黄金の三日間 誰でもできる楽しく知的な学級づくり 高学年

黄金の三日間 誰でもできる楽しく知的な学級づくり 高学年

ロングセラー

好評15刷

「黄金の三日間」を意識した学級開きの実践集。

@出会いの三日間で一年間が決まる。A安定した学級づくりに欠かせない指導のポイント、B一年間を安定させる学級のシステムづくり、C知的な授業がクラスを支える・授業開き全教科、Dコピーしてすぐに使える黄金の三日間ファックス資料集などすぐ役立つ事例集。


紙版価格: 2,100円+税

送料・代引手数料無料

当日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-238126-3
ジャンル:
学級経営
刊行:
15刷
対象:
小学校
仕様:
A5判 196頁
状態:
在庫あり
出荷:
2018年11月19日
新学習指導要領解説書籍
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

まえがき /甲本 卓司
T 出会いの三日間で一年間が決まる!
一 黄金の三日間これだけはおさえたいポイント
―名前を呼んで褒めよう― /小野 隆行
二 六年生の心構え
―六年生よ。学校全体の範を示せ!― /甲本 卓司
三 高学年を納得させるポイント
―自分自身で約束させ、周りの力を使う― /小野 隆行
四 春休みの準備チェックリスト
―春休み、新年度の準備を計画的に進めよう― /大恵 信昭
五 学級開きの事務処理を早く終わらせる仕事術
―春休みの過ごし方が一年を決める― /大恵 信昭
六 五年担任の一年間を見通した仕事
―宿泊研修の準備は、見通しを持って行おう― /大前 暁政
七 六年担任の一年間を見通した仕事
―修学旅行の準備は早め早めに取りかかろう― /杉本 友徳
八 黄金の三日間:第一日目の指導タイムスケジュール
―初日は所信表明。そして、子どもを褒めよう― /三宅 孝明
九 黄金の三日間:第二日目の指導タイムスケジュール
―学級を組織しよう― /三宅 孝明
一〇 黄金の三日間:第三日目の指導タイムスケジュール
―授業で教師の威厳と権威を確立しよう― /三宅 孝明
一一 出会いを楽しくするゲームメニュー
―出会いのゲームで、教師が主導権を握ろう― /熊谷 博樹
U 安定した学級づくりに欠かせない指導のポイント
一 夢を語り夢を持たせる
―教師自身が夢を持ち努力する― /甲本 卓司
二 いじめを教室からなくすにははじめが肝心
―いじめをなくせるのは教師だけである― /杉本 友徳
三 アドバルーンにはこう対応する
―アドバルーンは、全員の前で指摘し直させる― /大前 暁政
四 アドバルーンにはこう対応する
―シャーペン・消しゴム等の文房具編― /大前 暁政
五 アドバルーンにはこう対応する
―赤鉛筆編― /大前 暁政
六 アドバルーンにはこう対応する
―交換日記編― /大前 暁政
七 やんちゃな子に絶対負けないケンカ術
―ケンカ術の原則をふまえ冷静に戦う― /杉本 友徳
八 ADHDの子がクラスにいたら
―ADHDの特性を理解し、褒める場面を意図的につくる― /小野 隆行
九 ASの子がクラスにいたら
―安心できる学級づくりをしよう― /熊谷 博樹
一〇 LD・その他の障害の子がクラスにいたら
―「視覚・聴覚」両方の情報入力を確保する― /小野 隆行
V 一年間を安定させる学級のシステムづくり
一 学級を組織する
―統率者としての自覚を持て― /甲本 卓司
二 みんなで支える一人一役当番システム
―担任不在でも一週間動くシステムをつくる― /三宅 孝明
三 遊ぶ子がいなくなる掃除当番の決め方・やらせ方
―細分化してやり方を示し、チェックして褒める― /杉本 友徳
四 給食当番の決め方とどの子も満足する給食指導
―おかわりの順番にもすべて意味がある― /杉本 友徳
五 日直当番にはこんな仕事をさせる
―混乱しないシステムをつくることが重要である― /小野 隆行
六 クラスの当番を滞らせないチェックシステム
―誰ができていて誰ができていないかを明確にする― /小野 隆行
七 創意工夫のある係活動でクラスを盛り上げる
―係と当番を分けて、やりたい活動をさせる― /熊谷 博樹
八 シンプルだから毎日続く:朝の会・帰りの会の進め方
―短時間で終わるように必要最小限のことを行う― /三宅 孝明
九 力をつける朝自習のおすすめメニュー
―子どもから質問が出ない課題を与える― /三宅 孝明
一〇 ダイナミックな活動で、学級の文化を高める
―五色百人一首で学級の文化を高める― /大恵 信昭
一一 子どもが落ち着いて過ごす雨の日の遊び方おすすめメニュー /大恵 信昭
一二 どの子も楽しんでやってくるおすすめ宿題メニュー
―自分から調べたいと思わせる宿題を出す― /大前 暁政
W 知的な授業がクラスを支える 授業開き全教科
一 五年:国語の授業開き
―授業開きで子どもを熱中させる向山実践― /杉本 友徳
二 五年:社会の授業開き
―平成五円玉を作ろう― /大恵 信昭
三 五年:算数の授業開き
―ノートの使い方を一時に一事で指導する― /三宅 孝明
四 五年:理科の授業開き
―磁石の授業で、「条件を統一する」技能を意識させる― /大前 暁政
五 六年:国語の授業開き
―教室が爆笑の渦になる向山実践― /杉本 友徳
六 六年:社会の授業開き
―地図帳ゲームで楽しく開始する― /大恵 信昭
七 六年:算数の授業開き
―知的な「」の授業で逆転現象を起こす― /三宅 孝明
八 六年:理科の授業開き
―ジャガイモを使って討論を仕組む― /大前 暁政
九 高学年:図工の授業開き
―道具の使い方から指導し、色塗りをていねいにさせる― /熊谷 博樹
一〇 高学年:音楽の授業開き
―隙を与えずに、次々に活動させて褒める― /甲本 卓司
一一 高学年:家庭科の授業開き
―裁縫道具と家庭科ノートを準備する― /甲本 卓司
一二 高学年:体育の授業開き /三宅 孝明
一三 高学年:道徳の授業開き
―「いじめのないクラスに」というメッセージを伝える― /小野 隆行
一四 高学年:英会話の授業開き
―TOSS英会話で、英語は楽しいと思わせる― /杉本 友徳
X コピーしてスグに使える 黄金の三日間FAX資料集
一 五年:四年生の漢字復習テスト /熊谷 博樹
二 五年:四年生の算数復習テスト /大前 暁政
三 六年:五年生の漢字復習テスト /熊谷 博樹
四 六年:五年生の算数復習テスト /大前 暁政
五 給食当番表 /熊谷 博樹
六 掃除当番表 /熊谷 博樹
あとがき /甲本 卓司

まえがき

 学級崩壊をしたクラスを翌年担任することがある。

 そのとき、学級崩壊の原因をつかんでおく必要がある。何が、作用しなかったのか。

 その中で、特別支援を要する子どもたちへの対応が悪く、学級崩壊になるケースが少なからずある。

 そういった場合には、十二分な用意が必要となる。

 前担任にその子の様子を聞く。

 指導要録をさかのぼって読んでおく。

 そして、関連の本を何冊も読んでおく。

 また、専門医の話を聞いておくことも大切だ。

 向山洋一氏は、そういった子どもを担任した際に、氏の決意を次のように書いている。

 「彼の神経は鋭敏で、ナイーブであった。ごまかしのない教育を持続せねばならなかった。ぼく自身の弱さ、甘さ、嘘、ごまかしを、射続けられるかどうかが鍵であると思った。弱い自分自身を変革するために、自分の弱さをあばき射続ける決意をこめて、学級通信を『スナイパー(射撃手)』と名づけた。」 (『教師修業十年』五六頁)

 できないことをできるようにさせるのは、そう簡単なことではない。

 その子が、何年も心に抱いている自分のできない部分を変革させるのだ。

 「先生が、絶対できるようにしてやる」

と宣言をする。が、子どもの心のどこかには、「うそだ」という小さな小さな影がある。

 そこを変えていくには、たった一つの方法しかない。

 その子の、できないことをできるようにすることだ。

 何でもいい。その子が、腹の底から「できた」と思えた瞬間からその子は、変化をしていく。

 そこには、教師の「執念」が必要となる。

 向山氏が、自分の弱さをあばき射続ける決意を込めて担任をしている。

 我々も、その子を本当に変化させたいと思うならば、勉強をし、万策尽きるまで手を打つことである。


 その中でも「黄金の三日間」は、大切である。この三日間で、変化をきたす仕込みを次々に打たねばならない。

 その一つが、「褒める」ことである。

 褒めて、褒めて、褒める。

 これが、出会いの極意だ。

 向山氏は、出会いの日、ジーパンをはいて教室に行く。

 服装が、同じでも褒めようと決意をして教室に向かう。

 服装など、その子を褒めることができるならばなんでもないことだ。

 それほど子どもに寄り添った出会いを大切にしているのだ。


 本書は、高学年で注意すべき「黄金の三日間」を紹介している。今年もすばらしい学級をつくられることをお祈りする。教師は、すばらしい仕事である。


  二〇〇六年八月一日 盛夏

   TOSS岡山サークルMAK代表 /甲本 卓司

著者紹介

甲本 卓司(こうもと たくじ)著書を検索»

TOSS岡山サークルMAK代表

『ジュニア・ボランティア教育&総合的な学習』誌編集長

岡山県久米南町立弓削小学校勤務

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ