【齋藤孝先生監修】学び続ける先生のための記録&スケジュール帳『教師力手帳』
『教師力手帳』は、仕事の段取り力を高め、知的な教師生活をサポートする工夫がいっぱいの、先生向け手帳です。
学び続ける先生のための「教師力手帳」(6)
2019年版のリニューアルポイントを紹介 第1弾‼
『教師力手帳』製作委員会
2018/12/7 掲載
  • 齋藤孝先生監修『教師力手帳』
  • 教師力・仕事術
  • コメント(0)

 ついに2019年版の『教師力手帳』が発売になりました!
 『教師力手帳』のリニューアルポイントについて、今回と次回の2回に分けてお届けします!

■活用しやすい巻頭の年間予定表!

 巻頭に年間予定表を移動し、使いやすいように工夫をしました。
 手帳に書き込むもことも、学校で配られた予定表を貼り込むこともできます!
 下記の画像のように、年間予定表とマンスリーページ、ウィークリーページを同時に広げて予定を確認できるので、スケジュール管理がよりしやすくなりました。

写真1年間予定表とマンスリーページ

写真2年間予定表とウィークリーページ

■クラスごとの進度のチェックに最適!

 「『先週、どこまでやったっけ…?』と言いつつ、生徒のノートを覗く…」ということから、さよならできるのが学習内容確認表です!
 クラスごとに、「何を・いつ」学習したかが一目で管理できます。定期テストなどの範囲を検討する際にも、活用ができます。

写真3学習内容確認表

■生徒指導の記録として

 今年から設けた新しいページが生徒指導&会議記録です。この生徒指導&会議記録は、たっぷりと量がありますので、様々なことが記録可能です!
 例えば、担任する生徒の様子を一人ずつ記録していきたい先生は、下記のように生徒の様々な情報を書き込むことができます。全部で44人分記録できますので、担任クラスの生徒情報が一括管理できます。

写真4生徒指導&会議記録

■会議記録として

 次に、打ち合わせの記録ページとして活用したい先生は、下記のように様々な会議の記録簿として活用できます。
 
写真5生徒指導&会議記録

 活用法は無限大です!

 次回は、手紙文例やデキる教師の言い換え語録などについて、ご紹介します。

コメントを投稿する

※コメント内ではHTMLのタグ等は使用できません。