教務主任 365日の仕事大全

教務主任 365日の仕事大全

新刊

BEST300

インタビュー掲載中

きちんとわかる・しっかりできる 教務主任の仕事術

学校全体が大きな変革を迫られたときこそ教務主任の腕の見せ所。GIGAスクール構想をはじめとした新しい動きの中で、学校の頭脳である教務主任の仕事は大きなやりがいに満ちています。心構えからアイテム等を駆使した仕事術まで、教務主任の仕事の全容がわかります!


紙版価格: 2,156円(税込)

送料・代引手数料無料

翌日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-233329-3
ジャンル:
教師力・仕事術
刊行:
対象:
小・中
仕様:
A5判 144頁
状態:
在庫あり
出荷:
2022年1月21日
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

CONTENTS

もくじの詳細表示

はじめに
Chapter1 教務主任生活スタート!教務主任っていったいどんな人?
全校の子どもたちに影響を与える
学校の中のかじ取り役
学校を支える縁の下の力持ち
職員室の副担任
職員室の空気をつくる
職員室を整備する
学校の自由人
Chapter2 これでバッチリ!教務主任 365日の全仕事
学校全体をまとめる
学校の体制を整える
学校の方針を具現化する
学校の予定を作成する
時間割を設定する
学校行事の時数を割り当てる
特別教室を割り当てる
チャイムを設定する
他部署との連携を取る
各学年との連携を図る
職員朝会の司会をする
職員会議の資料をまとめる
先生たちから資料を回収する
卒入学式を計画する
卒入学式の司会をする
学校行事を推し進める
保護者宛のおたよりを作成する
学校HPを充実させる
通知表を作成する
転入生を受け入れる
転出入を管理する
学校全体を支える
教頭先生の頼まれごとをこなす
職員室を整備する
印刷室を整備する
電話を受ける
来客の対応をする
生活指導案件を受ける
外部から受け入れる会議を開催する
おたよりを配付する
掲示板を作成する
チラシなどを配付する
掲示物を作成する
補教に入る
学級のサポートをする
学校協議会に参加する
良きリーダーとなる
学校を見て回る
先生方と打ち合わせをする
先生たちの相談にのる
先生たちから引き出す
先生たちをつなぐ
先生たちを指導する
先生のよいところを広めていく
飛び込み授業をする
COLUMN 職員室のごみから見えること
Chapter3 デキる教務主任になる!モレなくキッチリ業務が回る仕事術
オリジナル手帳で日々を乗り切れ
資料が0秒で飛び出す整理法
メモでログを残す情報整理術
週予定を把握する
月予定を把握する
年間予定を把握する
クリアファイルを活用する
付箋を最大限に活用する
目的論で考え,判断スピードを上げる
相談する人は誰かを把握しておく
仕事術の真髄は考え方をブラッシュアップすること
COLUMN 「お茶出し」に戸惑う……
Chapter4 押さえておきたい!教務主任としての心構え
全校児童担任という意識をもつ
コミュニケーションの回数を増やす
相手側の椅子に座ってみる
根拠と信頼で職員室をまとめる
先読みで学校を落ち着かせる
決断こそ緊急時を乗り切る唯一の方法である
選択と集中がカギ
リーダーは孤独である
自分軸をもつ
自分を発信していく
COLUMN 教務主任になっても「授業」にこだわる
おわりに

はじめに

 「教務主任,いけるか??」

 この言葉が私を教務主任へと導いてくれた言葉となりました。

 私が初めて教務主任となる4月の前に,校長室に呼び出され,当時の校長からこのように言われたのでした。


 30代の後半から,担任をしつつも教務主任をする先輩の姿を見て「いつか,自分も教務主任を引き受けなければいけないのかな」という思いを抱くようになっていました。


 ただ,その思いは決して前向きなものだけではありませんでした。

 「担任する学級がなくなるとはどういう感覚なのだろう」

 私の体の中は,この思いが支配していました。

 経験したことのないものは,やはり不安が大きくなるもの。

 私も例外ではありませんでした。


 しかし,教務主任となって様々な仕事をこなしてみると本当にたくさんのやりがいと可能性を見つけることができました。「担任のないさみしさ」がなかったと言えばうそになりますが,担任では決してできないような仕事とたくさん巡り合うことができました。


 何より大きかったことは「これから学校を左右する情報がすぐに届く」ということです。教育委員会から管理職に届いた情報は,必要なものはすぐに教務主任にも共有されます。特に,私が教務主任となったときには,「コロナ」「GIGAスクール」と,学校全体が大きな変革を迫られたときでしたので,今後の学校の方針をどうしていくかという流れの真ん中にいることができたのは大きなやりがいでした。

 本書を手に取ってくださった方々も「教務主任ってどんな仕事をするのだろう」と思われている方も少なくないと思います。


 私のように「まだ担任がしたいな……」という思いをもちながら任命されたり,「新しいことに挑戦するぞ!!」という気持ちをもって任命されたり,様々な方がいらっしゃるでしょう。


 本書では,「教務主任の仕事とは何なのか?」「教務主任だからできるやりがいとは何なのか?」ということを,私の経験をもとにまとめさせていただきました。


 教務主任は学校の頭脳となります。

 良い教務主任がいる学校は必ず良い学校になります。


 これまで「学級」という組織をまとめてきたことと思いますが,次は「学校」をまとめてみませんか?


 教務主任の仕事は自分の裁量でできるものも多く,可能性に満ち溢れています。私のように,全学級に自分の得意な教科で飛び込み授業をすることもできるかもしれません。


 ぜひ,これまで培ってきたあなたの可能性を学校という大きな組織で解放してください。

 本書が,あなたの可能性を拓く一助になることを願っています。


  令和3年3月23日 全国一斉休校を経験した1年を終えようとする特別の日に……

   /丸岡 慎弥

著者紹介

丸岡 慎弥(まるおか しんや)著書を検索»

1983年,神奈川県生まれ。三重県育ち。

大阪市公立小学校勤務。教育サークルやたがらす代表。関西道徳教育研究会代表。

NLPやコーチングといった新たな学問を取り入れて,これまでにない教育実践を積み上げ,その効果を感じている。

教師の挑戦を応援し,挑戦する教師を応援し合うコミュニティ「まるしん先生の道徳教育研究所」を運営。自身の道徳授業実践も公開中。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ