検索結果
ジャンル:
道徳
※検索結果が多いため、上位1000件までを表示しています。キーワードを追加したり、ジャンルや学校・学年を絞り込むことで、より適切に検索できます。
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • ノンフィクション教材探訪記 (第7回)
  • 日本の医学を発展させる―杉田玄白「解体新書」出版への決断―
  • 教材名「この本のすべてを―『解体新書』の誕生―」(廣済堂あかつき 6年)
書誌
道徳教育 2019年10月号
著者
丸岡 慎弥
ジャンル
道徳
本文抜粋
杉田玄白(の銅像)と,私との出会いは思いがけないときに起こった。七月十四日,おそらく初めて企画され,開催されたであろう「第一回銅像ツアー」のときのことである。当日は福井方面へとバスを走らせ,参加者四十…
対象
小学6年
種別
グラビア・扉・表紙
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 考え,議論する道徳に変える「発問づくり&問い返し」研究
  • 論説/「特別の教科 道徳」における発問づくりとは〜「中央教育審議会答申」や「学習指導要領解説」の内容から考える〜
  • 「特別の教科 道徳」の特質を踏まえた,真に効果が期待される発問を工夫して,児童生徒一人ひとりの豊かな道徳性への確かな学びにつなぐ
書誌
道徳教育 2019年10月号
著者
柴原 弘志
ジャンル
道徳
本文抜粋
1 「特別の教科 道徳」における「考え,議論する道徳」としての発問 今回の特集のタイトルは,「考え,議論する道徳に変える〜」となっています。しかしながら,このたびの改訂の趣旨は,道徳授業をすべて「議論…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 考え,議論する道徳に変える「発問づくり&問い返し」研究
  • ビジュアル解説/発問にかかわる「言葉」を整理する
  • 授業構成に合った「発問整理術」を身につけよう
書誌
道徳教育 2019年10月号
著者
沼田 義博
ジャンル
道徳
本文抜粋
1 道徳は,なぜ「発問」なのか? 道徳科の発問は,主に三種類の分類が一般的に知られている。基本発問,中心発問,補助発問である…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 考え,議論する道徳に変える「発問づくり&問い返し」研究
  • 子どもが考えたくなる発問研究―何をどのように問うのか
  • 子どもの問題追求を促す発問とその構成
書誌
道徳教育 2019年10月号
著者
和井内 良樹
ジャンル
道徳
本文抜粋
1 子どもが考えたくなる発問とは? 子ども自らが考え,主体的に学習に取り組むようにするためには,子どもが考えてみたくなる発問,つまり,子どもが問題意識をもって「なぜだろう,どうしてだろう」と思考する発…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 考え,議論する道徳に変える「発問づくり&問い返し」研究
  • イチから手順がわかる「発問づくり」モデル
  • 発問を核に授業をデザインする!
書誌
道徳教育 2019年10月号
著者
尾花 桃代
ジャンル
道徳
本文抜粋
1 発問づくりの根本―ねらいと発問から授業をデザイン― ねらいに迫る発問をするには,一時間の授業の中で,子どもたちに何を気づかせたいのか,何を考えさせたいのかを明確にすることが重要だと考えています。そ…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 考え,議論する道徳に変える「発問づくり&問い返し」研究
  • 特別企画(1)/ドキュメント・ベテランは初見の教材の発問をどう構想するか
  • 扉(特別企画(1)について)
書誌
道徳教育 2019年10月号
ジャンル
道徳
本文抜粋
そもそも,先生方はどういう手順(思考)で発問をつくられているのでしょうか。 今回は,ベテランの先生方4人に,編集部から初見の教材をお送りし,発問づくりの手順を大公開いただきました…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (2020/4/9まで無料提供)
  • 特集 考え,議論する道徳に変える「発問づくり&問い返し」研究
  • 特別企画(1)/ドキュメント・ベテランは初見の教材の発問をどう構想するか
  • 読み物教材編
  • 教材 よせなべ
書誌
道徳教育 2019年10月号
著者
土田 雄一
ジャンル
道徳
本文抜粋
ぼくの家では,週末になると家族で「なべ」をかこむことが多い。 すきやき,もつなべ,水炊き,海鮮なべ,おでんなど,いろいろだ。そして,今日は,よせなべだ…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 考え,議論する道徳に変える「発問づくり&問い返し」研究
  • 特別企画(1)/ドキュメント・ベテランは初見の教材の発問をどう構想するか
  • 教材選定について
  • 【読み物教材】よせなべ
書誌
道徳教育 2019年10月号
著者
土田 雄一
ジャンル
道徳
本文抜粋
【読み物教材編】 よせなべ 千葉大学教授 土田雄一(教材作成・提供者) 教材作成当時,土田家ではよく「寄せ鍋」をしていた。まさに主人公の家族であり「寄せ鍋」を学級に見立てて教材化したものである…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 考え,議論する道徳に変える「発問づくり&問い返し」研究
  • 特別企画(1)/ドキュメント・ベテランは初見の教材の発問をどう構想するか
  • 言葉にこだわり,考えどころ,解きどころを見つけよう!
  • 【読み物教材編】教材:よせなべ
書誌
道徳教育 2019年10月号
著者
星 直樹
ジャンル
道徳
本文抜粋
発問構成 発問(1)よい学級には,どんな人が必要ですか? 発問(2)それぞれのよさが混じり合うとは,どういうことだと思いますか…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 考え,議論する道徳に変える「発問づくり&問い返し」研究
  • 特別企画(1)/ドキュメント・ベテランは初見の教材の発問をどう構想するか
  • 「面白い」が,授業づくりのスタート
  • 【読み物教材編】教材:よせなべ
書誌
道徳教育 2019年10月号
著者
竹井 秀文
ジャンル
道徳
本文抜粋
発問構成 発問(1)どうしてよせなべは,おいしいのだろう。 発問(2)いい味とは,(何か)どんな味なのか…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 考え,議論する道徳に変える「発問づくり&問い返し」研究
  • 特別企画(1)/ドキュメント・ベテランは初見の教材の発問をどう構想するか
  • 教材の長所を見抜き,内容項目に落とし込む
  • 【音楽の歌詞編】教材:SEKAI NO OWARI「サザンカ」
書誌
道徳教育 2019年10月号
著者
東 拓
ジャンル
道徳
本文抜粋
発問構成 発問(1)夢や目標はある方がいいですか。ない方がいいですか。 発問(2)自分は今後の人生,夢や目標をもって頑張れそうですか…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 考え,議論する道徳に変える「発問づくり&問い返し」研究
  • 特別企画(1)/ドキュメント・ベテランは初見の教材の発問をどう構想するか
  • 発問構想は「教材観」「指導観」の反映
  • 【読み物教材編】教材:よせなべ
書誌
道徳教育 2019年10月号
著者
土田 雄一
ジャンル
道徳
本文抜粋
1 竹井先生の発問構想を読んで まず,竹井先生の教材を読む「構え」が実にユニークである。「一人の人として読むとどんな教材も面白い」という。なるほど。教材の魅力を教師が把握するところを大切としている点が…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 考え,議論する道徳に変える「発問づくり&問い返し」研究
  • 特別企画(1)/ドキュメント・ベテランは初見の教材の発問をどう構想するか
  • 心をぐっとつかむ授業展開
  • 【音楽の歌詞編】教材:SEKAI NO OWARI「サザンカ」
書誌
道徳教育 2019年10月号
著者
柴田 克
ジャンル
道徳
本文抜粋
1 本屋敷耕三先生の発問構成を 読んで まず,素晴らしいことは「サザンカ」という曲をよく調べていることである。本屋敷先生の原稿を読むと「サザンカ」という曲が訴えたいことがよくわかると思う。教科書のノン…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 考え,議論する道徳に変える「発問づくり&問い返し」研究
  • 特別企画(2)/子どもとつくる「問い」と授業モデル
  • 問題意識を生み出し,創造的・汎用的思考を生み出す授業デザイン
書誌
道徳教育 2019年10月号
著者
幸阪 創平
ジャンル
道徳
本文抜粋
三十年度から実施された道徳の教科化に合わせ,今後さらに「21世紀型道徳授業」(1)の在り方が問われていくだろう。特に,教科を横断して培われる資質・能力の育成の視点に立ったとき,道徳授業においても,仲間…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 考え,議論する道徳に変える「発問づくり&問い返し」研究
  • 特別企画(2)/子どもとつくる「問い」と授業モデル
  • [提案を読んで]「主体的・対話的で深い学び」を求めて
書誌
道徳教育 2019年10月号
著者
島 恒生
ジャンル
道徳
本文抜粋
道徳科の授業展開に,決まった流れや進め方があるわけではない。本実践のように,子どもたちにとって魅力的な授業を追究する教師の姿勢は非常に大切である。果敢に取り組んでいきたい…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 考え,議論する道徳に変える「発問づくり&問い返し」研究
  • 特別企画(2)/子どもとつくる「問い」と授業モデル
  • [提案を読んで]子ども自らが「考えたい」と思える「問い」をつくる
書誌
道徳教育 2019年10月号
著者
田上 由紀子
ジャンル
道徳
本文抜粋
新しい指導法の研究・開発は教師の使命であり,その指導法は誰にも理解・納得ができ,平易で分かりやすいことが大切です。そうした指導法は不断の実践と検証,切磋琢磨の中から生み出されると考えます…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 考え,議論する道徳に変える「発問づくり&問い返し」研究
  • 特別企画(2)/子どもとつくる「問い」と授業モデル
  • 問い返しの技法―「深める」「広げる」「かわす」
  • ポイントは,子どもと教師の探求心
書誌
道徳教育 2019年10月号
著者
木原 一彰
ジャンル
道徳
本文抜粋
1 問い返しは必要か? 道徳科の授業構成の,特に発問について考えるとき,「切り返し」,「補助発問」,「ゆさぶり」など,いろいろな言い方で位置づけられるのが,教師による問い返しです。本節では,「問い返し…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全6ページ (60ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ