国語教育 2024年8月号
まるごとわかる!説明文・文学の「教材研究」図解

B896

«前号へ

次号へ»

国語教育 2024年8月号まるごとわかる!説明文・文学の「教材研究」図解

紙版価格: 850円(税込)

送料無料

翌日発送

電子書籍版: 準備中

紙版の次号発売月に刊行する予定です

ジャンル:
国語
刊行:
2024年7月8日
対象:
小・中・高
仕様:
A5判 134頁
状態:
在庫あり
出荷:
2024年7月16日
定期購読

目次

もくじの詳細表示

特集 まるごとわかる!説明文・文学の「教材研究」図解
図解でできる!国語の教材研究
図解でできる教材研究のポイント
内山田 博文
小学校「教材研究」図解の極意
白石 範孝
中学校「教材研究」図解の極意
加藤 郁夫
図解でわかる!説明文の教材研究&授業づくり 小学校
1年/うみのかくれんぼ
原之園 翔吾
1年/じどう車くらべ
原之園 翔吾
2年/どうぶつ園のじゅうい
大村 幸子
2年/ビーバーの大工事
大村 幸子
3年/せっちゃくざいの今と昔
山下 敦子
3年/すがたをかえる大豆
野中 太一
4年/未来につなぐ工芸品
野中 太一
4年/くらしの中の和と洋
山下 敦子
5年/固有種が教えてくれること
京野 真樹
5年/和の文化を受けつぐ
北川 雅浩
6年/『鳥獣戯画』を読む
京野 真樹
6年/「永遠のごみ」プラスチック
北川 雅浩
図解でわかる!説明文の教材研究&授業づくり 中学校
1年/「言葉」をもつ鳥,シジュウカラ
松原 伸一郎
2年/モアイは語る―地球の未来
牧野 太輝
2年/君は「最後の晩餐」を知っているか/「最後の晩餐」の新しさ
岩下 嘉邦
2年/黄金の扇風機/サハラ砂漠の茶会
大山 宏樹
3年/人工知能との未来/人間と人工知能と創造性
岩下 嘉邦
3年/幸福について
大山 宏樹
図解でわかる!文学の教材研究&授業づくり 小学校
1年/おおきなかぶ
青木 大和
1年/たぬきの糸車
青木 大和
2年/お手紙
青木 伸生
2年/スイミー
青木 伸生
3年/ちいちゃんのかげおくり
吉野 竜一
3年/モチモチの木
吉野 竜一
4年/一つの花
三笠 啓司
4年/ごんぎつね
三笠 啓司
5年/注文の多い料理店
藤平 剛士
5年/大造じいさんとガン
藤平 剛士
6年/やまなし
弥延 浩史
6年/海のいのち
弥延 浩史
図解でわかる!文学の教材研究&授業づくり 中学校
1年/星の花が降るころに
宍戸 寛昌
1年/少年の日の思い出
宍戸 寛昌
2年/盆土産
中川 美佳
2年/字のない葉書
中川 美佳
2年/走れメロス
廿樂 裕貴
3年/故郷
廿樂 裕貴
学びが活性化する! 今月の「言語活動&話し合い」ガイド (第5回)
理論
松本 修
小1
鈴木 真樹西田 太郎
小2
武田 純弥佐藤 多佳子
小3
大村 幸子松本 修
小4
渡辺 優菊西田 太郎
小5
藤野 匡裕西田 太郎
小6
佐藤 綾花西田 太郎
中1
渡邊 尊仁桃原 千英子
中2
西山 愛美井上 功太郎
中3
大島 彩弥香井上 功太郎
言語化する力を哲学する―「ことばにならない何か」から始まる国語教育 (第5回)
佐藤 宗大
だれも教えてくれなかった ほんとうは楽しい語彙学習 (第5回)
萩中 奈穂美
主体化する国語科授業デザイン (第5回)
小泉 芳男香月 正登
生成AIを活用した授業づくり (第5回)
渡辺 光輝
国語教育の実践情報 (第101回)
小学校
大塚 健太郎
中学校
鈴木 太郎
わが県の国語ソムリエ (第147回)
秋田県
成田 雅樹
第54回「博報賞」受賞 (国語教育領域)
愛知県 一般社団法人ハッピートークアカデミー協会
博報賞について
編集後記
木山 麻衣子
今月号 掲載教材一覧

編集後記

 本誌8月号では,毎年,教材研究を特集しています。小学校の国語教科書が新しくなった今年度は,新教材の研究も必要になります。すぐに使える内容にするため,教材の構造図を併記した「図解」という形にしました。図解によって,国語科が専門でない先生や初めてその教材を教える先生にも,教材の構成が一目でわかり,教材分析や教材研究が深まりやすいのでは…と思ったからです。

 76教材の構造図を紹介している『教材分析から課題,思考のズレ,問い,解決までわかる!論理的に思考する「考える国語」の授業づくり』の中で,編著者である白石範孝先生が,教材分析と教材研究の違いについて,以下のように述べられています。

・【教材分析】それぞれの教材のもつ特徴や論理をとらえること。

・【教材研究】教材分析によって明らかになった教材の特徴や論理を生かした授業計画を立てること。

 また,「教材の特徴,論理が明らかになっていれば,『その教材だからこそ活用できる,これまでに習得した力』『その教材だからこそできる新たに習得することができる力』といったものが見えてくるはずである」とも述べられ,教材分析をもとにした課題設定の重要性も示されています。

 本号では,この教材分析を図で表した構造図をもとにして,「この教材『で』何を教えるか」を明らかにした提案ができればと思います。


   /木山 麻衣子

    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書

ページトップへ