Eduマガのヨミカタ
毎月発行される教育雑誌の中から、その時期にぜひ読んでほしい厳選記事をご紹介するコーナーです。
今こそ授業力アップ!物語文・説明文指導に役立つ技術
国語教育 2020年5月号
教育zine編集部大江
2020/4/7 掲載

 普段の授業で、何気なく行っている声かけや発声、板書、使っている道具や学習ルール…。それらすべてが、授業を成功させるための「指導技術」と言えるかもしれません。しかし実際に、教材を前にした子どもたちに、どんな技術がどんな効果を生んでいるのか、どれくらい意識されているでしょうか。
 そこで、『国語教育』2020年5月号「永久保存版!国語教師のための物語文・説明文の指導技術」では、国語の物語文・説明文指導に役立つさまざまな「技術」を集めました。小学校ではいよいよ新教科書での授業が始まる新学期、あなたの「指導技術」も見直してみませんか?
 
 「これだけは押さえたい!物語文・説明文指導のポイント」では、二瓶弘行先生・小林康宏先生・鈴木一史先生・舟橋秀晃先生に、今押さえておきたい物語文・説明文指導の前提となる考え方、指導のためのポイントを整理いただきました。
 さらに、「定番教材で学ぶ!場面別 物語文/説明文の指導技術」では、小・中学校の教科書定番教材の授業場面を例に、

  • 発問・指示
  • 音読
  • 板書
  • 交流・話し合い
  • アイテム活用

等の技術について、具体的なねらいや方法、効果をご紹介いただきました。豊富なアイデアの中には、授業力アップにつながるお気に入りの「技術」が見つかること間違いなしです。
 国語教師必携の「指導技術」が学べるこの1冊、ぜひご一読ください!

コメントを投稿する

※コメント内ではHTMLのタグ等は使用できません。