これからの算数教育5
算数のキーワードと高次の学力を育てる指導
算数的活動、思考力・判断力・表現力、基礎・基本

これからの算数教育5算数のキーワードと高次の学力を育てる指導算数的活動、思考力・判断力・表現力、基礎・基本

書評掲載中

新教育課程において大切な概念とその指導を論理的に明示

新教育課程を生かすために、改訂を特徴付けるキーワードに着目することは、極めて有効なことです。本書は、今回の改訂のキーワードである、思考力・判断力・表現力を論理的に明らかにし、具体例を取り上げ、これらの力が高次の学力とどのように関係するかを示しました。


紙版価格: 2,200円+税

送料・代引手数料無料

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-540523-2
ジャンル:
算数・数学
刊行:
対象:
小学校
仕様:
A5判 168頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年11月18日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

はじめに
序;学力の階層
第1章 算数的活動
[1] 算数的活動の意味は,現行と新教育課程では同じか
(1) 「意味を広くとらえれば」と「そうした活動に限られるものではない」の違い
(2) 外的活動を強調した弊害
[2] 「算数的活動」の意味をとらえるために
(1) 概念の「内包」と「外延」について
(2) 概念形成の過程
(3) 概念「算数的活動」を明確にするには
(4) 算数的活動に含まれない活動に何があるか
[3] 算数的活動を明確にするための例
(1) 掛け算での活動
(2) 割り算の意味での活動
[4] 「算数的活動」をこうとらえよう…本書の主張
[5] 新しい観点からの算数的活動の例
[6] 外的算数的活動と内的算数的活動との関係
(1) 算数・数学の本質から見て
(2) 発達心理学の観点から見た算数的活動
(3) 外的な算数的活動はすべて過程か
[7] さらに算数的活動の例
(1) 数え方の工夫
(2) 図に表すとよい例 計算法則を図表示で証明
(3) 発展的活動の例 「被除数=除数×商+あまり」を具体的場面によむ
第2章 思考力,判断力
[1] キーワードとしての思考力,判断力,表現力と基礎・基本
(1) 新教育課程の「改訂の基本方針」として
(2) 算数科では「判断力」をはぐくむことはねらいではない?
(3) 「思考力,判断力,表現力の育成」は総ての教科で伸ばす共通のねらい
[2] 問題解決の過程と思考力
(1) G.Polyaの問題解決の過程
(2) J.Deweyの反省的思考
(3) G.Wallasの創造的思考
(4) F.Fehrの問題解決の過程
(5) A.H.Schoenfeldの問題解決の過程とストラテジー
[3] 問題解決の過程と思考力
(1) 本書で考える問題解決の過程
(2) 問題解決の段階についての考察
(3) 問題解決の過程での思考力,判断力,表現力を明確にする
[4] 算数科のねらいとしての思考力とは
○ 数学的な考え方一覧
[5] 判断力
[6] 論理的判断
[7] 直観と直観的判断
(1) 問題の所在
(2) 詳しい考察
(3) 直観の例
(4) 直観的判断
(5) 直観を育てる指導は?
(6) 直感的判断
第3章 算数科で育てたい表現力
[1] 算数科の目標としての表現力
(1) 誰が誰に対して表現するか
(2) 何を表現するか
[2] 自己自身のためのよりよい表現を工夫すること
[3] 自己自身のためのよりよい表現を工夫する例
[4] 自分の思考したことを,他のものに的確に伝えるように,表現を工夫する
[5] 他のものの表現をよく理解すること
[6] 表現力を育てる例1 式と記号について
(1) 式の意味
(2) 記号の意味
(3) informalな記号の指導
(4) 式によって表現するよさ
(5) 式をよむよさ
[7] 表現力を育てる例2
第4章 基礎・基本
[1] 教育課程改訂のねらいとしての基礎・基本
(1) 今回の教育課程の改定の方針では
(2) 平成11年の改訂の方針では
(3) 昭和53年の改訂の方針でも
(4) 昭和43年の現代化のときは
[2] 基礎・基本の意味は
(1) 基礎と基本の意味
(2) 何が基礎・基本か
(3) 学力の意味の復習
第5章 キーワードを強調する事例1 色板並べとその発展
[1] 事例「色板並べ」
[2] 形作りの少し進んだ学習
[3] 色板並べのより進んだ学習…高学年の色板並べ
[4] さらに発展
[5] さらに,さらに発展
[6] さらに,さらに,さらに発展
第6章 キーワードを強調する事例2 パズル「引いて,引いて,また引いて」
[1] パズルの問題
[2] パズルのきまりの一般化
[3] 問題の発展

はじめに

 教育課程が改訂されるたびに,その改訂を特徴付けるいくつかのキーワードが示されています。キーワードによって,その改訂の特徴を訴え,また受け取るほうも,それを取っ掛かりにその改訂に関心を持ち,改訂のねらい,重点をとらえようとするでしょう。今回の改訂でも,このキーワードに着目し,その意味を知り,そのよさを生かすようにすることは,教育課程を生かすために,極めて有効なことです。

 といっても,改訂に際して,改訂でのキーワードはこれこれであると,示されているわけではないのですが,今回の改訂でのキーワードとして,「学力の向上」をはじめとして,「思考力」,「判断力」,「表現力」,「基礎・基本」などが挙げられます。

 これらは改訂された教育課程全般に共通なキーワードです。この中で算数科では「判断力」がなくなっています。しかしもちろん「判断力」も算数でも育てたい大切な力です。

 また「基礎・基本」はこれまでの何回もの改訂の度に,強調されてきたものですが,今回も強調されています。ただその強調される理由が,その時代時代によって異なっています。

 そして,算数科では,特に「算数的活動」ということが非常に強調されています。もっともこの語は平成11年の改訂のときに,初めて使うことにしたものだとして,非常に強調したのですが,今回はこれをさらに強調しています。

 また久しぶりに「素地」ということが言われてきました。これは昭和33年の改訂や昭和43年の改訂で強調され,それ以来その指導の必要が言われてきていたのですが,このごろは「素地」という語を使わないで,「基礎的な経験」とか「基礎的なこと」といっています。このことを知れば,実は今の指導要領でも「素地」にあたることを扱っていることが分かるのですが,特に若い方々には,このことが分かっていないようで,「素地」ということを,全く新しいことのように思って,何をどう指導するのかが分からないようです。

 このようなことから,キーワードとして

   「学力の向上」

   「算数的活動」

   「思考力」

   「判断力」

   「表現力」

   「基礎・基本」

   「素地」

などが挙げられます。

 実はこのうちの「学力」については,本シリーズの

 第1巻 算数の「学力」とは何か

 で,詳しく考察しました。

 また,「素地」についても,この第1巻で,詳しく考察しました。

 是非この第1巻を見てほしいと思います。

 本書では,この2つ以外のキーワードについて,その意味とこれに注目することの価値,さらにその指導について理論的に,また具体的に考察しました。

 これらを指導することの価値は,もちろん学力を上げるためです。

 学力にはレベルの違いを考えることが,これを明確にとらえるために大切です。そのレベルについては,本書の序でその4つの段階を一応再掲しましたが,詳しくは,第1巻に述べてあります。

 すべての子供にもたせたい学力は,第1,第2段階の学力です。

 「基礎・基本」「素地」の指導は,主にこの基礎的な学力である第1,第2段階の学力を確実に身につけさせるためといえるでしょう。

 そしてこの段階の学力はもちろん,さらに第3段階の学力を伸ばす努力をしなくてはなりません。思考力(これは算数では数学的な考え方ですが),判断力,表現力は,この高次の学力を身につけるために欠かせない力と考えられます。そこで思考力,判断力,表現力を理論的に明らかにするとともに,これらが高次の学力にどう関係するかを示しました。そして,さらに興味ある具体例を最後にとりあげて,これらの力が高次の学力とどのように密接に関係するかを示しました。

 是非これらの大切な概念とその指導を,理論的にしっかり理解し,具体的な指導の仕方を考えて,学力の育成に役立ててほしいと思います。

 特に最近は,how toもののような手軽な算数指導の本がよくでているようですが,どうぞ理論的にもしっかりした研究をし,実践してほしいと思います。本書はその意図に合うと思います。


  2010年2月   /片桐 重男

著者紹介

片桐 重男(かたぎり しげお)著書を検索»

1925年,東京都に生まれる。東京教育大学(現筑波大学)大学院教育学研究科修士課程修了。都立教育研究所指導主事,文部省初中局小学校課教科調査官,横浜国立大学教育学部教授,文教大学教授等を歴任,新算数教育研究会名誉会長,算数数学教育合同研究会名誉会長。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ