授業力&学級経営力 2022年9月号
キーワードで早わかり 先生のための“学び直し”教育学

U150

«前号へ

次号へ»

授業力&学級経営力 2022年9月号キーワードで早わかり 先生のための“学び直し”教育学

紙版価格: 910円(税込)

送料無料

電子書籍版: 準備中

紙版の次号発売月に刊行する予定です

ジャンル:
授業全般
刊行:
2022年8月2日
対象:
小・中
仕様:
A5判 130頁
状態:
在庫あり
出荷:
2022年8月16日
定期購読

目次

もくじの詳細表示

特集 キーワードで早わかり 先生のための“学び直し”教育学
特集扉
教育心理学
秋田 喜代美
教育社会学
相澤 真一
教育哲学
藤井 千春
教育行政学
青木 栄一
教育課程
石井 英真
教育評価
西岡 加名恵
教育工学
高橋 純
生徒指導
藤平 敦
教育相談
小野 昌彦
教育史学
小野 雅章
教師教育学
岩田 康之
教育経済学
古松 紀子
第2特集 最高の2学期にするための「リスタート」アクティビティ
低学年
荒畑 美貴子
中学年
松山 康成
高学年
大野 睦仁
とっておき!学級経営ネタ&アイデア (第6回)
9月
低学年
辰巳 明子
中学年
高橋 朋彦
高学年
飯村 友和
中学
藤永 啓吾
レベル別全解説 教師のほめる技術 (第18回)
菊池 省三
教育問題24時 (第6回)
藤川 大祐
プログラムデザインで考える“逆向き”学級経営学 (第6回)
青山 雄太
トラブル防止につながる! 保護者の信頼をつかむあんしんフレーズ (第6回)
林 真未有田 りりこ
仕事を“楽”にするチートスキル ICT裏ハック (第6回)
前多 昌顕
教師のための著作権講座 (第6回)
宮武 久佳
名著を読む―教師人生を変える1冊 (第6回)
山中 伸之
通常学級での特別支援Q&A 困っている子に寄り添う授業・学級づくり (第6回)
菊池 哲平
二瓶弘行&国語″夢”塾プロデュース 言葉の力が育つ! 今月の国語授業ネタ (第6回)
低学年
手島 知美
中学年
比江嶋 哲
高学年
渡部 雅憲
算数の個別最適な学びと協働的な学び (第6回)
久下谷 明
編集後記
矢口 郁雄
1人1台端末を活用した図工授業のニューモデル (第6回)
岩本 紅葉

編集後記

 編集の仕事をしていて,常々感じることがあります。それは,仕事にかかわる技術や能力を向上させていくには,“予め正しいとされていること”を自分の仕事に当てはめるのではなく,地道な試行の繰り返しによって“正しそうであること”を導こうとする過程が大事である,ということです。仕事には不確実な要素がたくさんあり,やったことが正しいかどうかを確認する術さえないことも多いので,自分なりの「納得パターン」の導き方を知り,それをたくさん備えておくことが重要だと思うからです。

 この先にもう1つ重要だと思うことがあります。それは,“正しそうであること”にたどり着いたら,それを裏づける理論を探してみるということです。例えば,本の紙面レイアウトをたくさんつくっていく中で,「こういうケースでは,こうつくるといい感じに仕上がるな」と感じることが多くなってきたら,書籍等でそのことについて筋道立てて説明しているものはないかを探してみる,というようなことです。そうして「これだ!」というものに行き着いたときは,確かに技術が向上したという手応えを覚えることができます。

 冒頭で,「編集の仕事をしていて」と書きましたが,これはおそらく多くの仕事に当てはまることで,小中学校現場における教育活動のように,不確実な要素が多い仕事であればあるほど,実践から理論に立ち返ることの意味は大きいのではないかと思います。

 以上のような意識に基づいて,本号では,小中学校現場で日々実践を積まれている先生方が立ち返ることのできる,教育学分野の理論や研究動向をたくさんご紹介いただきました。


   /矢口 郁雄

    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書

ページトップへ