算数授業力アップ!つまずき指導のアイデア12か月 4〜6年編

算数授業力アップ!つまずき指導のアイデア12か月 4〜6年編

インタビュー掲載中

すぐにできる12のアイデアでつまずきは必ず防げる!

算数授業での児童のつまずきを防ぐにはどのように指導すればいいのか? 4〜6年の学年別で月ごとの単元ごとにつまずき事例とその指導方法を、児童と教師のやり取りをもとにしたかわいいイラスト入りで分かりやすく紹介。算数の授業力を必ずアップする1冊です!


紙版価格: 2,360円+税

送料・代引手数料無料

電子版価格: 2,124円+税

Off: ¥236-

ポイント還元10%

ファイル形式

PDF
ISBN:
978-4-18-084315-2
ジャンル:
算数・数学
刊行:
対象:
小学校
仕様:
B5判 104頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年10月21日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

はじめに
第1章 授業力をアップする! つまずき指導のアイデア
1 学習指導要領が目指すものとつまずきの指導
2 どの子も,分かる!できる!を目指して
第2章 4年の授業とつまずき指導のアイデア
4月
【角とその大きさ】分度器に色線を付けよう
【角とその大きさ】透明シートで角を求めよう
【1けたでわるわり算の筆算】指を立てよう
5月
【1けたでわるわり算の筆算】暗算を言葉で唱えよう
【一億をこえる数】4けたごとに区切って読もう
6月
【式と計算の順じょ】計算は( )×÷が先ですよ
【折れ線グラフ】かたむきに目をつけよう
7月
【小数】数直線を使って小数の仕組みを考えよう
9月
【面積】1cm2を数えることからはじめよう
【面積】長方形をみつけよう
【2けたでわるわり算の筆算】束の図を使って筆算を考えよう
【2けたでわるわり算の筆算】硬貨を使って考えよう
10月
【そろばん】復習をしながら進めよう
【がい数とその計算】およその数のよさを感じよう
11月
【垂直・平行と四角形】三角定規の使い方に慣れよう
【垂直・平行と四角形】垂直や平行には印を付けよう
12月
【小数×整数,小数÷整数】線分図を使って視覚的に考えよう
【小数×整数,小数÷整数】0.1の何こ分かで考えよう
【もとの数はいくつ】図をかいて関係をつかもう
1月
【調べ方と整理のしかた】数字の正体をさぐろう
【分数】数直線からみつけよう
【分数】帯分数を数直線で確かめよう
2月
【変わり方】形を変えてきまりをみつけよう
3月
【直方体と立方体】辺と辺の平行と垂直を考えよう
第3章 5年の授業とつまずき指導のアイデア
4月
【整数と小数】小数点の位置の移動を示そう
【体積】1cm3の立方体を順番に積み重ねよう
【体積】1cm3がいくつ分かイメージしよう
5月
【小数×小数】整数のかけ算にしよう
6月
【小数÷小数】線分図で商と余りを予想しよう
【式と計算】計算のきまりのよさを使おう
【同じものに目をつけて】違いに目をつけよう
7月
【合同な図形】角の集め方をマスターしよう
【合同な図形】角に色や印を付けよう
9月
【整数】正方形のイメージをもとう
【整数】公約数をはやく正しくみつけよう
【分数】小刻みに約分して考えよう
10月
【分数】リットル図で目盛りを考えよう
【人文字】直線に並びかえて人数を求めよう
11月
【面積】長方形にする見通しをもとう
【平均とその利用】ならして考えよう
【平均とその利用】平均をすばやく求めよう
12月
【単位量あたりの大きさ】言葉の式で式の意味を確認しよう
【順々に調べて】増加量を色分けして考えよう
1月
【割合】読みかえて関係を図にしよう
【割合】線分図をつくりながら割合を考えよう
2月
【円と正多角形】3.14を使いこなそう
【角柱と円柱】身近な物で円柱の展開図を考えよう
3月
【○や△を使った式】変化する量に目をつけよう
第4章 6年の授業とつまずき指導のアイデア
4月
【対称な図形】180°まわしてみつけよう
【分数×分数】もとになる数を考えよう
5月
【分数×分数】割合を表す分数を理解しよう
【分数÷分数】言葉の式や数直線図を活用しよう
【分数÷分数】フラッシュカードを活用しよう
6月
【文字と式】x,yを使って表そう
【文字と式】キーワードを使って説明しよう
【比とその利用】線分図を使って表そう
7月
【図形の拡大と縮小】拡大の中心に注目しよう
【図形の拡大と縮小】何分の1の縮図か考えて図をかこう
9月
【速さ】線分図を正しくかいて考えよう
【速さ】線分図で説明しよう
10月
【比例と反比例】比例のグラフをかこう
【比例と反比例】表を縦や横に見て確かめよう
【円の面積】円の面積の公式をつくろう
11月
【小数や分数の計算のまとめ】穴埋め式説明文章を利用しよう
【立体の体積】1段目の体積を求めよう
【およその形と大きさ】体積は,視覚と触覚で理解しよう
【場合を順序よく整理して】具体物を使って,場合の数を考えよう
12月
【場合を順序よく整理して】重なりを意識して考えよう
【資料の調べ方】区間の区切り方を考えよう
【資料の調べ方】グラフの山に注目して比較しよう
1月
【量の単位】体積と重さの関係図をつくろう
【割合を使って】簡単な場合を手がかりにして考えよう
おわりに
執筆者一覧

はじめに

 どの子にも分かる・できることを保証したい。学習指導要領の言葉で言えば,「確かな学力の定着」ということである。算数科では,子どもが「分かる・できる」ことについて明確になる教科である。教師は,子どもの分かるようになる過程,できるようになる過程をもっとしっかり教材分析して授業に取り組みたい。

 子どもの誤答すなわちつまずきを分析するということは,分かる過程の分析に他ならない。算数の概念形成は,もとになる定義を教えることとその定義から生まれる性質の探究においてなされる。

 子どもは,定義と性質の蓄積の過程において,知識や考え方ができあがる。ところが,新しい算数の内容を学習するにあたって,既習を使おうとすると,そのままではうまくいかないことがある。その都度,子どもは同化と調節という心理学の機能を使ってつまずきを乗り越えていく。

 つまずきは,つまずきとして放置されたら何の意味もなさない。つまずきは当然あるものだとして,子どもを理解していくことである。そう考えると,つまずきは返って成長の糧となる。つまり,つまずきを乗り越える子どもを育成したい。つまずきを生かした指導こそが,真の算数科の指導である。教師はつまずきを怖がってはいけない。

 このようにつまずきを分析し,生かす指導をすることはとても大事なことである。ところが,現在,算数科の研究においてつまずきに関する書物はとても少ない状況にある。どんなつまずきが授業で現れるのか,どのような手立てでつまずきを解消できるのか,また,つまずきを生かした指導ができるのか,これらのことを知ろうにも書物が少ない。そこにスポットを当てたのが本書である。

 本企画は,『楽しい算数の授業』の2年間にわたる「つまずきを生かした指導」の連載から生まれたものである。この度,当時の連載のとりまとめ役だった鈴木正則校長にお願いして,新教育課程に準拠したものに書き換えてもらった。この作業は,困難を極めた。ご存じのように,新教育課程では,第1に算数的活動の重視,第2に基礎的・基本的な知識及び技能の習得,第3に思考力・判断力・表現力の育成がうたわれている。この方向で教科書の内容が大幅に変更されたからである。本書の「つまずきの指導」もこれらの変更にしたがって,何度も原稿の書き直しをして,会議で審議してできあがってきた。2年間の月日を費やした。そのかいあって,とても充実した内容となっている。

 最後になりましたが,編著者の鈴木正則校長,執筆者の皆様に原稿書きでお骨折りいただいたことに感謝申し上げます。また,明治図書の木山麻衣子氏にも長い間お待ちいただき,ありがとうございました。


  平成25年4月   監修者 愛知教育大学 /志水 廣

著者紹介

志水 廣(しみず ひろし)著書を検索»

1952年,神戸市生まれ,大阪教育大学卒業。神戸市の公立小学校に勤務後,兵庫教育大学大学院修了(数学教育専攻)。筑波大学附属小学校教諭,愛知教育大学数学教育講座教授を経て,現在,同大学大学院教育実践研究科教授。各地の小学校で師範授業や指導講演をして活動中。

鈴木 正則(すずき まさのり)著書を検索»

1961年,愛知県生まれ,愛知教育大学大学院で数学教育専攻,小学校に10年間,中学校に8年間勤務し,豊田市教育委員会指導主事,半田市立成岩中学校長を経て,現在,豊田市立井郷中学校長。愛知教育大学志水廣教授と算数数学の自主研修会を開催している。持ち前の明るさとバイタリティをいつまでも持ち続けることがモットー。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • 内容がわかりやすくてよかった。
      2015/5/1830代・小学校教員
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ