子供の意欲を倍増させる算数導入課題アイデア集1低学年編

投票受付中

よりよい授業を創るために、意欲を何倍にも高める章・節の課題とその提示の仕方、さらに、課題の見つけ方、作り方、課題提示の仕方についての基本的な考え方を明らかにする。


復刊時予価: 2,330円+税

送料・代引手数料無料

電子書籍版: なし

ISBN:
4-18-501419-8
ジャンル:
算数・数学
刊行:
2刷
対象:
小学校
仕様:
A5判 160頁
状態:
絶版
出荷:
復刊次第
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

もくじ

もくじの詳細表示

はじめに
■総論
■低学年の課題の特徴
第1章 第1学年
第1節 第1学年の導入課題
1 だれのなまえがながいかな? 【10までのかず】
2 なんばんめがゆうしょうかな? 【なんばんめ】
3 たまいれゲーム?  【いくつといくつ】
4 もんだいをつくろう 【たしざん】
5 めだかとり 【ひきざん(こたえが10まで)】
6 ふくろにいくつはいっているかな? 【20までのかず】
7 めいろゲーム 【3くちのけいさん】
8 どんぐりひろい 【くりあがりのあるたしざん】
9 かいものごっこ 【くりさがりのあるひきざん】
10 ふくろのなかにいくつある? 【おおきなかず】
11 いちばんながいのはどれ? 【ながさくらべ】
12 いろいろなかたちをつくろう 【はこのかたち】
第2節 発展的事例
1 ゲームをたのしくしよう 【かずくらべのくふう】
第2章 第2学年
第1節 第2学年の導入課題
1 大きいさかなは小さいさかなでなんびきかな? 【10000までのかずのかぞえかた】
2 わなげゲーム,なんてんとれるかな? 【ひょうとグラフ】
3 しゅんかんゲームでたしざんしよう 【2けたのたしざん】
4 ルーレットでひきざんしよう 【2けたのひきざん】
5 おかしやさんでもんだいをつくろう 【3口のけいさん】
6 いろいろなものをくふうしてかぞえよう 【1000までのかず】
7 ゆうえんちでさんすうをしよう 【かけざん(5,2のだんの九九)】
8 わかっていることをじょうずにつかおう 【7のだんの九九とさくもん】
9 ビスケットはいくつある? 【かけざんのつかいかた】
10 どうぶつえんをつくろう 【三かくけい・四かくけい】
11 大きなさかなをつくろう 【ながさ】
第2節 下学年から移行する内容と発展的事例
1 おもしろいかたちをつくろう 【かたちづくり】
2 カードゲーム 【じこく】
3 はこづみゲーム,いちばんたかいのは? 【高さと空間の広がり】

はじめに

 算数の指導で,新しい単元や節に入るときに,子供たちの学習意欲を高めようとして,どんな問題を出したらよいか,問題のどんな出し方をしたらよいかということについて,先生方は非常に苦心し,工夫されていることと思います。章や節の初めに出した課題に対して,子供たちが「この問題はおもしろい」と興味をもち,「どうしても考えてみたい」という意欲を強くもてば,あとの授業の展開は非常に楽になります。しかも子供たちが,興味をもち,意欲をもったものについては思いもよらないほどの大きな力を発揮するものです。

 授業を進めるときは,多くの方は教科書の内容を中心に進めていかれるでしょう。章や節の導入に当たっても,そこで取り上げる問題は教科書の問題をそのまま使おうと考えることが多いかもしれません。そこで子供たちが興味をもち,意欲を高めてくれれば問題はないのですが,実際にはなかなかそうはいきません。教科書の問題は,全国どこでも使えるものということで設定されていたり,その章・節で教える算数的内容があって,それにたやすく結びつけやすいようにということから問題が選ばれるために,どうしても問題が一般的であり,おもしろ味のないものが多いようです。しかも,教科書では問題のすぐあとに,そのヒントや,考えの助けになる絵が示されていたり,さらに解法まで示されているため,なかなかそのままでは使えません。使ってもなかなか子供たちの意欲を高めることはできません。

 そこで,本シリーズでは,

  意欲を何倍にも高める章・節の課題とその提示の仕方

を先生方に提供することにいたしました。それだけでなく,このような課題の提供を通して,

  意欲を何倍にも高める課題の見つけ方,作り方,さらに課題の提示の仕方についての基本的な考え方

を明らかにしました。

 そのために本書は,具体的には次のように工夫した構成になっています。

 1 教科書の問題を,それぞれの地域や子供たちに合うように作り替えた課題を示す。

 そして,そのような課題の作り方の基本的な考えを示す。

 2 1のように改善した問題について,その提示の仕方の工夫を具体的に示す(できるだけそのまま拡大コピーして,子供に配ることができるようにした)。

 そして,その示し方の基本的な考えを解説した。

 3 章や節のねらいに合った,子供たちの意欲を高める新しい興味ある問題を示す。

 また,そのような問題の見つけ方,作り方についての基本的な考えを示す。

 4 3のような新しい問題について,その提示の仕方の工夫を具体的に示す。

 そして,その示し方の基本的な考えを明らかにする。


 これらによって,子供の算数に対する興味を深め,学習意欲を高め,授業を非常にしやすくする効果的な課題や,その提示の仕方を具体的にとらえられるとともに,その基本的な考え方,目の付けどころを知っていただけるでしょう。是非,本書を十分に活用していただきたいと思います。

 なお,今回の学習指導要領の改訂によって,下の学年から移動してくる内容があります。これについては「下学年から移行する内容の導入課題」として示すことにしました。さらに,これからは特に発展的な内容を考えることが大切なので,「発展的な内容の事例」として,そのいくつかを示しました。


  平成12年1月   監修 /片桐 重男

    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • 算数導入課題アイデア集(低学年編)を読んで。

      教科書どうり公式を暗記させられる子供はたいへんです。
      実体験の中で算数的なものを学ばせる実例があり授業組み立ての
      ヒントになりました。
      特に池のメダカを捕まえて、引き算の練習、子供たちが集めてきた
      箱を使って班対抗で箱積み高さくらべで面や形を意識させるなど
      低学年算数としては楽しく工夫されてると思いました。
      この本をヒントにして算数授業を工夫するつもりです。
      2000/6/21新米先生

ページトップへ