Eduアンケート
教育界の話題にモノ申す!クリック2回のカンタン投票アンケート。コメント欄には現場の生の声をお寄せください。
小学校教科担任を950人増 新年度予算案をどう受け止める?
教育zine編集部大江
2022/1/6〜2022/2/2 実施

 12月24日、政府は令和4年度政府予算案を閣議決定し、2022年4月からの小学校高学年の教科担任制本格導入のため、来年度から教職員の加配定数を1年で950人ずつ増やし、25年度までに計3800人の増員を目指すことを決めました。定数増が実現すれば、小学校教員1人当たり、週に3・5コマ程度の授業負担を減らす効果が見込めるといいます。
 一方で、予算案の概算要求で文科省が求めていた「25年度までに約8800人の教員増」という水準は下回る結果ともなりました。皆さんは、この内容をどのように受け止められますか?

※名前とコメントは本記事の詳細ページに掲載されます。名前が未入力の場合、匿名での投稿となります。
コメントの一覧
1件あります。
    • 1
    • [投票なし]
    • 名無しさん
    • 2022/1/14 19:00:25
    政府の政策に誠意が感じられない。
コメントを投稿する

※コメント内ではHTMLのタグ等は使用できません。