詳細情報
書誌
実践国語研究 2024年1月号
著者
沼田 拓弥
ジャンル
本文抜粋
Q子どもたちが主体的に,熱中できる「書くこと」の活動のポイントとは? A記述前の耕しこそ,最大の鍵である!  子どもたちが机に向かい,無我夢中になって書き続ける姿は,教師であれば誰もが願う理想の姿の一つではないでしょうか。逆に,主体的でなく,熱中できない理由とは何なのでしょう…
対象
小学校
種別
特集
仕様
全2ページ (2024/7/16まで無料提供)
ページトップへ