研究会情報
全国の研究会開催スケジュール満載!最新の教育技術をライブで体験して、授業力アップにお役立てください。
算数教科書活用セミナー(4/21 京都)
教科書を使って「対話のある算数授業」をつくる
開催地域
京都府
日程
2019/4/21(※要申込:4/20まで)
主催
算数教科書活用研究会
講師
尾ア正彦(関西大学初等部)
樋口万太郎(京都教育大学附属桃山小学校)
森谷明夫(池田市立池田小学校)
参加対象
小学校
ジャンル
算数・数学/指導方法・授業研究/教職課程・教員研修

会場

名称
京都教育文化センター(302会議室)
606-8397
所在地
京都府
京都市左京区聖護院川原町4-13
【参加申込・詳細】
 ↓
https://kokucheese.com/event/index/558653/

【テーマ】教科書を使って「対話のある算数授業」をつくる

◆なぜ算数授業の中で「対話」をつくるのでしょうか。クラスの友だちとの対話を通して、「考えの深まり」や「学びの定着」を生み出していくことができるからです。◆教師がコツさえ知れば、教科書教材で十分に、対話のある算数授業を生み出すことができます。◆2本の模擬授業と、尾ア正彦代表の講座を通して、「対話のある算数授業のつくり方」を明らかにしていきます。

【プログラム】
◆11:30 受付開始

◆12:00〜12:45
講座『対話のある算数授業のつくり方』尾ア正彦 (45分)

◆13:00〜14:30
教科書を活用した模擬授業(30分×2本)
 @ 樋口万太郎の「わり算」の授業(3年生)
 A 森谷明夫の「いくつといくつ」の授業(1年生)
 ※小グループで学びのシェア。
 ※尾ア正彦のコメント。

◆14:45〜15:30
『5月単元攻略法』〜全6学年の教材研究会〜
教科書を使った教材研究の方法とコツを、小グループで学びあいましょう!(希望学年にご参加)

◆15:30〜16:00
算数授業づくりQ&A

【会場】 『京都教育文化センター』(302会議室)
【参加費】2000円

※ 本セミナーは学校現場の先生方対象です。それ以外の方は参加できません。