検索結果
キーワード:
知らない間の出来事
ジャンル:
道徳
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • スマイル★道徳授業づくり スマホ時代=情報モラルの取り上げ方
  • 道徳授業で情報モラル=おススメ資料&展開例
  • 〔小学校高学年〕メールでの行き違いを考えた道徳授業
書誌
道徳教育 2014年12月号
著者
大木 毅
ジャンル
道徳
本文抜粋
1情報過多の時代を過ごす子どもたち 昨今、電車やバスの中を見渡すと、ほとんどと言っていいほど、携帯やスマホを手にしている大人の姿を目にする。当たり前の光景となってしまっているので、今さら違和感を感じる…
対象
高学年
種別
小特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 「私たちの道徳」とっておきの使い方提案
  • 「私たちの道徳」とっておきの使い方提案【道徳の時間編】
  • 〔小学6年〕ユウジョウとジョウホウ?
書誌
道徳教育 2015年5月号
著者
増坪 広夫
ジャンル
道徳
本文抜粋
1はじめに 情報化社会の進展により、携帯電話やスマートフォンなどの携帯情報通信端末を使ったインターネットの掲示板やメールによる「ネットいじめ」が多発している…
対象
小学6年
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 道徳授業が楽しくなる!“小ワザ・大ワザ” (第9回)
  • 本当の「友達さがし」は、「自分さがし」??
書誌
道徳教育 2014年12月号
著者
村田 正実
ジャンル
道徳
本文抜粋
「友達マトリクス」しよう! 「友達マトリクス」とは,縦軸,横軸で「されてうれしいこと」「されると悲しいこと」「こんな友達がほしい」「こんな友達ほしくない」の項目に分けた図です。これに,自分が考える友達…
対象
小学校
種別
グラビア・扉・表紙
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 特集 デジタルネイティブの子どもをどう育てるか
  • 徹底解説! 使える情報モラル資料
  • 〔小学校高学年〕自分の思いを伝え合うことで友情が深まる―文部科学省「新読み物資料」から―
書誌
道徳教育 2013年1月号
著者
中尾 一郎
ジャンル
道徳
本文抜粋
一資料「知らない間の出来事」 巨人の星というテレビ番組があった。イチロー少年は、毎週楽しみに見ていたが、主題歌の「おもいこんだら」が「重いコンダラ」だと何年も思っていた。地面を均すローラーを引っ張って…
対象
高学年
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • スマイル★道徳授業づくり スマホ時代=情報モラルの取り上げ方
  • 他教科の指導を生かす情報モラルの取り上げ方
  • 〔小学校〕「気持ちを伝える」道徳を核にする
書誌
道徳教育 2014年12月号
著者
熊谷 敬子
ジャンル
道徳
本文抜粋
安全対策や防犯ブザーの代用として使用されることもあり、携帯電話を持つ児童は、年々増加している。低学年から携帯電話を使用している五年生に携帯電話について聞いたところ、外部の人にはメールや電話ができないよ…
対象
小学校
種別
小特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 超有名教材×ワークシートでつくる道徳科の授業
  • 授業が変わる! 超有名教材ワークシート集
  • 小学校高学年
  • 【教材名】知らない間の出来事 すれ違った気持ちを考えよう
書誌
道徳教育 2016年6月号
著者
岸 千里
ジャンル
道徳
本文抜粋
1授業の流れと活用場面 高学年の児童にとって、友達の存在は大きい。お互いを認めていこうという気持ちはあるものの、本教材のように何気ない「一言」が「思い」と違う方向に向かってしまうことがある。その「誤解…
対象
高学年
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 道徳授業をアクティブにする「仕・掛・け」 (第3回)
  • 問題意識をもたせるミニホワイトボードの活用
  • じぶんの力で「しまのおさるたち」(学研『みんなのどうとく1ねん』)
書誌
道徳教育 2016年6月号
著者
関 弘子
ジャンル
道徳
本文抜粋
教材提示後、何が問題だと感じたか、 ミニホワイトボードに書く。  前に出て発表し、 掲示する
対象
小学1年
種別
グラビア・扉・表紙
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • 思考を広げる! 板書をウェビングで (第2回)
  • 主人公の葛藤を視覚化する
  • 「絵はがきと切手」
書誌
道徳教育 2015年5月号
著者
松田 憲子
ジャンル
道徳
本文抜粋
<思考を広げる。思考を整理する> 小学校中学年の「絵はがきと切手」の授業。友達からの絵はがきの切手代の不足を「言う」か「言わない」か、迷う主人公の気持ちを考える。両面から考えると思考が広がる。しかし広…
対象
小学校/中学校
種別
グラビア・扉・表紙
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • すごい!簡単!道徳授業でのICT活用術 (第5回)
  • タブレットで考えや思いを見える化!
書誌
道徳教育 2014年8月号
著者
佐藤 靖泰
ジャンル
道徳
本文抜粋
はじめに 夏休みまで一ヶ月を切って、学校は一区切りを迎える時期となってきました。各学級では子どもたちにこれまでの学習や生活を振り返る機会を設けると思います。中でも友達とのかかわりはどうだったか、自覚的…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 特選資料でルールとモラルを考える
  • 規範意識が高まる特選資料をどう料理するか
  • 「文部科学省 新読み物資料集」でルールやモラルを考える
書誌
道徳教育 2012年6月号
著者
遠藤 修
ジャンル
道徳
本文抜粋
平成23年3月に文部科学省より刊行された『小学校道徳読み物資料集』には、低学年8資料、中学年9資料、高学年12資料が掲載されている…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 デジタルネイティブの子どもをどう育てるか
  • 実践/「情報モラル」を考え抜いた道徳授業
  • 〔小学校高学年〕いじめに発展させないことを意識して
書誌
道徳教育 2013年1月号
著者
野村 宏行
ジャンル
道徳
本文抜粋
1いじめ対応への視点も 現在、いじめが社会的な問題となっている。児童が携帯電話やメールをうまく使いこなせず、人間関係がこじれたり、いじめに発展してしまうことも見られる。これからの社会を生きる児童には…
対象
高学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 特選資料でルールとモラルを考える
  • 規範意識が高まる特選資料をどう料理するか
  • 「新聞記事」でルールやモラルを考える
書誌
道徳教育 2012年6月号
著者
金子 朋裕
ジャンル
道徳
本文抜粋
一新聞記事の価値 多くの学校で採用されている副読本。その資料は素晴らしいものばかりです。でも、時にはいつもと違う資料で刺激してみるのはいかがでしょうか。新鮮な資料に生徒の興味関心も高まり、充実した授業…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 「道徳教育」で伝えたいことは何か
  • 子どもが感動する「教材の開発」とは
  • 出来事を語り、心を鍛える―教師は子供に語れる話を多くもっていなければならない
書誌
現代教育科学 2011年4月号
著者
師尾 喜代子
ジャンル
教育学一般/道徳
本文抜粋
1 道徳教育の教材の意図 道徳の授業は、週一時間あるが、全教育課程の中に「道徳教育」は位置づけられている。現場では、けんか、もの隠し、忘れ物など、日常おこる様々な出来事のたびに生活指導と合わせて、「道…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • わたしの道徳授業・中学校 (第213回)
  • 「ハートスキルプログラム」の実践@
書誌
道徳教育 2003年12月号
著者
山内 修
ジャンル
道徳
本文抜粋
1 「ハートスキルプログラム」とは 道徳の指導を行って、だれもが抱く疑問、それは「道徳の時間の指導が本当に生徒の生き方を変えているのか」という点であろう。この点については、「道徳の授業は道徳的実践力の…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 葛藤のある道徳授業〜自己決定力を育てる〜
  • エピソード「葛藤の中で生きる子どもたち」
  • まじめさと格好よさ
書誌
道徳教育 2009年7月号
著者
山田 修
ジャンル
道徳
本文抜粋
1 まじめ軽視の社会風潮 「君はまじめだねぇ」「A君はちょっとまじめすぎるよな」「ヒューヒューさすがまじめ」子どもたちの文化としてだけでなく、現代社会においては大人たちの中にも、「まじめな生き方」に対…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 「畏敬の念」〜大いなるもの、美しきもの〜
  • コラム/「畏敬の念」を感じたとき
  • 手の届かない鳥を追う子どもたち
書誌
道徳教育 2006年9月号
著者
広中 忠昭
ジャンル
道徳
本文抜粋
「畏敬の念を感じる」という経験は、そうたびたびあるものではない。私にとっては、一昨年の母の「死」に際し、そのような思いをもったことが記憶に新しい。また、普段、自動車で通勤しているが、たまたまその道を歩…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • わたしの道徳授業・中学校 (第315回)
  • 僕は運がない
書誌
道徳教育 2012年6月号
著者
松元 直史
ジャンル
道徳
本文抜粋
一僕は運がない 昔、私が担任をしていた生徒会役員のA君がやってしまったことと、その後について書いてみます…
対象
中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 書かずにはいられない〜心を育てる「書く活動」の充実〜
  • 「書く活動」をこうして進めよう
  • 書くこと…それは、自己との対話・自覚の行為
書誌
道徳教育 2009年10月号
著者
松下 壽男
ジャンル
道徳
本文抜粋
1 「書けないよ!」 K君は、原稿用紙を見つめて顔をしかめ続けた。促すと、「書けないよ!」と叫んで、鉛筆をボキボキに折ってしまった…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • さいこ路地〜こころの細道 (第22回)
  • ナラティヴ・アプローチと道徳の授業
書誌
道徳教育 2012年1月号
著者
松尾 直博
ジャンル
道徳
本文抜粋
子どもたちの語り  道徳の時間の授業を参観するのは、本当に面白い。熟達したすばらしい授業力をおもちになった先生の授業を参観するときはもちろんのこと、教育実習生のあまりスムーズではない授業を見るときも…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 気になるあの子―道徳力UPのアプローチ
  • “気になるあの子”のために活用したオリジナル資料
  • 〔小学校高学年〕勝敗にこだわりすぎる児童に、「スポーツマンシップ」の資料
書誌
道徳教育 2014年1月号
著者
井上 大輔
ジャンル
道徳
本文抜粋
高学年になると、やたらと勝敗にこだわる児童がいないでしょうか。体育でサッカーやバスケットボールの試合をやるたびに、必ずチームでもめたり、負けたことを引きずって落ち込んでいたり、場合によっては勝敗が原因…
対象
高学年
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ