道徳教育 2020年10月号
子どものメンタルケアと道徳授業づくり

G748

«前号へ

次号へ»

道徳教育 2020年10月号子どものメンタルケアと道徳授業づくり

紙版価格: 818円+税

送料無料

当日発送

電子版予価: 736円+税

10/8刊行予定

ジャンル:
道徳
刊行:
2020年9月8日
対象:
小・中
仕様:
B5判 90頁
状態:
在庫あり
出荷:
2020年9月25日

目次

もくじの詳細表示

特集 子どものメンタルケアと道徳授業づくり
論説/子どものメンタルケアとこれからの学校教育
桑山 紀彦
導入,説話,朝の会etc.明日話したい「心に栄養が満ちる」名言&メッセージ
目は口ほどに物を言う
古舘 良純
どうなるかじゃない,どうするかだ
猪飼 博子
自分はしない
駒井 康弘
「ありがとう」の反対語は何だろう?
藤原 祐介
志(こころざし)を立(た)てて以(もっ)て万事(ばんじ)の源(みなもと)となす
小出 潤
〜音楽×道徳〜で心を元気にしよう
加藤 八千代
あなたの頑張りは,必ず誰かが見ています
石井 佳織
みんな違っていいんだよ
若泉 寿人
自分が人生から問われている
名和 優
花が咲かないときは
須貝 牧子
神様は乗り越えられない試練を与えない
盛永 美樹
本当の失敗って
小林 輝良
【特別寄稿】子どものメンタルチェックと教師にできること
withコロナ時代の教師として〜子どもたちの心を守るために〜
竹内 和雄
プロが教える「折れない心を育てる」メンタルの鍛え方
勇気づけと成長サイクル〜タイムラインの紹介〜
柘植 陽一郎
授業で育てるレジリエンス
上島 博
【特別寄稿】例年とは違う学校生活を送る先生方へ…教師の心の整え方
真金 薫子
今こそ実践したい! ストレス・コーピング×道徳授業
土田 雄一
心が温かくなる教材で考えあう 幸せを感じる道徳授業
小学校低学年 笑顔と元気をくれたセラピードッグ・チロリ
教材 動画「アイコンタクト チロリ物語」26分58秒(NPO法人 動物と人の愛と絆 促進協会)YouTubeで視聴可能 ※授業ではチロリ物語部分(6分30秒〜24分まで)を視聴
渡邉 泰治
小学校中学年 いつだって,君たちは一人じゃない。たくさんのつながりを実感できる道徳授業
教材 「朝がくると」(出典:日本文教出版)
長岡 かの子
小学校中学年 教材の初読の感想を問い直す場づくり
教材 「1まいの銀貨」(出典:学研教育みらい)
星 直樹
小学校高学年 「粋だね」をキーワードとした道徳授業
教材 「粋な席のかわり方」(出典:大江浩光著・押谷由夫解説『規範意識を高める道徳授業』明治図書)
大江 浩光
中学校 「『しんゆう』って何?」友情について考える
教材 「『しんゆう』って何?」(出典:『中学校道徳 自作資料集―生徒が思わず語り合いたくなる24の話―』三浦摩利著,明治図書)
三浦 摩利
リアルな教材で考えあう コロナウイルスにかかわる問題と道徳授業
コロナウイルス問題を教材化する際の留意点
佐藤 幸司
小学校高学年 積極思考で新しい学校生活をつくる
佐藤 幸司
小学校高学年 今,できることって何だろう?
広山 隆行
中学校 「笑って話せる日が来るか」と問う
桃崎 剛寿
中学校 「怖い」って何が怖いのか?
合田 淳郎
特別企画/ステイホームでも道徳を! オンライン道徳授業の提案
子ども目線でつながりを意識する
江口 健
高い壁を「楽しみながら」越える
藤永 啓吾
いきものに学ぶ,ヒトの生きる道 (第7回)
豊かなサバンナを守る?! ハゲワシ
篠原 かをり
「特別の教科 道徳」の授業づくり講座 (第31回)
人はいつまで成長し続けるのか?
浅見 哲也
新・道徳授業論―次世代につなぐ授業の新発想とその具体化 (第7回)
「非認知能力」を意識して「心の力」を目覚めさせる
永田 繁雄
板書例でよくわかる! 考え,議論する道徳の授業づくり (第7回)
小学校/「状況設定」の変化で「自分事」に迫る「わりこみ」の授業
平山 勇輔
中学校/議論の「時間」を創る
藤永 啓吾
道徳科感想分析法による授業評価と授業研究 (第7回)
「道徳科感想分析法」による児童生徒の変容の理解
飯島 進
道徳講話 校長がする道徳教育 (第7回)
「マジックをみんなで楽しむ」
松原 好広
道徳データバンク 全国調査から見えてくる未来と提言 (第7回)
道徳教育が変わる,年間指導計画が変わる(1)
押谷 由夫
〜教科書に依拠しつつも,学校独自の年間指導計画が工夫されている〜
やさしく学べる道徳教育×哲学 (第7回)
「普通」をつくり直すために
市川 秀之
〜パウロ・フレイレと道徳授業〜
道徳授業=ホープ&エースを紹介します! (第90回)
【秋田県】学力日本一の根底にある道徳教育の充実
毛内 嘉威
編集後記
とっておき道徳授業グッズ―盛り上がるうえに深まります (第7回)
心の変化を可視化する「心情グラフ」
多田 幸城

編集後記

 緊急事態宣言が発令された頃,東京はどんよりと暗く,ピリピリとした空気が漂っていました。しかし,その頃,ある東京在住の先生はオンライン研修会を企画し,いつも以上に活力にあふれていました。その力強さに驚かされた記憶があります。もしかすると,私自身が先行きの見えないコロナ禍に不安を感じていたから,東京全体の空気を重いと思ったのかもしれません。

 同じ状況であっても,心にかかる負担は様々です。笑顔の子が無理をしているということも…。あらためて子どもの姿をしっかり捉える必要性を感じています。


   /C

    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書

ページトップへ