会科教育 2019年10月号
著者
宮本 静子
ジャンル
社会/指導方法/授業研究
本文抜粋
1 はじめに  新学習指導要領では,地理的分野の授業時数は現行の一二〇時間から一一五時間に削減される。また教科の目標に示された「社会的な見方・考え方を働かせ,課題を追究したり解決したりする活動」は,「…
対象
中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習プラン
  • 視点6 【授業最前線】単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習プラン 中学校
  • 歴史的分野
  • 【中世の日本 ※「武家政治の展開と東アジアの動き」の場合】既習事項との相違点を明らかにする活動をいかした学習課題の設定
書誌
社会科教育 2019年10月号
著者
細川 遼太
ジャンル
社会/指導方法/授業研究
本文抜粋
1 はじめに  学習者自身が問いを持って解決に向かう授業,いわゆる主体的な学びを促す授業の充実が求められている。充実を図るためには,学習者の興味・関心に寄り添いつつ単元を貫く学習課題(以降「学習課題…
対象
中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習プラン
  • 視点6 【授業最前線】単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習プラン 中学校
  • 歴史的分野
  • 【現代の日本と世界】考察・構想に向けて「見方・考え方」を使いこなす
書誌
社会科教育 2019年10月号
著者
内藤 圭太
ジャンル
社会/指導方法/授業研究
本文抜粋
1 はじめに  「なぜ,歴史を勉強するの? 昔のことを知って何になるの?」これは,多くの生徒が口にしてきた歴史学習に向けた疑問である。どの教師も悩まされるだろうが,この問いは,一単元を超え分野全体を貫…
対象
中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習プラン
  • 視点6 【授業最前線】単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習プラン 中学校
  • 公民的分野
  • 【私たちと現代社会】「日本で生きることを誇りに思える」単元構成を!
書誌
社会科教育 2019年10月号
著者
田中 一郎
ジャンル
社会/指導方法/授業研究
本文抜粋
1 日本で生きることを誇りに思う  我が国は,紀元前六六〇年の神武天皇の即位から数えて,二六七九年の歴史を誇る世界最古の国家です。建国から二六七九年目の五月一日より,二四八番目となる元号「令和」という…
対象
中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習プラン
  • 視点6 【授業最前線】単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習プラン 中学校
  • 公民的分野
  • 【私たちと経済】理想とする社会像・国家像を考えさせる取り組み
書誌
社会科教育 2019年10月号
著者
詰田 剛也
ジャンル
社会/指導方法/授業研究
本文抜粋
1 社会の中で生きる自分  変化の激しい現代社会では,さまざまな情報を基に,課題に立ち向かう力が必要となってきている。そのため,生徒が主体的に課題を見つけ,解決策を考える学習方法が重要とされている…
対象
中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習プラン
  • 視点6 【授業最前線】単元を貫く学習課題でつくる問題解決学習プラン 中学校
  • 公民的分野
  • 【私たちと政治】司法権の学習からトラブル解決のエッセンスを身に付ける
書誌
社会科教育 2019年10月号
著者
升野 伸子
ジャンル
社会/指導方法/授業研究
本文抜粋
1 はじめに  多くの人にとって,裁判所は一生縁のないものであり,できれば関わりたくない場所というイメージがあるだろう。筆者も以前職員室で「裁判所からお電話です」という事務の人の声に皆に一斉に振り向か…
対象
中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 最新情報で徹底解説! どうなる・どうする社会科教育 (第7回)
  • 未来に希望をもって
書誌
社会科教育 2019年10月号
著者
小倉 勝登
ジャンル
社会
本文抜粋
1 はじめに  本号では,第三学年内容(4)の単元「市の様子の移り変わり」の単元末の場面に注目する。杉並区立天沼小学校新宅直人教諭の「杉並区の移り変わり」の授業,杉並区の移り変わりを作成した年表で振り…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 最新情報でしっかり解説!歴史教育はどう変わるか (第1回)
  • 「覚えて,考える」ではなく,「考えることで理解する」学習へ
書誌
社会科教育 2019年10月号
著者
藤野 敦
ジャンル
社会
本文抜粋
この紙面では,中学校社会歴史的分野,高等学校地歴科歴史領域科目について,新しい歴史の学習は何が求められているのか,それを実現するための授業の留意点は何かを考えていきたいと思います…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 100万人が受けたい!見方・考え方を鍛える社会科授業 最新ネタ (第7回)
  • 地理/見方・考え方を鍛える地理と経済の融合教材
  • 「メキシコ」「オランダ」「チリ」と自由貿易
書誌
社会科教育 2019年10月号
著者
河原 和之
ジャンル
社会
本文抜粋
人間は自然環境から影響を受けるだけではなく,自然環境に働きかけ,それを変えていくことを学ぶ。また,運輸・通信システムが与える影響を考え,他地域や世界とのつながりによる変化を捉える。本号では,「メキシコ…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 社会科で思考と感情(エンパシー)をどう育てるか (第7回)
  • スパイラル・モデルにおける問いのパターン
書誌
社会科教育 2019年10月号
著者
原田 智仁
ジャンル
社会
本文抜粋
1 思考と感情の意味するもの  スパイラル・モデルの提唱者であるスコルニックらにとって,思考と感情は何を意味するのか。それは一般的な思考力や情意ではなく,移民や難民等の国境を越えた移動が常態化した二一…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 「見方・考え方」の育ちをとらえる!パフォーマンス評価でつくる社会科授業モデル (第7回)
  • 困難を抱える子どもとパフォーマンス評価
  • 中学校・第2学年・「九州地方」
書誌
社会科教育 2019年10月号
著者
若松 大輔
ジャンル
社会/評価/指導要録
本文抜粋
1 はじめに  近年,「逆向き設計」論に基づく単元設計ならびにパフォーマンス評価の実践報告は少なくない。しかしながら,パフォーマンス課題が高次の認知能力を要求するものであるためか,附属学校をはじめとす…
対象
中学2年
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 歴史的思考力を伸ばす授業デザイン (第7回)
  • 時代を定義することを通じて歴史の総合的理解を目指す
書誌
社会科教育 2019年10月号
著者
田尻 信壹
ジャンル
社会
本文抜粋
今月は,時代構造を把握する上でのまとめの活動を取り上げる。これは,これまでに紹介した三つの活動(比較したり歴史の文脈や転換点を読んだりする活動。本誌八・九月号を参照)の成果をもとにして,時代を定義する…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 見方・考え方を働かせて学ぶ! 地理授業デザイン (第7回)
  • アジア―「地域」に着目して
書誌
社会科教育 2019年10月号
著者
井田 仁康
ジャンル
社会
本文抜粋
1 「地域」とは何?  「地域」という用語は,学習指導要領でも,通常の授業でも頻繁に使われる。地理に限らず,歴史や公民でも使われる。この「地域」という用語は,どの場合でも同じような意味で使われているの…
対象
小学校/中学校/高等学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ