授業力&学級経営力 2020年3月号
永久保存版 達人・名人の学級納め&授業納めネタ

U120

«前号へ

次号へ»

授業力&学級経営力 2020年3月号永久保存版 達人・名人の学級納め&授業納めネタ

紙版価格: 827円+税

送料無料

翌日発送

電子書籍版: 準備中

紙版の次号発売月に刊行する予定です

ジャンル:
授業全般
刊行:
2020年2月6日
対象:
小・中
仕様:
A5判 130頁
状態:
在庫あり
出荷:
2020年2月25日
定期購読

目次

もくじの詳細表示

特集 永久保存版 達人・名人の学級納め&授業納めネタ
扉(特集について)
最高の形でクラスを終えるための3月の学級経営のポイント
小学校
古舘 良純
中学校
堀 裕嗣
永久保存版 達人とっておきの「学級納め」ネタ
低学年
浅野 英樹
中学年
福山 憲市
高学年
中村 健一
子どもの心に一生残る! 卒業の日の「ラストメッセージ」
小学校
駒井 康弘
丸岡 慎弥
大野 睦仁
中学校
合田 淳郎
山本 純人
永久保存版 名人とっておきの「授業納め」ネタ
国語
瀧澤 真
算数
尾ア 正彦
理科
森竹 高裕
今からできる! 「はじめての学級担任&主任業務」準備ガイド
中学校学級担任
山ア 剛
学年主任
佐々木 陽子
研究主任
松村 英治
教務主任
有松 浩司
永久保存版 名人とっておきの「授業納め」ネタ
道徳
多田 幸城
田村学監修 Q&Aでわかる! 「主体的・対話的で深い学び」への授業改善 (第12回)
金 洋輔
クラスがまとまる! 笑顔が広がる! 今月の学級経営ネタ (第24回)
低学年
黒川 孝明
中学年
岡本 美穂
高学年
大野 睦仁
中学
辰巳 裕介
田中博史の「授業・人」塾 若手教師の悩みを聞く全国行脚「授業人五人会」から見えてきたこと (第6回)
田中 博史
すうっと気持ちが楽になる 先生のための心の処方箋 (第12回)
3月
石原 加受子
世界一やさしい社会科授業づくり講座 (第18回)
澤井 陽介
菊池省三監修 授業で使えるコミュニケーションゲーム (第12回)
低学年/3月の授業で使えるコミュニケーションゲーム
小川 夕起子
中学年/3月の授業で使えるコミュニケーションゲーム
川尻 年輝
高学年/3月の授業で使えるコミュニケーションゲーム
西村 昌平
評価までバッチリわかる! 教科書教材でつくる楽しい道徳授業 (第12回)
小学校
野村 宏行
中学校
藤永 啓吾
子どもが自分で動き出す! イガせん流クラス・学びづくり (第12回)
伊垣 尚人
EdTechで変わる教室の学び (第12回)
佐藤 昌宏
二瓶弘行&国語“夢”塾プロデュース 言葉の力がぐんぐん伸びる! みんな大好き『国語あそび』 (第12回)
低学年
山本 真司
中学年
比江嶋 哲
高学年
佐藤 司
発問で見る「数学的な見方・考え方」を働かせる算数授業 (第12回)
松瀬 仁
編集後記
矢口 郁雄
季節を楽しむわくわく造形アイデア (第12回)
小林 里美

編集後記

 冒頭から不安を露呈してしまうような形になるのですが…,ご勤務校の中に,学級納めや授業納め,つまり学級や授業の一年間の締めくくり方を明確に意識しておられる先生というのは,どれぐらいいらっしゃるでしょうか?

 個人的には,「学級開き,授業開きと比べて,相当少ないのではないか…」という印象をもっています。

 確かに,年度末というのはただでさえ忙しい時期なので,エクストラなことをするのは,何にしても大変なわけですが,どんなに小さなことでもよいので,生活あるいは学習面について「振り返り」の機会をもつというのは,すごく大事なことなのではないかと思います。

 例えば,算数の学習。

 2年生の頃には九九を唱えることに一生懸命だった子どもたちが,3年生も終わる頃になると,3桁×2桁の筆算をできるようになります(「できる」の程度に多少の個人差はあるでしょうが)。

 冷静に考えると,これってすごい進歩ではないでしょうか。大人になってから,たった一年で自分がこんなに成長したと自覚できるようなことって,なかなかないですよね?

 おそらく,生活,学習のあらゆる場面に,子どもたち自身も自覚していないであろうこういった成長が散りばめられているはずで,それらを振り返ってその価値を認め合うちょっとした機会は,単なる回顧にとどまらず,次年度以降の子どもたちの大きな自信やモチベーションにつながるのではないかと思います。

 そこで今号では,「今年からちょっと,学級納め,授業納めも何かにトライしてみようかな」と思った先生方が,すぐに取り組めるような工夫やアイデアを,学級経営の達人,授業名人の先生方にたくさんご紹介いただきました。


   /矢口 郁雄

    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書

ページトップへ