道徳教育 2007年6月号
鋭く・多様に考える道徳授業〜子どもが真剣に考えるとき〜

G587

«前号へ

次号へ»

道徳教育 2007年6月号鋭く・多様に考える道徳授業〜子どもが真剣に考えるとき〜

紙版価格: 790円+税

送料無料

電子版価格: 711円+税

Off: ¥79-

ポイント還元10%

ファイル形式

PDF
ジャンル:
道徳
刊行:
2007年5月7日
対象:
小・中
仕様:
B5判 88頁
状態:
絶版
出荷:
ダウンロード

目次

もくじの詳細表示

特集 鋭く・多様に考える道徳授業〜子どもが真剣に考えるとき〜
論説/「子どもが考えるからこそ道徳授業」
豊かに考え、きびしく自己を問う楽しい道徳授業
笹田 博之
論説/「子どもの発達に即して『考える』を育てる」
考える意欲の阻害要因を取り除く
立石 喜男
鋭く・多様に考えるポイント
話し合う前にすべきこと/なかなか意見が出ないとき
田中 一弘
意見が一方向に流れそうなとき/ウケねらいの意見が出されたとき
本田 雅彦
話し合いが深まらないとき/少数意見の攻撃になりそうなとき
加藤 英樹
多数決に流れそうになったとき/子どもが自分事として考えられないとき
原田 周範
今までの自分の意見と比較させる/どこが同じでどこが違うかをはっきりさせる
高橋 初男
動作化・役割演技を活用/パネルディスカッションを活用
中澤 道則
この資料で「鋭く・多様に」アプローチ
小学校低学年/「もうすこし まってくれたら…」
沼田 洋子
小学校低学年/「ぼくの はな さいたけど」
前田 良子
小学校中学年/「雨のバス停りゅう所で」
内田 美津子
小学校中学年/「心と心のあく手」
木下 美紀
小学校高学年/「食べ残されたえびになみだ」
今井 一也
小学校高学年/「シンガポールの思い出」
山田 誠
中学校/「たったひとつのたからもの」「あなたに会えてよかった」
内田 十詩哉
実践/「鋭く・多様に考える」道徳授業
小学校低学年/一人一人の心情や考えを大切に
永見 美里
小学校低学年/体験で道徳的価値の自覚を深める
木村 嘉身
小学校中学年/オープンエンドの自作資料を使って
大工原 昇
小学校高学年/アドラー心理学を取り入れた価値の明確化の授業
佐藤 丈
小学校高学年/相互評価をする中で共に高めあう授業
山内 伸史
中学校/エンカウンターと「心のノート」の活用
關 元一
中学校/個で、班で、全体で考え話し合う
明里 康弘
中学校/「役割対話」を取り入れた道徳授業
村井 幸喜
俳句に見る日本人の心 (第27回)
這え笑え二つになるぞけさからは
須田 実
子どものこころ、親のおもい (第36回)
むずかしい子にやさしいかかわりA
中原 美惠
おすすめの本
「道徳シート」とエンカウンターで進める道徳
植田 和也
【特別寄稿】「家族愛」を考える
大前 泰彦
心の力を育てる教師の道徳授業力 (第19回)
道徳授業での評価をどうするB
永田 繁雄
〜評価を楽しみながら授業づくりを工夫する〜
わたしの道徳授業・小学校 (第255回)
子どもの成長を見つめた授業づくり
星 直樹
わたしの道徳授業・中学校 (第255回)
資料に何を使うか?
松川 義信
学校経営で子どもの心に響く道徳授業づくりを (第3回)
道徳授業の充実を目指す校内研修
波岡 輝男
子どもも教師も心が和むお話 (第3回)
教師も子どもも心に響くお話B
荻原 武雄
道徳授業の「よさ」を解明する (第44回)
道徳の『教科化』に反対!
上杉 賢士
園田雅春の教育つれづれ帖 (第63回)
悩める子どもたちと教師の実践力
園田 雅春
道徳・最新オリジナル資料 (第15回)
こんなクラスがいいな…
吉田 広美
全小道研ニュース (第471回)
久保 雅子
全中道研会報 (第478回)
坂口 幸恵
編集後記
ほのぼの道徳の時間 (第15回)
体感させイメージをふくらませる
永田 孝哉

編集後記

 先の新聞記事に、特急電車内で女性が乱暴されたが、当時40名ほどいた乗客は目の前で行われた犯行に対し、だれ一人制止、通報することをせず、見て見ぬ振りをしてしまったとありました。

 日本人のモラルは、他人をいたわる心はどこにいったのか…。黙殺され、だれも助けてくれなかったことに、被害者はどんな思いをしたでしょう。「鋭く・多様に考える」授業により子どもたちのスタンスが明確になり、内面的なスケールが形成され、実践力となってほしいと願います。

(M)

    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書

ページトップへ