道徳教育 2022年1月号
GIGAスクール時代の情報モラル教育

G763

«前号へ

次号へ»

道徳教育 2022年1月号GIGAスクール時代の情報モラル教育

紙版価格: 900円(税込)

送料無料

翌日発送

電子版価格: 810円(税込)

Off: ¥90-

ポイント還元10%

ファイル形式

PDF
ジャンル:
道徳
刊行:
2021年12月6日
対象:
小・中
仕様:
B5判 90頁
状態:
在庫あり
出荷:
2022年1月18日

目次

もくじの詳細表示

特集 GIGAスクール時代の情報モラル教育
論説/情報モラル教育からデジタル・シティズンシップ教育へ
情報モラル教育の新たな視点
三宅 健次
端末活用と使用ルールづくりのポイント
小学校1〜3年 適切なルールづくりで,トライ&エラーを
椎井 慎太郎
小学校4〜6年 ルールを決める上で大切にする三つのこと
二川 佳祐
中学校 生徒と共に考え,話し合って創り出す端末使用ルール
星 美由紀
前向きに活用する時代でも…トラブル事例と対応法
小学校低中学年 リアルでダメならネットでもダメ!!
若泉 寿人
小学校高学年 トラブルは指導のチャンス 問題解決の4つのステップ @【問題の発見】 A【原因の調査】 B【解決策の立案・実行】 C【評価・価値づけ】
草刈 沙原
中学校 だからこそリアリティのある実践を
吉成 正士
中学校 端末の持ち帰りにともなうトラブル
佐々木 篤史
大人が知らない子どものデジタル環境
GIGAスクール時代の教員が知っておきたいこと
竹内 和雄
情報モラルの大問題,どう教材化して授業で扱うか
@ネットいじめ 教材名:2つのオープンチャット
既知と捉える事象からの脱却をめざし,よりよい生き方を見出す情報モラル教育
水流 卓哉
Aフェイクニュース・デマ 教材名:高校生の一言から始まったデマ,ネットを漂うデマ「感染」を防ぐには
理想は「今日の授業の情報は本当か」と疑問に思う生徒を育てる
田中 利幸
B著作権侵害 教材名:「コピペルナー」とYouTube動画アップ事件
著作権侵害の基礎・基本を学ぶ
橋本 康弘
デマ,フェイクニュースに騙されないために…教師のための認知バイアス入門
サトウ タツヤ
情報モラルを考えるオススメ教材と授業展開
小学校2年「角がついた かいじゅう」(出典:光村図書)
身近な生活から情報との向き合い方を考える
尾崎 正美
小学校2年「こんなとき どうするかな」(出典:光村図書)
児童の実態に合わせた展開を考える
中野 真悟
小学校3年「家のパソコンで」(出典:学研)
自分の生活とつなげて情報モラルを考える
寺西 克倫
小学校4年「カマキリ」(出典:学研)
自分で判断する力を育てる情報モラルの授業展開
堀篭 謙友
小学校5年「相手に思いを伝えたはずなのに……」(出典:私たちの道徳 小学校5・6年)
道徳の授業がもつ無限の可能性
中村 優輝
小学校6年「生徒会活動でスマホルールを作ろう」(出典:ネット社会の歩き方 一般社団法人 日本教育情報化振興会)
本音でトーク! インフォーマルな空気感で,学習用端末のルールづくりを!
石本 周司
中学校2年「いつでも・どこでも・誰とでも」(出典:廣済堂あかつき)
人と人をつなぐ本当のコミュニケーションとは?
石川 和義
中学校3年「合格通知」(出典:東京書籍)
SNSの使い方から考える「友情,信頼」
雨宮 光平
スマイル★道徳授業づくり 教科書120%活用法
扉の詩
庄子 寛之
オリエンテーションページ
吉田 修平
挿絵・写真
井原 賢一
書き込みページ
星野 歩美
学習のてびき
鎌田 賢二
HP等掲載のコンテンツ
小貝 宏
いきものに学ぶ,ヒトの生きる道 (第22回)
自分を貫くコアラ
篠原 かをり
教えて,浅見先生! 道徳授業の悩み・疑問 (第10回)
問題解決的な学習とは?
浅見 哲也
新・道徳授業論―次世代につなぐ授業の新発想とその具体化 (第22回)
子どもが「アンテナ」を高くして,受信し発信する
永田 繁雄
板書例でよくわかる! 考え,議論する道徳の授業デザイン (第10回)
中学校/議論するだけの授業から,より深く考える授業へ
喜田 貴美枝
イチからわかる役割演技 (第10回)
効果的に役割演技を取り入れる! 役割演技を効果的に取り入れるために早速チェック
北川 沙織
授業づくりに役立つ内容項目×哲学 (第10回)
他者を尊重することはいかに可能か
橋本 憲幸
〜国際理解と国際貢献の道徳教育〜
道徳授業でのタブレットPC活用術 (第10回)
ポジショニング機能で考えの揺れ動きを可視化する
江口 健
after道徳バブルの道徳教育学 (第10回)
道徳科の評価と「行動の記録」
貝塚 茂樹
道徳授業=ホープ&エースを紹介します! (第105回)
【愛知県】VUCAな時代に生きる道徳科授業がある
柴田 八重子
〜OECDの内容を想いつつ道徳科の教室実践する教師達〜
編集後記
学級活動&道徳でできる! 関係づくりのアクティビティ (第10回)
私はだれでしょう?(Who am I?)
土田 雄一坂本 千代

編集後記

 Twitterやヤフーコメント(通称ヤフコメ)を見ていると、強い言葉を用いた一面的な意見ばかりで、辟易することがあります。このような状況に触れるたびに、私が子どもの頃、今のネット環境に触れていたら、一方の意見や一部の意見を正しいと思い込んだのではないか……と恐ろしくなることがあります。

 1人1台端末が配布され、今まで以上に子どもを取り巻くデジタル環境は進んでいます。ICTの積極的活用と同レベルで、情報活用スキルや多面的な思考の育成について考えていきたいと、今感じています。


   /C

    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書

ページトップへ