学級経営サポートBOOKS
子どもを自立へ導く学級経営ピラミッド

学級経営サポートBOOKS子どもを自立へ導く学級経営ピラミッド

好評2刷

インタビュー掲載中

子どもを「自立」へ導く学級づくりの羅針盤!

「あの先生の時は頑張っていたのに…。」教師に頼らず自分で判断・行動できる子どもを育てるには、どの段階からスタートし、どのレベルまで伸ばすかをイメージすることが大切。子どもを「自立」へ導く学級づくりの秘訣を、余すところなく伝授。この1冊で学級が変わる!


紙版価格: 1,960円+税

送料・代引手数料無料

当日発送

電子版価格: 1,764円+税

Off: ¥196-

ポイント還元10%

ファイル形式

PDF EPUB
ISBN:
978-4-18-182018-3
ジャンル:
学級経営
刊行:
2刷
対象:
小・中
仕様:
A5判 176頁
状態:
在庫あり
出荷:
2017年8月23日
教育書サマーフェア
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

まえがき
第1章 子どもを自立へ導く学級経営ピラミッド
1 公教育が終わったときに,どんな人に育っていればよいですか
2 自立に必要な3つの資質
3 自立へ導く「学級経営の道筋」とは
4 新しい時代に対応した「学級経営プログラム」
5 自立に向けた個人の成長モデル
第2章 規範意識を育てる
1 自由でのびのびとした雰囲気をつくる
2 規律を浸透させ秩序をつくる
3 学級の「荒れ」を根本的に立て直す
4 前向きな気持ちを学級に浸透させる
5 望ましい考え方や生き方を語る
6 権利と義務を教えよう
7 自律を促す
第3章 共に生きる姿勢を育てる
1 子ども達と目指す姿を共有する
2 学級集団の関係づくり強化への道筋
3 「認め合い」を生み出す
4 差別・いじめをなくす
5 集団への所属感を高める
6 仲間をつくるための個別指導
7 共に力を合わせる喜びを体験させる
8 「協力の大切さ」を体験的に理解させる
9 協調の大切さを教える
第4章 目標をもって努力を続ける姿勢を育てる
1 成功体験を保障する
2 やればできる事実を創る
3 「正しい教え方」+「あなたはできる」で子どもは変わる
4 少々の失敗ではへこたれない気持ちを育てる
5 頑張りを見落とさずに肯定的な言葉をかけ続ける
6 大きな目標に挑戦させよう
7 未来への希望を描かせよう
8 教師も子どもも互いに高め合うゴールを定める
9 自分の意思で歩む姿勢を育てる
第5章 個人の自立と集団の自治を促す
1 精神的な自立を促す
2 リーダー体験を通して,よりよい集団をつくる力を育てよう
3 学んだことを生かせるかどうか確認し,自分で考えて動く姿勢を育てる
4 自分の意思で選択する場面を用意する
5 自由な判断には自己責任が伴うことを教える
6 学級の自治を促す
7 学級自治の具体的内容と筋道
8 人や社会に貢献する喜びを体験させよう
あとがき

まえがき

 1年間で,すばらしい学級をつくりあげる教師がいる。

 ところが,次の年。

 担任が変わったとたん,その学級が荒れてしまうことがある。

 荒れないにしても,前年度に比べ,頑張らない方向に進むことがある。

 これは一体なぜなのだろうか。


 このことに対する答えは,よく次のように言われていた。

 「学級経営がうまくいくかどうかは,教師の力次第ですよ」

 確かに,その通りである。

 しかし,これは答えの半分でしかない。

 もう半分の答えは,別のところにある。

 なぜ,子ども達は荒れてしまったのだろうか。

 なぜ,前の年に比べて,頑張らなくなったのだろうか。

 答えは,前の年の学級経営では,「子どもが自立するまで育てることができなかったから」である。


 前年度の担任は,はたから見ると,一見すばらしい学級をつくりあげたように見えた。

 ところが,その実,教師の力強い統率で,子どもの荒れを制御していたに過ぎなかった。

 そんな事例が,少なくない。

 教師が必死になって,子どもの荒れを抑えていただけだったのである。


 反対に,こんな例もある。

 「幼稚園から荒れている」

 そう引き継ぎを受けた男の子。

 高学年になっても荒れは続いており,学級崩壊の中心となっていた。

 小学生なのに,複数の中学生ととっくみあいの喧嘩をするほどの猛者である。

 授業もさぼるし,教師への暴言もひどく,地域からの苦情も絶えなかった。

 その子を受けもって1年。

 自分で自分を律することができるようになった。

 友達の気持ちを考えて行動できるようになった。

 そして,高い目標に挑戦することの充実感も体験した。

 1年後には,まるで別人のように,自分から頑張るようになったのである。

 そして,次の年。

 その子は,別の学級への配属となった。

 その学級には,たくさんのやんちゃな男の子がそろっており,2学期になって,学級が荒れる事態になった。

 ところが,その子は荒れに参加しなかった。

 それどころか,卒業までの1年間,高い目標を自分で設定し,頑張り続けたのである。

 卒業式の前日。下校時刻ぎりぎりになって,「先生,今年も1年間頑張り続けました」と報告にきてくれた。私は,しっかりとほめ,文集にメッセージを書いた。


 自立の姿勢が育った子どもは,学級担任から離れても,頑張り続けることができる。

 本書は,自立を促すための学級経営の方法について述べた。

 「最終的に教師がいなくても,1人で生きていけるまでに「自立」させる」

 そのような自立を促す学級経営が,教師の世界の常識になることを願って本書を送り出す。


  2015年   /大前 暁政

著者紹介

大前 暁政(おおまえ あきまさ)著書を検索»

岡山大学大学院教育学研究科(理科教育)修了後,公立小学校教諭を経て,2013年4月より京都文教大学准教授に就任。複数の大学の教員養成課程において,教育方法学や理科教育学などの教職科目を担当。「どの子も可能性をもっており,その可能性を引き出し伸ばすことが教師の仕事」ととらえ,現場と連携し新しい教育を生み出す研究を行っている。文部科学省委託体力アッププロジェクト委員,教育委員会要請の理科教育課程編成委員などを歴任。日本初等理科教育研究会,日本理科教育学会所属。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • 当たり前と思っていることも,筋道立てて書かれていて整理できた。
      2016/5/840代・小学校教員
    • 目標が具体的で大変わかりやすかった。始めにゴールを設定し、そのゴールに向かって、この目標を達成したら、次はこの目標を設定するなど具体的であった。
      2015/5/230代 鴻巣市小学校教諭
    • 企画内容がおもしろい
      2015/4/21
    • 理想的な学級経営の本。
      ベテラン教師にもおすすめです。
      2015/4/3
    • ピラミッド、知らないとまずいですね(>_<)
      次にどこに行けばいいかわかりました!!
      2015/4/3ZARD
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ