• 学級づくりにいかす!体育授業
  • ほめ言葉で子ども&クラスが成長する!菊池道場の価値語録
  • QA解説 「特別の教科 道徳」の授業づくり
新着記事
  • 子どもの笑顔があふれる! 先生のための「ほめ言葉手帳」(7)リニューアルポイントを一挙紹介! 2017年度版『ほめ言葉手帳』
    • 2016/12/2
    • 先生のための『ほめ言葉手帳』
    • 教師力・仕事術
    ■『ほめ言葉手帳』2017年度版が発売! この春、ご好評をいただいた『ほめ言葉手帳』。多くの先生に使っていただき、あたたかい言葉があふれるクラ...
    『ほめ言葉手帳』製作委員会
  • 平成28年8月26日に文部科学省から発表された「次期学習指導要領等に向けたこれまでの審議のまとめについて(報告)」の中でも 特別支援教育の対象...
    教育zine編集部佐藤
  • プログラミング的思考力をどのように身に付けさせるか
    • 2016/12/1
    • 教育オピニオン
    • 学習指導要領・教育課程
    新しい学習指導要領において、小学校段階からプログラミングに関する能力を付けさせるべきという論議が出てきて、教育現場を不...
    聖心女子大学 メディア学習支援センター長(教授)永野 和男
  • 10日、文部科学省のホームページにおいて、公立小中学校施設のトイレの状況調査の結果についてが発表されました。これは、平成28年4月1日時点での...
    教育zine編集部川南
  • 一本の縄で子どもたちが夢中になる!
    • 2016/11/29
    • 著者インタビュー
    今回は関西体育授業研究会事務局の池川佳志先生に、新刊『クラスの絆がグッと深まる!「なわとび」絶対成功の指導BOOK』に...
    大阪市立焼野小学校教諭池川 佳志
  • 赤坂真二直伝!教師のリーダーシップ
  • 教師力を一段引き上げる!大前暁政の“欲ばり”時間術
Eduアンケート
  •  平成28年8月26日に文部科学省から発表された「次期学習指導要領等に向けたこれまでの審議のまとめについて(報告)」の中でも

    特別支援教育の対象となる子供たちは増加傾向にあり、通常の学級において、知的発達に遅れはないものの学習面又は行動面での著しい困難を示す児童生徒が6.5%程度在籍しているという調査結果もある。全ての学校や学級に、発達障害を含めた障害のある子供たちが在籍する可能性があることを前提に、子供たち一人一人の障害の状況や発達の段階に応じて、その力を伸ばしていくことが課題となっている。

    と述べられたように、さまざまな子供が在籍する通常の学級。
     そのクラスで、どの子も伸ばす工夫として、
    「構造化」…授業の流れや場所を定めることなど
    「視覚化」…口頭説明や指示だけでなく、板書や画像を見せることなど
    「協同化/共有化」…ペアワークなど子ども同士の活動を取り入れることなど
    などを行う「ユニバーサルデザインの授業づくり」に取り組んでおられますか?

    ※名前とコメントは本記事の詳細ページに掲載されます。名前が未入力の場合、匿名での投稿となります。
教育オピニオン
指導技術の教科書
  • 教師力を一段引き上げる!大前暁政の“欲ばり”時間術(6)「その場主義」の効率性
    • 2016/11/25
    • 教師力・仕事術
    仕事をその場で終わらせる「その場主義」を取り入れると、時間は大幅に...
    京都文教大学准教授大前 暁政
  • 赤坂真二直伝!教師のリーダーシップ(6)私たちが主体性を獲得するためには
    • 2016/11/20
    • 学級経営
    上越教育大学教授赤坂 真二
  • QA解説 「特別の教科 道徳」の授業づくり(18)「問題解決的な学習」って何?
    • 2016/11/18
    • 道徳
    筑波大学附属小学校教諭加藤 宣行
著者インタビュー
明治図書最新PR情報
Eduマガのヨミカタ
教育ニュース