社会科教育 2020年1月号
おさえておきたい!「授業のつまずき」リカバリーガイド

C729

«前号へ

次号へ»

社会科教育 2020年1月号おさえておきたい!「授業のつまずき」リカバリーガイド

紙版価格: 773円+税

送料無料

翌日発送

電子版予価: 695円+税

1/9刊行予定

ジャンル:
社会
刊行:
2019年12月9日
対象:
小・中・高
仕様:
A5判 130頁
状態:
在庫あり
出荷:
2019年12月17日
定期購読

目次

もくじの詳細表示

特集 おさえておきたい!「授業のつまずき」リカバリーガイド
視点1 おさえておきたい!「授業のつまずき」全員がわかる授業デザイン
つまづきを学習者自身が認識でき,それを隠さない授業設計と学習環境の構築
棚橋 健治
視点2 おさえておきたい!「授業の落とし穴」子どものつまずき解消のポイント
(1)地理 地理教育の現在と歴史にみるつまずき解消の考え方
釜本 健司
(2)歴史 教科書記述を鵜呑みにしない児童・生徒を育てよう!
岡明 秀忠
(3)公民 2つの視点活動の往還で,事象のつながりを見つける
岩野 清美
視点3 気になる子にアプローチ!「授業のつまずき」フォローアップの一工夫
子どものつまづきに寄り添うことで手だてが見える
石田 航平
視点4 中学社会「生徒のつまずき」フォローアップワーク
地理・歴史・公民における弱点補強ワーク
黒木 寛久
視点5 【授業最前線】子どものつまずき解消!全員が「わかる」授業モデル/小学校
3年/身近な地域や市の様子
「社会科っておもしろい!」問題解決的な学習のスタートダッシュへ〜新指導要領の内容を踏まえた「つまづきポイント」〜
宗像 北斗
4年/地域社会の災害(水害)防止
二つの問いと「わかる」ための活動
北川 智之
5年/我が国の農業や水産業・国土の自然などの様子
大単元全体で「関連付け」て「わかる」
加藤 達也
5年/情報産業と情報化した社会
情報の内容・目的・活用の課程を具体化して指導する授業展開
渡部 健
6年/弥生時代以前〜安土桃山時代
つまずき解消の四要素
岡本 典久
6年/江戸時代〜明治維新
歴史学習における「価値葛藤問題」を教材化する
佐藤 祐介
視点6 【授業最前線】生徒のつまずき解消!全員が「わかる」授業モデル/中学校
地理的分野/世界の諸地域
「地域を見る目」を育てるヨーロッパ州の授業
金澤 翔平
地理的分野/世界と比べた日本の地域的特色
3つのポイントでおさえる,「わかる」授業
伊澤 直人
歴史的分野/古代までの日本
教材・教師・子どもの融合点を目指す授業
森田 淳一
歴史的分野/近代の日本と世界
「何のために?」を問い,考える授業
下前 弘司
公民的分野/私たちと現代社会
導入部としての位置付けを意識した単元構想
松田 大輔
公民的分野/私たちと政治
政治参加への実感的な理解を目指して
伊倉 剛
視点7 【授業最前線】生徒のつまずき解消!全員が「わかる」授業モデル/高等学校
地理
「つまずき」の視点から地理を捉え直す
森田 育志
歴史
今日は何の日 年号暗記の歴史教育からの脱却
藤野 明彦
公民
経済分野の苦手解消につながる問いかけ
大橋 弘志
最新情報で徹底解説! どうなる・どうする社会科教育 (第10回)
グルーバルカレンダー
小倉 勝登
最新情報でしっかり解説!歴史教育はどう変わるか (第4回)
単元としての「見通し」と「振り返り」
藤野 敦
〈筑波大学附属小学校発〉「主体的・対話的で深い学び」をつくる教材研究ABC (第10回)
6年生の教材つくり(1)
山下 真一
ICTも有効活用!板書&資料でよくわかる授業づくりの教科書 (第10回)
札幌市の雪対策と雪まつり〜市民の願いを実現する政治〜
朝倉 一民
〜小学6年/地方自治〜
100万人が受けたい!見方・考え方を鍛える社会科授業 最新ネタ (第10回)
地理・公民/すごい!ネジ,すごい!物流
河原 和之
〜東大阪市ネジ物流センターの取材から〜
社会科で思考と感情(エンパシー)をどう育てるか (第10回)
ウィギンズらの理解論から考える
原田 智仁
「見方・考え方」の育ちをとらえる!パフォーマンス評価でつくる社会科授業モデル (第10回)
パフォーマンス課題で「深い学び」を実現する
次橋 秀樹
〜中等教育学校・3年次・公民的分野「地球社会と私たち/よりよい社会をめざして」〜
歴史的思考力を伸ばす授業デザイン (第10回)
ウェビングマップを用いて世界史の同時代性を認識する
田尻 信壹
見方・考え方を働かせて学ぶ! 地理授業デザイン (第10回)
観光―「空間的相互依存作用」を働かせて
井田 仁康
小・中・高を通じて「主権者の育成」にどう取り組むか―教材&授業アイデア― (第10回)
主権者の育成と「価値分析力」の育成A
橋本 康弘
新学習指導要領全面実施直前レポート (第10回)
副読本の作成と新学習指導要領(9)
澤井 陽介
社会科は社会とどのように関わるのか―社会に開かれた社会科とは― (第10回)
1月号視点/社会に開かれた高校社会系教科教育
泉 貴久
〜市民性育成をめざした高校地理学習のあり方〜
〈見方・考え方を鍛える!〉学び直す日本史 歴史探究ミニツアーpart2 (第10回)
勤務校大妻中学高等学校周辺歴史散策
寺尾 隆雄
〜身近な地域から歴史を学ぶその一〇〜
わが県の情報 ここに「この授業あり」 (第262回)
千葉県の巻
戸田 善治
編集後記
及川 誠

編集後記

 一年間の授業をすすめる中で,各単元の中で,どうしても「子どもがつまずきやすいポイント」というものがあります。まったく新出のものであったり,言葉が難解であったり,似通っているものと混同しやすい,などその理由は様々です。

 通常はその「つまずき」の前に先生方があらかじめフォローをされている場合が多いのですが,中にはその「つまずき」が一部分の子どもの中で起きていて,「わからない」という反応が表に出ず,そのままになってしまうことがあります。

 社会科においては,小学校で学習した内容についてさらに中学校で深める,という部分もあるわけですが,中学校段階で,小学校段階での知識があまり定着しておらずびっくり,ということも残念ながらあるようです。

 そのようなことを防ぐために,先生方は,各単元において,「子どもがつまずきやすい」ポイントを意識した授業づくりを心がけながら,また,次の時間において前時の学習をフォローするような内容・活動を入れるなどの工夫をされていらっしゃると思います。また,小テストのような形も含め,理解度・到達度を確認されていらっしゃる先生も多いと思います。

 そこで本号では,この「つまずき」をテーマとして取り上げ,「つまずきやすいポイント」を教える際に工夫されていることから,フォローアップのポイント,また万が一,定着に難があった場合のリカバリー法まで,全国の先生方より幅広くご紹介いただきました。


   /及川 誠

    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書

ページトップへ