「規律ある教室」を創る 小学5・6年

「規律ある教室」を創る 小学5・6年

好評8刷

規律ある教室をつくるための指導を具体的場面で紹介する

まずは「教師が毅然とした態度でスタートさせる」必要があると説く。特に黄金の三日間で教室に規律をつくることの大切さを説く。つづいて学習ルール、環境を整えることで教室に規律が生まれることを実証する。高学年の手強いトラブルにはこう対応しようと主張。


紙版価格: 1,960円+税

送料・代引手数料無料

当日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-154325-9
ジャンル:
学級経営
刊行:
8刷
対象:
小学校
仕様:
A5判 152頁
状態:
在庫あり
出荷:
2019年9月20日
新学習指導要領解説書籍
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

もくじ

もくじの詳細表示

まえがき
T 教師が毅然とした態度でスタートを切る
一 黄金の三日間で教室に規律をつくる
1 一日目
2 二日目
3 三日目
二 黄金の三日間でいじめの芽をつぶす
1 いじめに対して宣戦布告する
2 いじめのアドバルーンを見逃さない
3 いじめのアドバルーンへの対応方法
三 黄金の三日間でアドバルーンに対応する
1 最初の三日間でアドバルーンを見逃さない
2 アドバルーンの種類
3 アドバルーンは全体を味方にして叩く
4 全員の原則と教師の気概
四 高学年のケンカ対処法
1 ケンカは学校で区切りをつける
2 ケンカの対処は両成敗で
3 けがを負わせた場合
4 女子のケンカへの対応
5 対処後の配慮
五 システムを確立して楽しい給食指導にする
1 給食指導の原則
2 向山式おかわり指導
3 給食当番システム
4 給食の準備は返却の準備まで
六 全員が掃除をするようになる掃除指導
1 掃除指導の原則
2 評価する
3 やると得をする掃除システム
4 掃除場所の交代方法
U 学習ルール・環境を整えることで教室に規律が生まれる
一 学習のルールを指導する
1 筆箱の中身を統一する
2 下敷きや定規をきちんと使わせる
3 発表の仕方・聞き方を指導する
4 学校ですることは、全て「丁寧に」させる
二 忘れ物に対処する
1 忘れ物をした時は、具体的な対策まで報告させる
2 学習用具を忘れた子への対応
3 忘れ物が減らない子への対応
4 宿題を忘れた子への対応
5 宿題を絶対にやってこない子へのとっておきの対応
三 授業はチャイムと同時に開始する
1 チャイムの合図を守る子を育てるために
2 授業終了のチャイムを守る
3 授業はチャイムと同時に開始する
4 楽しい授業をする
四 授業開始で、子どもを巻き込む
1 いつも決まった学習から入る(国語)
2 フラッシュカードで一気に巻き込む(全教科)
3 助走問題で、自然に授業に引き込む(算数)
4 モノを用意し、じらす(理科)
5 地図帳を使って楽しく授業を開始する(社会)
6 リズム太鼓で楽しく準備運動をさせる(体育)
五 授業中に悪ふざけをする子への対応の仕方
1 叱る基準は「友達の勉強をじゃまする」こと
2 受けねらいで発言する子への対応
3 友達とふざけていて、話を聞いていない子への対応
4 それでも悪ふざけをやめない場合は「対決」する
六 学習の準備を、子どもだけでできるようにする
1 授業開始時に早く準備をしている子を褒める
2 準備をしている子を評定する
3 理科の実験の準備を子どもたちでさせる方法
V 高学年の手強いトラブルにはこう対応しよう
一 授業妨害やエスケープへの対応
1 授業妨害への対応
2 エスケープへの対応
3 保護者に連絡する
4 一〇褒めて一連絡する
5 子どもの行動には意味がある
6 校内体制をつくる
二 女子の交換ノートでの悪口が見つかったら
1 許可するか? しないか?
2 禁止の仕方
3 交換ノートは勉強に関係あるか
4 それでもやりたいと言ってきた時は
三 学校でお菓子を食べた時の指導
1 お菓子が偶然入っていた場合
2 学校で食べようと思っていて持ってきていた場合
3 誰が食べたか分からない場合
四 万引きなど校外でのトラブルの指導法
1 事実確認をする
2 保護者への報告と指導
3 常習化している子の場合
五 ものがなくなった場合の対応
1 みんなで探す
2 探しても見つからない時
3 トラブルを未然に防ぐ
六 ものの貸し借り・ものをあげたりもらったりしている時の指導
1 勉強に関係ないものは持ってこない
2 ものの貸し借りや、ものをあげたりもらったりをしない
3 家庭で貸し借りをしている場合
七 女子グループへどのように対応するか
1 女子グループ
2 情報を集める
3 一気にたたきつぶす
4 保護者も巻き込む
W ゲーム・イベントで子どもを鍛えて規律ある教室を創る
一 暗唱・五色百人一首で教室が知的になり、男女が仲良くなる
1 高学年は知的な雰囲気を好む
2 暗唱指導の原則
3 暗唱指導の効果
4 五色百人一首で規律を身につけさせる
二 子どもたちが企画したお楽しみ会・お別れ会・学級パーティーを開く
1 イベントをしよう
2 学級パーティーを開こう
3 企画書を書かせよ
4 複数の企画を競わせよう
5 学年ファイナルパーティーをしよう
三 六年間のまとめに「ミニ卒業イベント」を
1 心に残る卒業イベント
2 二〇歳の自分への手紙
3 卒業までのカウントダウンカレンダー
4 一年生の勉強
5 中学生への質問
6 同窓会計画
7 中学へのプレゼント
四 バスの移動時間も無駄にしないバスレク集
1 大成功のちょっとした「ワザ」
2 遠足気分を一気に盛り上げる! バスレクのネタ
X 高学年としての自覚を持たせて規律ある教室を創る
一 六年生:「最高学年」という意識を持たせる
1 自尊心を育てる。「六年生だから……」
2 成功体験を積んでモチベーションを高める
3 六年生が本気になれば学校が変わる
二 六年生:これだけは伝えたい語り(一学期)
1 成功哲学
2 目標の立て方
三 六年生:これだけは伝えたい語り(二学期)
1 可能性を広げる遺伝子の話
2 遺伝子の大半は眠っている
3 遺伝子をオンさせる生き方
四 六年生:これだけは伝えたい語り(三学期)
1 両親に感謝する気持ち
2 野口英世の母の手紙
3 お母さん、お父さんに感謝しなさい
あとがき

まえがき

 昨年、学校から「学習用具のきまり」を出してもらった。

 これは、年度末に提案する必要がある。新一年生を迎えるにあたり、保護者の方に持ち物を用意してもらう。

 この時に、「学習用具のきまり」を出してもらった。

 そうしないとどうなるか。

 何年生でシャープペンシルを使ってよいとか、五年生は使っていいとか、学習用具がぐちゃぐちゃになってしまう。曖昧が一番いけないのだ。

 四年生を担任した時も、子どもたちから「高学年になったらシャープペンシルを使ってもいいんでしょ」と尋ねてくる。子どもだけならよいが、保護者まで出てくる場合がある。一学期のスタートから学級がぐらついてしまう。

 学習用具は、学校の勉強で使う大切な物だ。何でもよいという考えは全く異なる。毅然として学校が保護者等に言うべき事なのだ。一年生の入学の時から学校のきまりとなっていれば、大方の子どもたちにも保護者にも理解してもらえる。

 我が校の「学習用具のきまり」(高学年)を紹介しよう。

 ◎筆箱の中

 ( )削った鉛筆〈BかHB〉五本(シンプルなもの)

 ( )削った赤鉛筆一本 ( )消しゴム一こ

 ( )ネームペン〈油性〉一本 ( )ミニ定規(一〇〜一五センチ)

 ◎机の中

 ( )はさみ ( )のり ( )色鉛筆 ( )色ペン

 ( )三角定規 ( )分度器 ( )コンパス

 ◎その他

 ( )下敷き ( )自由帳

 学習用具について書いたが、これは規律ある教室を創る大切なアイテムである。一つに限定して闘っていくから勝利することができる。

 次に考えなければならないのが学習のきまりである。

 ゆるみの症状をいくつかチェックする方法を紹介する。

 体操服を忘れてくる子が複数いるクラスは、黄信号が灯っている。

 全員帰った教室で、机から椅子が複数出ているクラスも黄信号だ。

 チャイムが鳴っても教室に入ってこない子が複数いたら赤信号だ。

 こういった約束を守らせる。

 その時、できている子を力一杯ほめることだ。

 ほめる中で子どもたちは、成長していく。

 本シリーズは、多くの先生に役立つ具体的なことを書いている。参考になれば幸いである。


  二〇〇八年四月七日   TOSS岡山サークルMAK代表 /甲本 卓司

著者紹介

梶田 俊彦(かじた としひこ)著書を検索»

岡山県岡山市立宇野小学校

甲本 卓司(こうもと たくし)著書を検索»

TOSS岡山サークルMAK代表

『ジュニア・ボランティア教育&総合的な学習』誌編集長

岡山県久米郡久米南町立弓削小学校勤務

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ