中学校道徳サポートBOOKS
中学校 子どもの心にジーンと響く道徳小話集

中学校道徳サポートBOOKS中学校 子どもの心にジーンと響く道徳小話集

新刊

インタビュー掲載中

子どもたちの琴線にふれるような小話を活用しませんか

教科書だけでの授業にマンネリ化を感じていませんか。本書では、教科書教材と組み合わせて活用できる小話を用意。導入で思わず子どもがひきつけられる小話、補助教材として授業に深みをもたせる小話、説話として活用できる小話など、珠玉の小話を67集めました。


紙版価格: 2,100円+税

送料・代引手数料無料

当日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-332010-0
ジャンル:
道徳
刊行:
対象:
中学校
仕様:
A5判 168頁
状態:
在庫あり
出荷:
2019年12月11日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

もくじ

もくじの詳細表示

まえがき
1章 豊かな発想による授業づくり
1 しなやかで活力ある道徳科授業づくりのために
―生徒の主体的な学びを引き出す小話の活用―
2 活力ある道徳科授業づくりのための小話アラカルト
―学ぶ生徒が思わず身を乗り出す多様な小話活用法―
2章 いつでもどこでも活用できる! 道徳小話集
A−(1) 自主,自律,自由と責任
小話1 その時はよくても,長い目で見た時に,本当に幸せなのは…?
小話2 意見を言い合える仲間とは
小話3 なせば成る
小話4 「誠実」って何? 「まごころ」って何?
A−(2) 節度,節制
小話5 ナンバーワンでなくオンリーワンを目指せ
小話6 目標を細かな単位に分けてみる
A−(3) 向上心,個性の伸長
小話7 リスクを恐れずに挑戦していくこと
小話8 一流の楽しみ方を身につけよう
小話9 君の強さは,君だ
A−(4) 希望と勇気,克己と強い意志
小話10 オリンピック界の伝説の歌
小話11 涙と泪の違い
A−(5) 真理の探究,創造
小話12 「雲」は水蒸気?
小話13 スマートフォンは,中学生に必要?
小話14 演劇「京劇」を極めるとは?
小話15 バレエの本質の探究
B−(6) 思いやり,感謝
小話16 多くの人々の善意にどういう生き方で応えていくか
小話17 相手にとって重荷にならない思いやり
小話18 『SLAM DUNK』安西監督の言葉
小話19 筆談ホステス
B−(7) 礼儀
小話20 便利な社会が礼儀を奪う?
小話21 「いただきます」は誰に言うのか?
B−(8) 友情,信頼
小話22 相手が本当に求めていること
小話23 信用と信頼の違い
小話24 雁のV字型編隊飛行
小話25 オペレーション・トモダチ(トモダチ作戦)
B−(9) 相互理解,寛容
小話26 歩む速度はそれぞれ違う
小話27 責める社会,ほめる社会
小話28 他者から学ぶこと
小話29 自分で自分の評価をしない
C−(10) 遵法精神,公徳心
小話30 規則違反の温情停車は正しい判断か?
小話31 動物園の入園拒否等の規則は何のため?
小話32 裁判員選任
C−(11) 公正,公平,社会正義
小話33 生まれた時から心にあるもの
小話34 英語の正義には「よい」という意味がある
小話35 「いじめ」?
小話36 文部科学省の「いじめ」の定義
C−(12) 社会参画,公共の精神
小話37 大切なのは
小話38 社会の中での責任
小話39 社会の中で自らができること
C−(13) 勤労
小話40 社会に貢献しようとする態度
小話41 生きがいのある人生を実現しようとする意欲
C−(14) 家族愛,家庭生活の充実
小話42 家族の力
小話43 家族の絆
C−(15) よりよい学校生活,集団生活の充実
小話44 人を動かし,チームの総合力をアップさせる四つのポイント
小話45 久保建英
C−(16) 郷土の伝統と文化の尊重,郷土を愛する態度
小話46 「恩送り」という言葉
小話47 ふるさと
C−(17) 我が国の伝統と文化の尊重,国を愛する態度
小話48 大晦日,正月はふるさとで
小話49 日本人の原風景(里山の写真)
C−(18) 国際理解,国際貢献
小話50 国際社会とグローバル社会の違い
小話51 郷に入っては郷に従え
D−(19) 生命の尊さ
小話52 お母さんの気持ちは?
小話53 子どもの思い
小話54 殺処分から災害救助犬に
小話55 リンゴの木を植える
小話56 これから大輪の花を咲かせる種
小話57 心の中の鈴
D−(20) 自然愛護
小話58 星の王子さま
小話59 Earth
D−(21) 感動,畏敬の念
小話60 人間の力をはるかに超えた自然の力
小話61 2000年のハス(大賀ハス)
D−(22) よりよく生きる喜び
小話62 三つの「幸せ」
小話63 おじいちゃんのための金メダル
小話64 自分の道
小話65 失敗を恐れるよりも
小話66 人間の弱さや醜さを克服する強さ,生きる喜び
小話67 人間のずるさ弱さを乗り越えるためには?
あとがき

まえがき

 令和元年を目前にした平成31年4月,前年度より実施されていた小学校に次いで中学校道徳科がスタートしました。これで我が国の義務教育学校全てで道徳科全面実施となって安堵したところですが,その実践となると簡単ではないようです。生徒たちの手元に真新しい教科書が届けられ,いざ授業開始となってみると,教師はそこではじめて様々なことに気がついてくるようです。「あれっ,この教材はどうやって活用するの?」と,教師は道徳科教科書を活用する段になってややとまどいを感じるようです。そんな珍事は1年先に先行実施された小学校でも然りで,昨今では小・中学校共通の悩みとなっているようです。その理由は,どうも道徳科教科書の教材内容構成にあるようです。道徳的資質・能力形成に基づく道徳性育成を意図する道徳科では,これまで主流だった感動を前面に打ち出した読み物のみでなく,様々な論説文や画像・データ等をもとにして考えるといった多様な教材構成となっていることが少なくありません。ですから,従前と同じような教材観で道徳科教科書活用を進めようとすると,なかなかうまくいかないのです。本書はこれから道徳科教科書をフルに使いこなすためのアイデア,とりわけ小話といった補助教材との組み合わせによって生徒たちの主体的な道徳学びが展開できるような,実効性ある指導を具体事例で紹介していきたいと思います。

 これまでの「道徳の時間」は,学校の教育課程では領域として位置づけられてきました。ですから,教科書もなくて「副読本」と称されていた道徳資料集にある教材とか,文部科学省や地域教育委員会等が作成した指導資料集から教材をピックアップして用いていました。当然,それは「いいとこどりのつまみ食い」的な教材構成となりがちでした。ですから,授業展開するうえで扱いやすい教材,新人であろうとベテランであろうとあまり失敗しない教材を便宜的に並べた指導計画になりがちだったわけです。なぜなら,「道徳の時間」では子どもの道徳的行為を可能にする個の内面的資質形成という大くくりな「道徳的実践力」の育成ということのみが目標に示されていたからです。しかし,新たにスタートした「特別の教科 道徳」=道徳科では,学習指導要領の目標に「よりよく生きるための基盤となる道徳性」を養うために,道徳的諸価値についての理解力,物事を広い視野から多面的・多角的に考える思考力,人間としての生き方について考え学ぼうとする力等の育成が重要な要素としてあげられています。いわば,この目標改訂は領域としての「道徳の時間」での心情重視型道徳授業から,論理的思考に視点を置いた教科型道徳科授業へと発想を転換していかなければならなくなったことを意味しています。

 心情重視型道徳授業から論理的思考力重視型道徳科授業への転換によって,生徒たちの道徳学びにも当然のように変化が生じてきます。生徒一人一人が身近な道徳的問題を自分事として捉え,「考え,議論する道徳」によって実効性の伴う道徳的資質・能力としての道徳性を自らの内面に獲得していけるような,論理的思考力をベースとした道徳性形成可能な授業へと転換することがこれからの道徳科授業の新しい方向性となっていくに違いありません。

 当然,そのような論理的思考力重視型の道徳科授業では他教科同様に様々な道徳科教科書を用いていかなければ,十分な成果をあげていくことは不可能です。ですが,これまでの道徳授業が大切にしてきた心情重視といった側面が全て消えてなくなるわけではありません。むしろ,両者のバランスをとりながら教科書教材を活用していくことが重要になってきます。そんな時に教科書教材に活力を与えたり,教科書教材ではカバーしきれない多感な時期の生徒たちの琴線にふれるような道徳的追体験として補ったりする「道徳小話」が,これからはますます重視されてくることと思います。

 本書は,「道徳小話」を通じて毎時間の道徳科授業での活用を後押しするとともに,生徒一人一人の健やかな人格的成長を後押しする補助教材事例を多数紹介して道徳科授業改善に役立ててほしいと願って企画されました。中学校道徳科授業充実の一助になれば幸いです。


   /田沼 茂紀

著者紹介

田沼 茂紀(たぬま しげき)著書を検索»

新潟県生まれ。上越教育大学大学院学校教育研究科修了。國學院大學人間開発学部初等教育学科教授。専攻は道徳教育学,教育カリキュラム論。川崎市公立学校教諭を経て高知大学教育学部助教授,同学部教授,同学部附属教育実践総合センター長。2009年より國學院大學人間開発学部教授。同学部長を経て現職。日本道徳教育学会理事,日本道徳教育方法学会理事,日本道徳教育学会神奈川支部長。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ