著者インタビュー
新刊書籍の内容や発刊にまつわる面白エピソード、授業に取り入れるポイントなどを、著者に直撃インタビューします。
今すぐ、動かなければ、間に合いません
上越教育大学大学院教授西川 純
2017/10/5 掲載
  • 著者インタビュー
  • 特別支援教育
  • コメント(0)
 今回は西川純先生に、新刊『特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門 実践編』について伺いました。

西川 純にしかわ じゅん

1959年東京生まれ。筑波大学生物学類卒業、同大学院(理科教育学)修了。博士(学校教育学)。臨床教科教育学会会長。上越教育大学教職大学院教授。『学び合い』(二重括弧の学び合い)を提唱。
主な著書、編著書に、『今すぐ出来る!全校『学び合い』で実現するカリキュラム・マネジメント』『子どもを軸にしたカリキュラム・マネジメント 教科をつなぐ『学び合い』アクティブ・ラーニング』』、『アクティブ・ラーニングを実現する!『学び合い』道徳授業プラン』『みんなで取り組む『学び合い』入門』(以上、明治図書)などがある。
『特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門 基礎基本編』も好評発売中。

―本書は、9月発刊の『特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門 基礎基本編』の続編となる「実践編」です。まず、本書のねらいについて、教えて下さい。

 基礎編では、今までの特別支援教育で教えられていた事は、就職してからは役に立たないこと、いや、有害でありさえすることを書きました。かなりショッキングな内容だと思います。今回はそれを分かった上で、どうするか?ということに焦点を当てています。

―本書も、前著と同様に、障がいのある方が就職した後に関わる様々な人からの聞き取り調査をベースにした、特別支援学級の子どものリアルな就職事情について多くの情報が紹介されています。第1章では就学・就労のスタートについてまとめられていますが、先生が考える「就労へのスタートライン」はどのようなものでしょうか?

 まず、就労の仕組みを知ることがスタートラインです。この仕組みに関しては、特別支援学校でも高等部の先生ぐらいしか知らないのが一般的です。つまり、特別支援学校であっても初等部、中等部の先生はあまりご存じない。ましてや一般校の特別支援学級、また、特別な支援を必要とする子どものいるクラスの担任は殆ど知りません。しかし、これを知らなければ、何をすべきかを理解することが出来ません。
 教師が知らないならば、若い保護者に伝えられません。結果として、保護者が就労に意識がいくのが遅れてしまうのです。多くは特別支援学校の高等部の2年の後半ぐらいにならないと保護者は就労を考えられません。しかし、それでは「手遅れ」なのです。

―(Q2を受けて)本書では、学校卒業後に社会へのスタートラインに立ったとき「一生涯を生き抜く力」を持ってそこに立てるような学校教育を、と書かれていますが、「一生涯を生き抜く力」として、何が大切でしょうか。また、そのような力は学校の中でどのようにつけていくことが出来るでしょうか。

 子ども達が就職する企業や事業所の方々、また、子どもを既に就職させた、現在、40歳代、50歳代、60歳代の保護者が様々な表現でそれを語られています。しかし、それを一言で表現すれば、「人とつきあえる能力」です。

―第2章では就労の仕組み、第3章ではマッチングについてまとめられていますが、その中で保護者の方が将来のビジョンをもって学校側と話し合うことをすすめています。「ぷれジョブ」の取り組みなども紹介されていますが、就労のマニュアルなどはない中で、その子どもだけの道をつくっていくには、どのようなことが大切でしょうか。

 子どもにとって「人とつきあえる能力」が大事ですが、それは保護者も教師も大事です。どのように就労のマッチングを行い、就労を継続するべきかを知っている、保護者や企業・事業所の方々と繋がり、その情報を収集することが大事です。我が子に「その子」のための就労を実現するには、長い時間と多くの情報が必要です。

―第4章では、「生活が変わる」として、10年後、20年後、30年後の未来についてと、「子離れ」についてまとめられています。その中では2段階の「つながり」が大切、と述べられていますが、この点について教えて下さい。

 子どもの最低限の生活を保障するには「制度のつながり」が大事です。幸い、障害者に対するセーフティーネットは整備されつつあります。むしろ怖いのは、学校の勉強が出来たために特別な支援の必要な子どもと認定されない子どもです。この子どもに対してはセーフティーネットが弱く、厳しい生活が待っています。このことを理解し、積極的に「制度のつながり」を保証してあげなければなりません。
 しかし、「制度のつながり」は衣食住を保証してくれますが、子ども達の幸せを保証は出来ません。それが出来るのは人との繋がりによる「幸せのつながり」が必要です。これを実現するには学校教育で育めるところが大きい。しかし、現状の特別支援学級に隔離して、特別支援学級の担任に守られている状態ではそれを育めません。

―最後に、読者の先生方へメッセージをお願いいたします。

 前著の基礎編と同様に実践編もかなりショッキングな内容です。その事を危惧して、前著及び本書に関して多くの保護者の方々に事前に読んでいただきました。反発を予想していたのですが、全員から好意的な反応をいただきました。その中のお一人からは、「読んで気楽になれる口あたりのよい本はもううんざりです。こんな本を待っていました。」との声をいただきました。苦い薬ですが、読んで下さい。子ども達が幸せになるには、絶対に必要なことです。

(構成:及川)

コメントを投稿する

※コメント内ではHTMLのタグ等は使用できません。