リトミックで音楽授業!
リトミックが初めての先生もOK! 映像とワンポイントアドバイスで、だれでも楽しい音楽授業があっという間にできあがります。
リトミックで音楽授業!(12・最終回)
わらべうたで多様な工夫を生み出しましょう
国立音楽大学准教授井上 恵理ほか
2014/5/10 掲載
  • リトミックで音楽授業!
  • 音楽

「あんたがたどこさ」を歌いながら動く

対象
小学校低学年から
学べる要素
拍の流れ、問いと答え、フレーズ

 「童謡」は子どものために作詞作曲された歌です。それに対して「わらべうた」は子どもたちの遊びなどの中から生まれた歌です。歌いやすさや親しみやすさという点でわらべうたは抜群の魅力があります。歌いやすく楽しいわらべうたを教材として、音楽を形づくっている要素を生かしたさまざまな工夫ができます。

「かたつむり」『リトミックでつくる楽しい音楽授業』付属DVDより
(クリックすると映像がストリーミング再生されます。)

※上の映像をクリックしても再生できない場合はこちらの映像をお試しください。

 映像の「あんたがたどこさ」は毬をついて遊ぶことで知られています。

  • 歌いながらボールをつくのは、拍の流れにのって音楽を楽しむ力が身に付きます。
  • 映像にあるように「あんたがたどこさ?」「ひごさ」「ひごどこさ?」と複数で歌うことで音楽を特徴付けている問いと答えを実感できます。
  • 映像では、膝で「あんたがった」を、クラップで「さ」を叩き、グループで楽しんでいます。心の中で楽しく歌いながら、「さ」で終わるフレーズを意識することができます。

 児童が歌詞を見ないで歌えるようになってから、いろいろな工夫を取り入れることで、音楽を形づくっている要素を楽しく聴き取り感じ取ることができます。

リトミックってなぁに?

 リトミックとは、スイスの作曲家エミール・ジャック=ダルクローズ(1865-1950)の創案した音楽教育法です。
 音を聴き、感じ、身体から音楽を理解し、さらに音楽を通して心身ともに情緒豊かな人間を育てること、身体全体からわき出てくるような喜び、うれしさ、楽しさを奏で、そこから音楽を創ること、表現することの素晴らしさを体験し、音楽の感性を高めます。

井上 恵理いのうえ えり

東京藝術大学音楽学部楽理科卒業。ジュネーヴ・ジャック=ダルクローズ学院卒業。ダルクローズディプロマ取得。国立音楽大学准教授。玉川大学非常勤講師。「リズムの森」総合指導主任。日本ジャック=ダルクローズ協会副会長、全日本リトミック音楽教育研究会本部講師。
著作として『“体を楽器”にした音楽表現 リズム&ゲームにどっぷり!リトミック77選』(共著、明治図書、2006)、『アクション&ビートでつくる音楽鑑賞の授業』(共著、明治図書、2007)、『DVD ジャック=ダルクローズのこどもたち』(訳、響、2004)などがある。

酒井 美恵子さかい みえこ

国立音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。東京都の公立中学校の音楽科教諭及び指導主事を経て現在、国立音楽大学准教授。日本音楽教育学会、日本学校音楽教育実践学会などに所属。
著作等として『中学校音楽科新学習指導要領ガイドブック』(共著、教育芸術社、2008)、『中学校新学習指導要領の展開 音楽科編』(共著、明治図書、2009)『中学音楽が魅力的に変わる!授業プランの新モデル24 第1学年編』『同 新モデル30 第2・3学年編』(何れも編著、明治図書、2010)などがある。

(構成:木村)
コメントの受付は終了しました。