多賀一郎の子どもと保護者の願いをよみとく教師塾
教師塾・親塾を主催する多賀一郎先生が、子どもと保護者の本音に向き合う方法をアドバイス!
多賀一郎の教師塾(7)
叱られたときの子どもと保護者の気持ちをよみとく
追手門学院小学校講師多賀 一郎
2013/10/17 掲載
  • 多賀一郎の教師塾
  • 学級経営

この時期の子どもたち

 子どもを叱らなければならないときというものが、必ずあります。子どもたちはまだまだ成長過程だし、理解できないことも多く、してはいけないことをしてしまうものです。
 子どもは、間違いを起こして、叱られて反省して成長するものですから、教師が叱るというのは教育的行為だと考えます。(体罰や怒鳴りつけることを指しているのではありません。)
 ただし、叱ることには責任が伴うことを忘れてはいけません。叱った後、最後まできちんと始末をつけるということが大切です。最後とは、子どもがそのことを理解し、行動に現すところまでです。そして、その成果や努力を褒めることで終わるべきですね。

担任が気をつけたいポイント

感情的にならないようにクールダウンする

 だいたい、教師が子どもを叱るとき、子どもの行為に対して腹が立っているときが多いので、なかなか冷静に叱れないものです。しかし、感情的になってしまったら教育ではなくなってしまいますから、心にしっかりと「クールダウン」をおいておかなければなりません。僕もよくそれで失敗をしてきました。難しいことであっても、クールダウンです。
 子どもは叱られると、自分を否定されたとか、先生に嫌われたとか思ってしまいがちです。腹立ちに任せて子どもを叱ってしまうときは、特にその怖れが強くなります。子どもの言動を叱ったのであって「先生はあなたが嫌いだから叱ったのではない」ということを本人に伝えましょう。

保護者への対策も考えて叱る

 「親が怖くて教師なんてしていられない」と開き直れる時代ではありません。保護者のことは、頭において叱るべきです。微妙なのですが、僕が言っているのは、保護者によって態度を変えろということではなく、叱る以上は、同時に保護者への対策も考えなければ無責任になるということなのです。
 叱られ方や程度にもよりますが、30年前の子どもは、まず、叱られたことを親には言いませんでした。言ったら、さらに親から叱られるからです。「先生に叱られるなんて、恥ずかしいことをするな」というように。
 今は、違います。親は子どもにどうして叱られたのかを聞いて、納得がいかなければ学校へ連絡します。子どももそのことを知っていて、自分に都合のいい言い方をします。
 こんなことを書くと、「子どもを信じていないのか」とおっしゃる先生もいらっしゃるかもしれませんね。でも、今の子どもは、そんなに甘くありません。けっこう、したたかです。

先手必勝。叱ったことを連絡する

 叱った内容にもよるのですが、叱ったことについては、保護者に連絡を入れる方が良いと思います。保護者に連絡を入れるということを頭においていたら、叱るときに、より正確に事実を確かめてから叱るようになるでしょう。
 また、保護者に伝えるときは、何よりも事実が大切ですが、子どもの悪口ばかりを並べ立てて言うべきではありません。叱ったこと以外に、最近の子どもの姿を語れると良いでしょう。

多賀先生からのワンポイントアドバイス

 子どもの良い姿、認められる行為などを日々、記録しておくことが大切です。その記録が、子どもを深く理解することに役立ちます。そして、何かあったときに、保護者との話をスムースに進めることにも使えるのです。
 僕の前任校のモットーは「常に備えよ」という言葉でした。何かあってから考えるのではなく、常にいろいろなことに対応できるべき準備をおこたらないことが、学級教育でも大切だと思います。

多賀 一郎たが いちろう

 神戸大学付属住吉小学校を経て私立小学校に長年勤務。元日本私立小学校連合会国語部全国委員長。現在、追手門学院小学校講師。専門は国語教育。親塾を神戸と大阪で主催して、保護者教育に力を注いでいる。また、教師塾やセミナー等で、教師が育つ手助けをしている。絵本を通して心を育てることもライフワークとして、各地で絵本を読む活動もしている。
 『はじめての学級担任4 1から学べる!成功する授業づくり』 『小学校国語科授業アシスト これであなたもマイスター!国語発問づくり10のルール』(明治図書)『子どもの心をゆさぶる多賀一郎の国語の授業の作り方』『全員を聞く子どもにする教室の作り方』『今どきのこどもはこう受け止めるんやで』(黎明書房)など、著書多数。
 ブログ「多賀マークの教室日記」も好評。

(構成:杉浦)
コメントの受付は終了しました。